M-1グランプリ

『M-1』2019年王者・ミルクボーイはどこへ…?「見事にテレビから消えた」

2019年の『M-1グランプリ』チャンピオンに輝いた、お笑いコンビ『ミルクボーイ』。王者獲得直後は連日のようにテレビ出演していたが、現在は姿を見る機会が激減してしまった。果たして彼らは今、何をしているのだろうか…? 彼らのネタとして真っ先に思い浮かぶのは、「M-1」決勝戦のファーストラウンドで披露した「コーンフレーク」…

つづきを見る

『M-1グランプリ』フースーヤの“準々決勝落ち”漫才を信者が大絶賛

今年も『M-1グランプリ』の選考が佳境に入り、自称お笑い通たちが「ああでもないこうでもない」とネットで講釈を垂れる時期がやってきた。 近年の大会は開かれたものになっており、公式YouTubeチャンネルは、決勝放送直後にネタをアップロードしている。準決勝までの予選も同様で、これまでテレビでは見られなかったネタもチェックが…

つづきを見る

『M-1』吉本ディス漫才にザワめき…「出禁になりそう」「禁忌に触れてる」

ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ『ラパルフェ』が披露した『M-1グランプリ』準々決勝ネタが、お笑いファンに波紋を広げている。 俳優の阿部寛や大泉洋、『トイ・ストーリー』のウッディなどのモノマネで、都留拓也がプチブレーク中の同コンビ。今回のネタも都留が阿部に扮した状態で進んでいったが、前半で「俺たちみたいな…

つづきを見る

『THE W』開催前からレベルの低さが露呈?“M-1敗退者”の大会に…

数あるお笑い賞レースの中で、圧倒的にレベルが低いと評されている、女性芸人No.1決定戦『THE W』。その指摘がまざまざと当てはまってしまう事態が起こった。 女性お笑い芸人の頂点を決める大会『THE W』。第5回目となる今年は、過去最多の700組がエントリー。そして決勝には『Aマッソ』『女ガールズ』『オダウエダ』『スパ…

つづきを見る

『M-1』ラランドの“スベりすぎ漫才”が話題「落ちてもしょうがない」

男女お笑いコンビ『ラランド』が、今年の『M-1グランプリ』で準々決勝敗退となった。大会公式YouTubeチャンネルにはネタの動画が上がっているのだが、これが「スベリすぎ」だと密かに話題となっている。 2人は花柄のシャツに紫のセットアップというお揃いの衣装で登場。しかし、ツッコミのニシダはジャケットを着ておらず、登場から…

つづきを見る

太田光『M-1』審査員に起用されなかった2つの理由…松本人志との確執は?

11月25日、『M−1グランプリ2021』(テレビ朝日系)の審査員が発表された。残念ながら、サプライズはなかったようだ。 今年の決勝戦は12月19日に放送が予定されている。そして審査員は『ダウンタウン』松本人志、オール巨人、上沼恵美子、立川志らく、『中川家』中川礼二、『ナイツ』塙宣之、『サンドウィッチマン』富澤たけしと…

つづきを見る

『M−1』審査員は変更ナシ! 上沼恵美子“続投”に歓喜の声「最良のメンバー」

今年も開催される『M−1グランプリ2021』の審査員が、11月25日に発表された。昨年と同じ顔ぶれの審査員が揃っており、ネット上では安堵の声が広がっている。 芸人にとって〝ジャパニーズドリーム〟とも言われている「M−1グランプリ」。毎年夏ごろから予選が始まり、1~3回戦、準々決勝、準決勝、敗者復活戦、決勝を経て〝王者〟…

つづきを見る

DJ KOOが『M-1』順位をガチ予想「納得」「ちゃんと分析してて草」

『M-1グランプリ2019』の1~3位を的中させたDJ KOOが11月24日、今年の『M-1』トップ3を予想した。視聴者はその派手な見た目とは裏腹に「手堅い」などと、予想におおむね同意している。 KOOは24日放送の『2分59秒』(テレビ朝日系)でスピーチ。上位3組と注目コンビを発表した。3位に挙げたのは『錦鯉』。「ボ…

つづきを見る

今年の『M-1』優勝候補筆頭!? ハライチを抑えて人気のコンビは…

年末の風物詩『M-1グランプリ』決勝への出場者が、今年も出揃ってきた。 現在、大会は準決勝進出者まで発表されており、次回の発表でTV放送される決勝進出9組が決定。10組目となる敗者復活枠は準決勝進出の全員に参加資格があるため、現時点で残っているコンビは全組に優勝の可能性があることになる。 ここに残っているのが、『ハライ…

つづきを見る

人気若手芸人の“激変”ぶりにファンも困惑「面白かったのに…」

今年7月、女優並のルックスと色気を誇る吉本新喜劇のマドンナ・宇都宮まきと結婚したお笑いコンビ『アキナ』の山名文和。〝大金星〟と言える美人と結婚することに成功した彼だが、一方で本業には厳しい指摘が相次いでいる。 「昨年の『M-1グランプリ』で後半という順番に助けられて8位となったものの、『実質最下位』と言われるほどドン滑…

つづきを見る