最新記事一覧

かつてのビジュアル系ボーカルが美肌のために行った「超女子生活」

昨年5月にバラエティー番組『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演して以来、テレビででちらほら見かけるようになったのが、『access』の貴水博之(46)だ。 accessは、1992年にデビューしたボーカル貴水とキーボード浅倉大介(48)による2人組音楽ユニット。シンセサイザーを駆使した曲と、二人のビジュアルの良さでアイ…

つづきを見る

明治以前の日本には「バイセクシャル」が多かった?

東京都渋谷区で『同性パートナーシップ証明書』の交付がスタートするなど、日本も少しずつではあるが、同性愛の存在を公に認める動きが盛り上がってきている。 しかし、同性愛を禁じているのはキリスト教などの外来宗教の倫理観であって、神道や仏教で禁じられているような行為ではない。そのため、同性愛に対する否定的な意見というのは、近代…

つづきを見る

株で堅実に利益を出すために重要な「着眼点」

オンライントレードのできる証券会社が増え、株式取引が身近な存在になって久しい。 株式取引や外国為替取引のFXは、急騰や暴落がニュースになりやすいため、どうしてもハイリスクハイリターンというイメージがついて回る。 しかし、堅実に利益を出す株のやり方もあるのだ。 株主が得られる最も重要な権利は、利益の配当だ。会社は毎年決算…

つづきを見る

広瀬すずの口癖は「(橋本)環奈じゃ、相手にならない」

広瀬すず(17)と橋本環奈(17)は10代を代表するアイドルだ。両者が“ライバル”として比較されることは多い。 しかし、写真集の売れ行きに関しては、広瀬の圧勝が印象付けられた。 この2名は最近、写真集を発売。広瀬は3月に『広瀬すずPHOTO BOOK 「17才のすずぼん。」』を発売。一方、橋本は『夢の途中 橋本環奈in…

つづきを見る

加藤綾子アナが無邪気を装い狙っている「二人のヒーロー」

加藤綾子アナウンサー(31)の仕事ぶりが、最近は以前と少し違うと評判になっている。 加藤アナはこの4月から始まったスポーツ情報番組『スポーツLIFE HERO’S』で日曜日担当の番組進行役として登場している。 初回放送の4月3日は、視聴率5.5%と、前4週の既番組の平均視聴率4.2%を上回った。 「裏番組にはお笑いコン…

つづきを見る

高橋みなみが「脱AKB48」を強調する裏事情

4月8日に『AKB48』を卒業したばかりの高橋みなみ(25)に、“脱AKB”の意識が高く感じられる。 本人はAKBという単語を口に出すことさえ、難色を示しているほどだという。 卒業後も休むことなく、レギュラー番組はもちろん、企業イベントにも多く顔を出し、働きづめの状態だ。 4月26日には、米企業が主催する東日本大震災復…

つづきを見る

これから株式取引を始める人への「初めの一歩とポイント」

2009年から株券の電子化が実施され、オンライントレードが広まると、株式取引の敷居が一気に下がった。 とはいえ、株をこれから始めようと思っている人は、株でどういう得があって、損をする場合があるのか、いまいち分からないことが多いと思う。 そこで、株を始めるには何をすればいいのか、どういう株を買えばいいのかを、お伝えしよう…

つづきを見る

不倫認め復帰狙うベッキーだが「ある人物」が仕事を総横取り

不倫問題を起こしたタレントのベッキー(32)が、不倫問題を最初に報じた週刊誌『週刊文春』編集部に直筆の手紙を届け、再び話題になっている。 4月27日発売の同誌は、手紙の内容を全文紹介しており、楷書体で書かれた手紙の実物写真も掲載している。 彼女は年初に、音楽バンド『ゲスの極み乙女。』ボーカルの川谷絵音(27)との不倫が…

つづきを見る

伊勢谷友介と森星の交際発覚で「華麗なる一族」誕生の可能性

俳優の伊勢谷友介(39)と半同棲状態にあることを写真週刊誌に報じられた、モデルでタレントの森星(24)が先ごろ、兵庫・淡路サービスエリア(SA)のイベントに出席した。 報道後、初の公の場とあって、イベント終了後には伊勢谷との交際について報道陣から質問された。 その際に森は「ご想像にお任せします」と笑顔を見せ、交際は否定…

つづきを見る

マイナス金利時代を生き抜くための「資産運用と投資」

ニュースで『マイナス金利』という言葉を聞く機会が増えた。 それでは一体、マイナス金利が働くことで、個人個人にはどんな影響があるのだろうか。銀行預金や国債、株式運用などに焦点を当ててみよう。 マイナス金利の時代には、銀行預金と国債の利回りがゼロか、場合によっては多少のマイナスになりえる。それでも、当面は年利でせいぜいゼロ…

つづきを見る