アカデミー賞

金ローとは大違い? テレ東『午後のロードショー』に称賛「有能すぎる」

5月4日の『午後のロードショー』(テレビ東京系)で、2018年公開の映画『グリーンブック』が地上波初放送された。見事な作品のセレクトに、視聴者からは拍手が巻き起こっている。 「午後のロードショー」は、5月3日から6日の4日間に『ゴールデンウイーク・スペシャル!』と題して4作品を放送。 「グリーンブック」のほか、『ラスト…

つづきを見る

ウィル・スミスの“ビンタ事件”だけじゃない! アカデミー賞で起こった珍事

3月27日に行われた『第94回アカデミー賞』で、俳優のウィル・スミスが司会のクリス・ロックに強烈なビンタを食らわせた。世界中のド肝を抜いたウィルの行動だが、過去のアカデミー賞では今回の騒動を凌駕する出来事が起こっている。 近年では、2017年開催の『第89回アカデミー賞』で、作品賞の受賞タイトルを間違えて読み上げてしま…

つづきを見る

アカデミー賞『コーダ あいのうた』は邦題がヒドすぎ? 原題に込められた意味

「アカデミー賞」の最高賞とされる作品賞を受賞した映画『コーダ あいのうた』。この邦題にネット上で酷評が相次いでいる。 アカデミー賞の前哨戦とも言われるサンダンス映画祭で史上最多4冠に輝き、以前から世界を沸かせていた同作。 各国のバイヤーが配給権に殺到し、サンダンス映画祭史上最高額の約26億円で落札されたことも大きなニュ…

つづきを見る

『ドライブ・マイ・カー』に国内で酷評相次ぐ…「日本人には合わない」

第94回アカデミー賞で、濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が日本映画として13年ぶりの国際長編映画賞を受賞した。これを受けて、上映館数がどんどん拡大、さらに興行収入も10億円に迫る勢いだという。 原作・村上春樹、監督・濱口竜介、主演・西島秀俊という豪華な組み合わせが実現した同作。 日本でも『第45回 日本アカデミー…

つづきを見る

日本アカデミー賞『ドライブ・マイ・カー』8冠に呆れ…今週のテレビ事件簿ランキング

今週もさまざまなバラエティ番組やCMが話題となったテレビ業界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも注目された、バラエティ番組やCMのランキングと記事をご紹介します(3/17配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 日本アカデミー賞 : 日本アカデミー賞『ドライブ・マイ・カー』8冠に呆れ声殺到「うすら寒い…

つづきを見る

日本アカデミー賞『ドライブ・マイ・カー』8冠に呆れ声殺到「うすら寒い」

3月11日に行われた『第45回 日本アカデミー賞』授賞式。主演・西島秀俊、濱口竜介監督の映画『ドライブ・マイ・カー』が主演男優賞、作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、照明賞、録音賞、編集賞の計8部門の最優秀賞を受賞したが、これに対して冷笑が起こっている。 「『ドライブ・マイ・カー』といえば、〝本家〟である第94回米アカデミ…

つづきを見る

映画『鬼滅の刃』にお茶の間ガッカリ「これで終わり?」「バッドエンドじゃん」

9月25日、アニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、フジテレビ系にて放送された。日本史上最大ヒットの映画とあって注目が集まっていたが、肩透かしに感じてしまう視聴者も多くいたようだ。 国内興行収入は400億円を超え、歴代最高を記録するなど大ヒットを記録した「無限列車編」。同作は2019年の4月~9月にかけてテレビ放…

つづきを見る

アカデミー賞が物議!『ノマドランド』受賞に「無意味なポリコレ賞に成り下がった」

日本時間の4月26日、『第93回アカデミー賞』授賞式が開催された。今回は映画『ノマドランド』が作品賞、監督賞、主演女優賞の主要3部門を制したのだが、ネット上では物議を醸している。 アジア人女性監督のクロエ・ジャオ氏が手掛けた「ノマドランド」は、住居を失った60代女性・ファーンが主人公。住居を失った彼女が、車上生活者、す…

つづきを見る