病気

小林麻央が3カ月ぶり再入院をブログで明かす

がんで闘病中の小林麻央に対し、インターネット上で「頑張れ」の声があふれている。4月19日のブログで『一緒に泣くこと』と題し、次のように体調不良を記していた。 《10日前まで普通に歩けたのに、10歩歩くのもやっとになってしまうのだから。》 さらに22日のブログでは『入院』と題し、《短期間入院をすることにしました。》と綴っ…

つづきを見る

長期常温保存の粉製品で「アナフィラキシー」加熱も効かず警鐘

お好み焼きなどの“粉もの”の食べ物には注意が必要だ。 お好み焼の粉に潜伏する『コナヒョウヒダニ』や『ケナガコナダニ』が口に入ると、皮膚症状や呼吸器症状が出現し、ひどい場合には血圧が低下して意識を失ったり、アナフィラキシーショックを起こすこともあるのだ。 都内のある皮膚科医が、国内で発症した38例を分析したところ、9割が…

つづきを見る

若い女性に増えている「低音障害型感音難聴」

最近、20~40代の女性に増加していると言われるのが『低音障害型感音難聴』という病気だ。 「耳を塞いだときのような低い音の耳鳴りがして、低い音だけが急に聞こえにくくなる病気です。水が入ったときのような耳が詰まった感覚になります。これらが症状として挙げられます」(医療ライター) 現在、日本全国で約6~7万人の患者数がいる…

つづきを見る

ゾンビになる新種ウイルスが拡散したらどうなるか?

もしも、1体のゾンビが誕生したら、人類は100日で絶滅する――。 エボラ出血熱、SARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)など、様々な新種のウイルスによる伝染病が人類を脅かしてきた。幸い、パンデミック(感染爆発)とまではならなかったが、一番心配されているのが“ゾンビ”だ。ゾンビの存在は、映画の世界だ…

つづきを見る

Depression And Mental Health

芸能人に「パニック障害」で活動休止が多いのはなぜ?

『パニック障害』に悩まされる人は意外と多い。この病気は、突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどとともに、強い不安や恐怖感を伴う発作を起こす。 「発作自体は20~30分くらいで治まることが多いが、何回か繰り返すうちに、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感を抱くようになります。また、逃げ場のないような場所で、他人に見られ…

つづきを見る

高齢になった犬の2割が認知症で半数は予備軍の疑いがあるという

高齢になったペットの犬の約2割に、認知症の疑いがあるという調査結果が明らかになった。高齢化問題はもはや人間だけのものではなく、ペットの世界にも及んでいることが浮き彫りになっている。 調査は、日本獣医生命科学大学獣医学部が愛犬家約900名を対象に実施した。内容は“睡眠のリズム”や“排泄行動”などの10項目を質問表にまとめ…

つづきを見る

「オーラルセックスは癌の原因」と警鐘を鳴らす厚労省

先進国において、性感染症が増加傾向にあるのは日本だけといわれている。日本人は性行為による性感染症に関して非常に無防備なのだ。 「性感染症について正しい知識が広く浸透していないからでしょう。日本性教育協会の調査によると、女子高校生の13.1%(男子高校生は6.7%)が、クラミジアに感染しているというデータがあるほか、性交…

つづきを見る

度重なる体調不良が心配される西川史子

昨年末に発売された女性誌上で、タレントの西川史子(45)が体調について報じていた。 夏ごろから急にやせて、テレビ局の廊下を歩くときにはときどきふらつくこともあったという。あいさつの声も弱々しく、周囲も以前とは違う雰囲気に声がかけづらくなっていたそうだ。 昨年12月1日には急性胃腸炎で入院し、レギュラー出演している『サン…

つづきを見る

華原朋美がレギュラー番組に復帰も繰り返す情緒不安定に周囲は不安

11月5日より『急性ストレス反応』で活動休止をしていた歌手の華原朋美(42)が、ちょうど1カ月ぶりとなる12月5日に、昼の情報番組『PON!』(日本テレビ系)に出演し、復帰を果たした。交際相手とのトラブルも指摘されていたが、今回のストレスの原因は何だったのか。 「以前から精神的な不安を抱え、何度も休業を繰り返していたた…

つづきを見る

コンサートを緊急中止して療養中のすみれの病状は?

華原朋美が急性ストレス反応のため、約1カ月の芸能活動を休養することを発表したが、芸能界には他にも体調が心配される女性有名人がいる。 モデルや女優、歌手と幅広く活躍するすみれ(26)だ。彼女は石田純一(62)と松原千明(58)の長女で、二世タレントとしても知られる。 すみれは、10月末にチャリティーコンサートが予定されて…

つづきを見る