フジテレビ

『Sexy Zone』菊池風磨“全裸ドッキリ”大絶賛「リアクション王だ!」

くすぶり続けるジャニーズの中堅『Sexy Zone』が見直されるきっかけになるかもしれない。同グループの菊池風磨がネット上を大いに沸かせた。 1月11日に放送された『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)で、ドッキリを仕掛けられた菊池。ある日、スチール撮影と聞かされていた菊池の前に突然、AとBの2択クイズ…

つづきを見る

田中圭の“肌荒れ”と“疲れ顔”に心配の声「私の好きな田中圭じゃない…」

1月15日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に俳優の田中圭が出演。ダンスやバスケを披露した他、過去に出演したドラマ、バラエティー番組の映像が流されたが、現在の田中の顔を見て「肌が汚い」と評する視聴者が続出。「疲れているのでは」と心配する声も出ていた。 同番組で田中は、「フジテレビで一番古い田中圭は?」との問いに…

つづきを見る

ジャニーズの新人2人が炎上! ブサ芸人をバカにして「人として最低」

1月15日に放送された『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に、ジャニーズ事務所のアイドルグループ『Snow Man』の渡辺翔太、『SixTONES』の田中樹が出演した。2人がブサイク芸人の顔を見て、指を差しながら大笑いしたとして、視聴者から猛批判を浴びている。 番組中、『宮下草薙』の草薙航基が「今年は整形手術をし…

つづきを見る

『ドッキリGP』大炎上!妻子を巻き込む“ド悪質企画”に「胸クソ悪い」

1月11日に放送された『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)の「宝くじ」ドッキリに、視聴者から批判が殺到した。 同ドッキリは「夢の10億円が当たったら人はどうなるのか?」というドッキリ。ターゲットは事前にニセ番組のロケで年末ジャンボを自腹購入し、実際の結果にかかわらず「10億円に当選した」というドッキリ…

つづきを見る

放送事故!? 小島瑠璃子“バナナの先端”パクッ!「超~リアルだわww」

1月8日に放送された『志村けんのバカ殿様 マツコもサンドも氷川も初笑いSP』(フジテレビ系)に、タレントの小島瑠璃子が出演。志村扮するバカ殿様とコントを披露したところ、あるシーンが「放送事故だろ!」などと視聴者からツッコまれてしまった。 小島は赤の和服にきらびやかな髪飾りを着けた豪華な衣装で〝殿〟に謁見。現在はバラエテ…

つづきを見る

小倉智昭ズレまくり!“ブラック企業”擁護で炎上「老害ぶりが光る」

2020年初の月曜日となった1月6日。この日を皮切りに、テレビ各局は年末年始の特番モードから通常運行に戻り始めた。さらに、各局のニュース番組が「退職代行サービス」をこぞって特集し、ネット上でも話題になっている。 「退職代行」とは、勤務先からの退職に関する一切の交渉を業者が引き受け、依頼者が職場とやり取りすることなく仕事…

つづきを見る

木村拓哉『教場』“ダブダブズボン”に疑惑の目…まさかのシークレット!?

年明けの目玉、木村拓哉主演のフジテレビ開局60周年記念ドラマ『教場』が、1月4日と5日に2夜連続で放送され、第1夜の平均視聴率が15.3%、第2夜が15.0%と高記録を達成した。 「これで木村もひと安心でしょう。年末に終了した10月期ドラマ、TBS日曜劇場『グランメゾン東京』は平均視聴率12.9%。十分に高い数字ですが…

つづきを見る

あいのり・桃の“婚約者との合言葉”に呆れ声「マジで信じられんわ…」

フジテレビの恋愛バラエティー番組『あいのり』の元出演者で人気ブロガーの桃が1月4日、自身のブログを更新。〝合言葉〟について語った。 桃は昨年12月30日、カレ氏が自分の実家を訪れる際、「うちの実家はちらかってるよー!」と先にクギを差していたことを明かし、2人の中で問題事がある場合は、それを「おおきいこと? ちいさいこと…

つづきを見る

本田翼『ネプリーグ』で恥ずかしいミス! ‟あの趣味”うっかり公言?

女優の本田翼が、1月6日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)に出演。クイズで制限時間が迫り、慌てて口にした答えが「恥ずかしいミスだ」と視聴者の間で話題を呼んでいる。 本田は同日放送開始のドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(同系)で共演する沢村一樹、水野美紀、森永悠希らとチームを組んでクイズに挑戦した。 視聴者の間で…

つづきを見る

『逃走中』疑問噴出! 番組中の“大ミス”に呆れ声「ヤラセ感半端ない」

1月5日に放送された特番『逃走中』(フジテレビ系)でハプニングが起こった。視聴者はスタッフの失態だと指摘。この日の劇的な展開に「ハンターに指示を出したのでは」「ヤラセでは」などと呆れる声も続出している。 この日はHIKAKIN、藤田ニコルら常連メンバーに加えて、ラグビー日本代表の福岡堅樹選手ら計18人が参戦。東京の沿岸…

つづきを見る