スポーツ

各選手が「WBCの制約」を抱えるなかで名采配を見せたアメリカ

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝ラウンドでアメリカは野球日本代表『侍ジャパン』を2-1で下し、決勝へと駒を進めた。 アメリカのジム・リーランド監督がこの準決勝を前に、昨季ピッツバーグ・パイレーツとワシントン・ナショナルズで活躍した投手のマランソンを追加招集した。マランソンは昨季47セーブを挙げて…

つづきを見る

WBC観客増が五輪の野球復活を後押しか

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、これまで以上に盛況であるため、野球・ソフトボール競技が正式に五輪で復活する可能性が出てきたという。 「2次ラウンドを終えた時点でのWBCの観客動員数は約60万人。前回大会の同じ時点では約40万人だったので、今大会は興行面で成功したと言っていいでしょう」(米国人ライ…

つづきを見る

WBCは「適応能力」が勝敗を分ける

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の観客動員数は、すでに60万人を超えたという。前売り券の売上げ状況から見出した計算ではあるが、WBCは大会回数を重ねるごとに認知度を上げ、野球ファンを拡大しているようだ。 「侍ジャパンと対戦したキューバ、オーストラリア、中国、オランダ、イスラエルの選手たちは、日本の応…

つづきを見る

韓国がWBCの敗退で平昌冬季五輪にも危機感露わ

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、韓国が1次ラウンド敗退したことが、来年2月の平昌冬季五輪にも影響しそうだ。 「平昌冬季五輪は施設建設の大幅な遅れが報じられています。韓国はWBCで惨敗を喫した以上、冬季五輪では国の威信を示そうと力を入れてくるでしょう」(特派記者) その平昌五輪のテスト大会とも位置…

つづきを見る

スピードスケート小平奈緒はなぜ今季全勝の偉業を果たせたのか

スピードスケートのワールドカップ(W杯)今季最終戦で、小平奈緒が優勝した。これで小平は今季のW杯の8戦全てで優勝を果たした。 小平は昨年10月から約5カ月間、長距離移動を繰り返しながらも、一度も体調を崩さなかったタフな体を誇る。競技こそ違うが、W杯で史上最多タイの53勝を上げた高梨沙羅は、調整の失敗で敗れた大会がある。…

つづきを見る

MLBがなぜかNPBの公認球を導入することが内定

MLBは、今季から敬遠を“申告制”とし、投手が意思を示せば打者を一塁に歩かせることができるようになる。ストライクゾーンも、これまでの“膝頭の下”から“膝頭の上”に変更される。一昨年には、走者と野手の衝突事故を防ぐためのコリジョンルールが加えられた。 「今回のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、敬遠に関する…

つづきを見る

WBC大会中に固まった侍ジャパンの「勝利の方程式」

2017ワールド・ベースボール・クラシックで野球日本代表『侍ジャパン』は1次ラウンドと2次ラウンドを6戦全勝で、ベスト4の揃う決勝ラウンドへの進出を決めた。 「平野佳寿を早いイニングで使って、試合の終盤は増井浩俊、秋吉亮を挟んで、牧田和久に繋ぐ。絶対的な抑え投手を決められずに大会本番を迎えましたが、なんとなく、リードし…

つづきを見る

侍ジャパンWBC6戦全勝で準決勝の舞台アメリカへ

3月15日に2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドE組の最終戦2試合が行われ、野球日本代表『侍ジャパン』はイスラエルを8対3で下し、この大会6連勝で決勝ラウンドへの進出を決めた。 イスラエル戦はこれまでの5試合とは違い、試合中盤までスコアボードにゼロが並んだ。得点はするが早いイニングで失点し…

つづきを見る

山田哲人を米メディアがMLBの最も注目する日本人野手と紹介

アメリカのCBSスポーツ電子版による、《近い将来、MLB球団が関心を示すであろう日本人選手5人》のなかに、今回の2017ワールド・ベースボール・クラシックに出場する山田哲人が取り上げられていた。野手で紹介されたのは、山田だけだった。 記事中で山田は、MLBの名選手のレジー・ジャクソンに例えられる絶賛ぶりだ。さらには、ヤ…

つづきを見る

「野球王国」の威信をかけて侍ジャパンに挑んだキューバ

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで、野球日本代表『侍ジャパン』は2戦目をキューバと戦い、8対5で勝利を収めた。この試合に敗れたキューバは、決勝ラウンドへ進出する可能性が極めて低くなった。 八回裏に山田哲人が2点本塁打が打った瞬間、キューバ全選手の表情が変わった。完全に士気を喪失した。キ…

つづきを見る