近藤春菜

近藤春菜“容姿イジリ”に感謝するも…「一刻も早くやめさせるべき」と賛否

容姿イジリがタブー化される昨今に、『ハリセンボン』近藤春菜が積極的に容姿ネタを繰り返して話題になっている。 春菜といえば、容姿イジリされる芸能人の代表格。「○○じゃねーよ」というツッコミフレーズを引き出すために、男性や女性、さらにはモンスターや豚に例えられることが多かった。 しかし最近では、容姿イジリはダメという風潮が…

つづきを見る

ハリセン・春菜の演技に絶賛! ドラマ『悪女』出演に「上手かったんだね」

5月4日、俳優・今田美桜主演のドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系)の第4話が放送された。お笑いコンビ『ハリセンボン』近藤春菜の演技に注目が集まっている。 主人公の田中麻理鈴(今田)は、超ポジティブだけど少々ポンコツな新社会人。大きな夢を抱いて大手IT企業『オウミ』に就職したもの…

つづきを見る

ハリセンボン・春菜『スカッとジャパン』最終回で共演者のウソ泣きを指摘!

お笑いコンビ『ハリセンボン』の近藤春菜が、3月21日に最終回を迎えた『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に出演。共演者が涙してスタジオが感動に包まれる中、ムードを一気に変えてみせて視聴者を沸かせた。 この日は、再現ドラマで悪役を再三演じてきた俳優の木下ほうかがスタジオ出演。木下は番組終盤、「感謝しかないですね…

つづきを見る

もう中学生“大スキャンダル”でもノーダメージ? 好感度キャラ継続

芸風・イメージとは裏腹な人間性が明るみとなり、好感度キングから一転することが危ぶまれたピン芸人・もう中学生。しかし、その好感度はこの程度では落ちないほど上がり切っていたようで、意外にも〝ノーダメージ〟となっている。 もう中は『週刊文春』のスキャンダルにて、ネタの命である小道具の制作を後輩芸人に依頼、自分のものにしていた…

つづきを見る

近藤春菜と滝沢カレンに不仲説! 広がる温度差に「それは友達じゃない」

お笑いコンビ『ハリセンボン』の近藤春菜と、モデルの滝沢カレンに〝不仲説〟が浮上している。 近藤は、12月14日放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)に出演。この日、プライベートでも関わりのある滝沢と共に出演した近藤は、数日前に「私はカレンの友達の中でもどれくらいの位置?」と尋ねたという。それに対して滝沢は「親友じゃな…

つづきを見る

『ハリセンボン』箕輪はるか大活躍!“じゃない方”から大逆転の可能性…

近藤春菜が情報番組MCの経験を持つなど引っ張りだこな一方、箕輪はるかは消えかけており、コンビ格差が開いている『ハリセンボン』。しかし、その露出量とは裏腹に、はるかの方が有能であることが明らかになってきた。 2人は10月22日にアップされた『さまぁ~ず』のYouTube動画に初登場。行われたのはチャンネル恒例のサプライズ…

つづきを見る

『笑コラ』吉岡秀隆に“一般人”が失礼発言?「いいヒントだけど…」

俳優の吉岡秀隆が10月13日放送の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)に出演。一般人に顔をイジられる一幕があり、視聴者を驚かせた。 18年ぶりのバラエティー出演といい、出演前は緊張した顔を見せていた吉岡。番組では恒例のゲストを当てるクイズを展開。一般人を中心にインタビューし、ゲストの印象を挙げてもら…

つづきを見る

『スッキリ』近藤春菜の“復帰”は0%!? 絶対ありえない芸能界の裏事情とは…

日本テレビの編成部長が、まことしやかに囁かれている『ハリセンボン』近藤春菜の『スッキリ』復帰説に直接言及した。 今年3月、春菜は5年間MCを務めてきた同番組を卒業。ラスト出演のエンディングでは、「最初は戸惑うことがあって逃げ出したいこともあったけど、なぜここまでやらせていただけたかというと、加藤さんをはじめとするチーム…

つづきを見る

近藤春菜と吉高由里子の“2ショット”に同情の声「まだお金の関係?」

『Perfume』や水川あさみ、吉高由里子など、芸人よりもアーティストや俳優界との交友を誇る『ハリセンボン』の近藤春菜。7月14日には吉高とのツーショットが公開されたのだが、これに「大きなお世話」とでも言うべき同情が寄せられている。 画像が投稿されたのは春菜のインスタグラム。撮られたのはプライベートやドラマ共演時のもの…

つづきを見る

『有吉の壁』ハリセンボンの“お笑い魂”に感動「再評価」「これが見たかった」

6月9日、人気バラエティー番組『有吉の壁』(日本テレビ系)が放送された。お笑いコンビ『ハリセンボン』が番組に初登場し、視聴者から称賛の声が送られている。 今回の舞台は横浜・八景島シーパラダイス。『チョコレートプラネット』や『シソンヌ』、『パンサー』などおなじみのメンバーが登場して、有吉弘行を笑わせていった。 『ハリセン…

つづきを見る