近藤春菜

『スッキリ』近藤春菜の“復帰”は0%!? 絶対ありえない芸能界の裏事情とは…

日本テレビの編成部長が、まことしやかに囁かれている『ハリセンボン』近藤春菜の『スッキリ』復帰説に直接言及した。 今年3月、春菜は5年間MCを務めてきた同番組を卒業。ラスト出演のエンディングでは、「最初は戸惑うことがあって逃げ出したいこともあったけど、なぜここまでやらせていただけたかというと、加藤さんをはじめとするチーム…

つづきを見る

近藤春菜と吉高由里子の“2ショット”に同情の声「まだお金の関係?」

『Perfume』や水川あさみ、吉高由里子など、芸人よりもアーティストや俳優界との交友を誇る『ハリセンボン』の近藤春菜。7月14日には吉高とのツーショットが公開されたのだが、これに「大きなお世話」とでも言うべき同情が寄せられている。 画像が投稿されたのは春菜のインスタグラム。撮られたのはプライベートやドラマ共演時のもの…

つづきを見る

『有吉の壁』ハリセンボンの“お笑い魂”に感動「再評価」「これが見たかった」

6月9日、人気バラエティー番組『有吉の壁』(日本テレビ系)が放送された。お笑いコンビ『ハリセンボン』が番組に初登場し、視聴者から称賛の声が送られている。 今回の舞台は横浜・八景島シーパラダイス。『チョコレートプラネット』や『シソンヌ』、『パンサー』などおなじみのメンバーが登場して、有吉弘行を笑わせていった。 『ハリセン…

つづきを見る

『ハリセンボン』不仲疑惑は間違いだった!? コンビ愛に感動「絆を感じた」

近藤春菜のコメンテーター進出などにより、近年はコンビでの活動がすっかり見られなくなってしまった『ハリセンボン』。一部ではコンビ仲に対しての心配もあがっていたが、実のところは〝絆〟で結ばれていることが明らかになった。 4月4日、「ハリセンボン」の2人は、『7.2 新しい別の窓 #37』(ABEMA TV)に生出演。春菜は…

つづきを見る

『スッキリ』近藤春菜“再登場”に批判殺到「私物化してる」「ケジメがない」

4月7日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、『ハリセンボン』の近藤春菜が登場。3月26日に同番組を卒業した春菜の再登場に、視聴者からは呆れ声が漏れている。 かつて『NiziU』が「スッキリ」でパフォーマンスした際、メンバーのミイヒが体調不良で欠席。そこで春菜は「新曲出すときまたスタジオで歌ってくれない?」とコメントし…

つづきを見る

『スッキリ』うさん臭すぎる“占い”に呆れ声殺到「私でもできるわ」

3月22日と23日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で行われた占いに対し、視聴者から猛烈なツッコミがあがってしまった。 番組は今月で卒業する『ハリセンボン』近藤春菜と水卜麻美アナウンサーに対し、占い師・シウマによる占いを敢行した。彼は姓名判断を基にオリジナルの占術を編み出したやり手の占い師で、2人の名前と生年月日、携帯…

つづきを見る

『いきものがかり』が再び感動ぶち壊し! 唐突な“100ワニ”宣伝に呆れ声

3ピースバンド『いきものがかり』が、3月18日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。生歌披露でスタジオを感動させたのだが、直後の出来事に視聴者はズッコケてしまった。 同番組は今春の改編にて、『ハリセンボン』近藤春菜と水卜麻美アナウンサーが番組を卒業。2人が出演する放送はあとわずかということで、番組にはさまざまな豪華…

つづきを見る

工藤静香“10代の頃の映像”に若者たちが驚き「絶対ファンになってた」

3月11日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、MCの『ハリセンボン』近藤春菜と、歌手・女優の工藤静香によるスペシャル対談が行われた。対談中には若かりしころの工藤の映像も流れたのだが、これが、当時を知らない若い世代から意外な反響を集めている。 工藤といえば、何かとネット上で難癖をつけられる手料理が話題。春菜はこの話題か…

つづきを見る

近藤春菜“加藤の乱”に言及も批判続出「便乗したくせに」「他人事かよ」

『ハリセンボン』の近藤春菜が、2月27日放送の『おかべろ』(関西テレビ)に出演。『スッキリ』(日本テレビ系)で共演する先輩・加藤浩次が起こした〝加藤の乱〟を振り返った。 〝加藤の乱〟とは、2019年の〝闇営業問題〟に関し、加藤が「スッキリ」で吉本興業側の対応を公然と批判した一件。大崎洋会長と岡本昭彦社長の独善的な運営に…

つづきを見る

『スッキリ』“あだ名禁止”論争に近藤春菜たちが苦言も…「仕方ないと思う」

昨年ごろからネット上でたびたび話題になっている、学校での〝あだ名禁止〟という都市伝説。2月24日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)がこれを取り上げ、またもやネット上で賛否湧く話題となった。 番組はあだ名禁止の現状について、実際に取り入れている学校などを取材。イジメの一因になることを避けるためあだ名を禁じ、「さん付け」を…

つづきを見る