病気

元TOKIO・山口達也「重病説と仮病説」が同時に流れる裏事情

元『TOKIO』の山口達也の近況が、ひっきりなしに伝わっている。双極性障害だとういう説もあれば、やはりアルコール依存症だという説もある。しかも、いずれにしてもかなり重いのだとか…。 「以前、和田アキ子が山口の女子校生へのワイセツ事件を酒のせいにするのはおかしいと言っていました。酔っぱらったからそうなってしまったというの…

つづきを見る

桂歌丸死去…死因となった「慢性閉塞性肺疾患」とは

演芸番組『笑点』で多くの視聴者に親しまれた人気落語家の桂歌丸(本名:椎名巌)が、7月2日午前11時43分に死去した。 歌丸は笑点の前身番組である『金曜夜席』(1965~1966年)で第1回放送から大喜利のメンバーとして登場。翌年にこの番組が笑点へと名を変えると、巧みな話芸と幅広い芸風で一躍人気者になった。2005年から…

つづきを見る

辻仁成「突発性難聴」公表で元妻・中山美穂が批判される

作家でミュージシャンの辻仁成が4月19日にツイッターを更新し、軽度の突発性難聴を患っていたことを公表した。 軽度の突発性難聴、無事に平衡感覚取り戻せた。息子に支えられた数日だった。心強い。子育ての一番大変な時期は越えたかな。来年、息子くん、なんと高校生!成績も上がり、いよいよ大学受験へ向け第2段階スタート。神様あと十年…

つづきを見る

渡瀬マキだけじゃない「機能性発声障害」を経験した歌手

音楽バンド『LINDBERG』ボーカルの渡瀬マキが、機能性発声障害のため活動を休止することを先ごろ、公式サイトで発表した。 昨年から体調を崩していたという渡瀬はホームページで次のように説明している。 《段々と身体が弱っていき、いつも苦しくて、何も楽しめなくなってしまい、眠れない食べれない頭痛、吐き気の日々が続きました。…

つづきを見る

坂口憲二が難病治療のために無期限活動休止も収入は不安なし?

俳優の坂口憲二が先ごろ、国の指定難病『特発性大腿骨頭壊死症』の治療に専念するため、芸能活動を無期限休止することを発表した。所属芸能事務所を5月末で退社し、治療に専念するという。 大腿骨頭は大腿骨の上端、太ももの付け根にある丸い形をした骨。その部分の血流がなんらかの理由で妨げられ、骨の組織が壊死して、痛みに襲われるのが、…

つづきを見る

今井翼「メニエール病」再発でリストラ危機に

ジャニーズ事務所所属の今井翼が、メニエール病で長期休養することが明らかになった。 「メニエール病は決して珍しい病気ではありません。著名人では、プロ野球の北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督も患ったことがあります。内耳の前庭と蝸牛(かぎゅう)の感覚細胞に障害が出てバランス感覚がなくなり、極めて生活に支障を来す病気です…

つづきを見る

8年ぶりのインフルエンザ新薬「ゾフルーザ」緊急発売の理由

今年はインフルエンザが猛威を振るい、暖かくなったこの時期でもいまだに感染する人があとを絶たない。厄介なことにインフルエンザが完治しないまま花粉症にかかる人も多く、免疫力が落ちているため、アレルギー症状が強く出て気管支炎になるケースもある。 そんななか、塩野義製薬が錠剤を1回飲むだけで効果が期待できるという抗インフルエン…

つづきを見る

「A型B型併存」よりも「隠れインフルエンザ」に要注意

インフルエンザが大流行している。国立感染症研究所が2月2日に発表した『インフルエンザ流行レベルマップ』によると、定点医療機関の患者数が1カ所あたり52.35人を記録し、前週の51.93人からさらに増加して過去最多になっている。通常は12~1月にまずA型が、その後の2~3月にB型が流行するが、今シーズンの特徴は早い段階か…

つづきを見る

急な入院のときに覚えておきたい「限度額適用認定証」

病気や怪我などで急に入院することになったときに、心配になるのが医療費の負担がどのくらいになるかということ。健康保険には『高額療養費制度』があるので、申請をすれば医療費の払い戻しを受けることができるが、一時的な支払いは大きな負担にもなる。 そこで、医療費が高額になりそうなときには、まず『限度額適用認定証』を利用したい。特…

つづきを見る

基本 RGB

30年で4倍に!女性の「痛風」が増え続ける理由

中年男性の病気だというイメージが強い『痛風』の女性患者が急増しているという。 「1992年には痛風患者全体の1.5%が女性だったのですが、現在は6%にまで上がっています。この30年で約4倍に増えたことになります」(医療ライター) 痛風は尿酸が増え過ぎると起こる病気で、関節のなかに溜まった尿酸の結晶が剥がれ落ちたとき、激…

つづきを見る