金ロー『千と千尋の神隠し』放送で“鬼滅ファン”とのバトルが再び勃発!

(C)Billion Photos / Shutterstock 

1月7日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)では、日本が誇るアニメーション映画の金字塔『千と千尋の神隠し』を放送。これに伴い、同作のファンとアニメ『鬼滅の刃』のファンが熾烈な争いを繰り広げている。

『スタジオジブリ』が手掛ける「千と千尋」は、『アカデミー賞長編アニメ映画賞』を受賞した経歴を持つ、言わずと知れた名作アニメーション映画。不思議な世界に迷い込んでしまった少女・千尋が、豚にされてしまった両親を救うべく、神々が集う湯屋で働くファンタジー作品だ。

「かつて日本一の興行収入を記録していた『千と千尋』も、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』にトップを奪われてしまいました。このアニメ界を揺るがす一大事件から、『千と千尋』派と『鬼滅』派が対立。ネット上では《千と千尋だけは超えて欲しくない》といった声の一方、《鬼滅が最高だから当然でしょ》などの声があり、争いへと発展していきました」(芸能ライター)

蒸し返される日本アニメ頂点対決

今回の放送で、再び両者の争いが勃発。鬼滅ファンは、

《金ローで鬼滅に負けた映画やってるな》
《また千と千尋やってるらしいんで、録画してた鬼滅を観ます》
《今回の『千と千尋』って、「無限列車編」に歴代興収トップを奪われてから初めてのTV放映なんだ》
《妹が『千と千尋の神隠し』より鬼滅の方が面白いって言いやがったwww》
《千と千尋何年ぶりに見たかな。やっぱおもろい。20年間どの映画にも王座を譲らなかったこんなすごい映画を打ち破った鬼滅の刃はやっぱ異次元だなと改めて思ったよ。素晴らしい、素晴らしいね!》

など挑発を繰り返していた。一方で「千と千尋」ファンは、

《鬼滅が一位になろうが、俺の中での一位は千と千尋で揺るがない》
《鬼滅なんかより千と千尋の方が千倍おもしろい。人生でもう千回くらい観てるけど、それでも最後まで楽しむことできるのがジブリ作品》
《千と千尋の神隠しは何度も見て、歳取るにつれ、色んな見方が生まれる映画なんだけど…。映画売上一位の鬼滅にはそれを感じる気配がないんだよね》
《やっぱ千と千尋は名作だな。鬼滅が一位は納得いかない》

など「鬼滅」に敵意を剥き出しにしていた。

作品の性質が違い過ぎるため、どちらが上かを決めるのは困難だ。ただ「無限列車編」はアニメ第1期の続編にあたる物語なので、「千と千尋」のように10年後までテレビ放映され続けるのは難しいと思われる。鬼滅派も数年後には別の作品に心移りしているかもしれない。


【あわせて読みたい】