スポーツ

本田圭佑「納得できるオファーはない」移籍先はどうなる?

サッカー日本代表の本田圭佑は、6月30日をもってイタリア1部リーグの『ACミラン』と契約が満了し、7月1日から無所属の選手になった。今後は新シーズンに向けて所属先クラブを探していくが、厳しい状況が続いている。 「本田を欲しがるのは、ヨーロッパでも、どのリーグであろうが2部のチームでしょう。だとしたら、サッカー後進国の中…

つづきを見る

福原愛の妊娠「熱烈歓迎」な卓球界と旅行業界

リオデジャネイロ五輪の卓球女子団体で銅メダルを獲得した福原愛選手が、第1子を妊娠していることを自身のブログで発表した。秋ごろの出産予定だという。 福原は《私事ですが、赤ちゃんを授かりました》とブログに綴り、《体調が安定しない日が多く、中々皆さまにお伝えすることができなかったのですが、出産は秋を予定しています。》と報告し…

つづきを見る

Professional condenser studio microphone over the abstract photo

息子が独り立ちして安心した落合博満氏の今後の仕事

プロ野球の中日ドラゴンズ元ゼネラルマネジャー(GM)の落合博満氏の長男である福嗣は現在、アニメの声優や情報番組のナレーターなどで活躍している。 「アニメの声優を務めたときには驚きました。あの落合2世に、こんな才能があったとは、誰も想像できませんでした」(スポーツ紙記者) 声質のよさだけでなく、テンポよくメリハリを付けて…

つづきを見る

本田圭佑の移籍先はどこだ?脳裏によぎっている「条件」

サッカー日本代表の本田圭佑が、移籍先を8月31日までに決定すると定めた。今シーズン限りでのイタリア1部リーグのACミランを退団することはすでに決まっているが、次の所属チームは決まっていない。代理人でもある実兄がいくつかのクラブと下交渉したとされているが、“8月31日”と日時を宣言したのは、今後の交渉を有利に進めるための…

つづきを見る

若手の台頭で世代間ギャップに悩む「もはやベテラン」石川佳純

2020年の東京五輪に向け、若くて優秀な選手が次から次へと輩出される卓球界。あまりに若年層の活躍が目立つため、石川佳純はもはやベテランだ。 石川は先の世界選手権ドイツ大会で、吉村真晴とペアを組み混合ダブルスで優勝。シングルスでは8強入りを果たした。そんな石川を目当てにワールドツアー荻村杯ジャパンオープン(6月14~18…

つづきを見る

一軍復帰の大谷翔平に「おばちゃん追っ掛け軍団」が再始動!

左太もも裏の怪我で戦線から離脱していた北海道日本ハムファイターズの大谷翔平が、6月27日の福岡ソフトバンクホークス戦で代打として登場し、空振り三振に終わったが一軍へ復帰した。 これに対して、球場警備の人間などは「これで大谷に対して追っ掛けのおばちゃん集団も再始動する」と警戒を強めている。 「ソフトバンク戦でも、おばちゃ…

つづきを見る

ベテランに差し掛かった錦織圭が四大大会制覇のために必要なもの

プロテニスプレーヤーの錦織圭は、全仏オープンから休む間もなく『ゲーリー・ウェバー・オープン』(ドイツ)に出場した。そのシングルス1回戦で見せたプレーに対して、“精神的な弱さ”が指摘されている。 「シングルス1回戦で対戦したのは、同大会でダブルスを組んだベルダスコでした。テニスではダブルスのパートナーと試合をすることは珍…

つづきを見る

羽生結弦の指示にスタッフ困惑「ピアニストになったつもりで」

羽生結弦がアイスショーの打ち合わせで厳しい表情を見せた。自ら演目として選んだのはショパンのピアノ曲『バラード第一番ト短調』。2015年シーズンから2季続けて使用しており、同年12月のグランプリファイナルのショートプログラムで世界最高となる110.95点を獲得したものだ。 「羽生は『いまできる最高の演技を披露して、お客さ…

つづきを見る

木村沙織が見せた「ランドセル姿」に後輩と関係者がドン引き

元バレーボール選手の木村沙織が自身のインスタグラムで“ランドセル姿”を披露した。画像を見たファンは《カワイイ》、《似合ってる》と好意的な声を寄せていたが、バレーボール関係者は「やり過ぎ」だと、不快感を出していたという。 ・ え? 🙄🤛🏼 w kimura saoriさん(@saoriiiii819)がシェアした投稿 –…

つづきを見る

石川遼が米ツアー予選落ち直後に漏らした衝撃的な言葉

男子プロゴルファーの石川遼は、松山英樹、池田勇太らと共に、6月4日が最終日のPGAツアー『ザ・メモリアルトーナメント』(オハイオ州)に挑戦したが、予選落ちだった。そして、そのラウンド後の会見ではいつもと様子が違ったという。 「これまでの石川は、予選落ちを重ねても、前向きというか、ポジティブな発言が多かったのですが…」(…

つづきを見る