窪塚洋介

窪塚洋介“世界平和”への持論にネット民が困惑「相変わらず…」

俳優の窪塚洋介が2月28日、自身のインスタグラムを更新。ロシアのウクライナ侵攻と思われる戦争について言及し、ネット民をあ然とさせている。 窪塚はまず《それにフォーカスしなけりゃそれは存在しない。戦争反対をし続ける限り、戦争は存在し続ける。わかる?》と持論を展開した。 続けて《クソッタレを許し、もはやクソッタレにフォーカ…

つづきを見る

窪塚洋介の息子がドラマ出演中!「かっこいい」「似てきたな~」

現在放送中の清原果耶が主演を務める火曜ドラマ『ファイトソング』(TBS系)に、俳優・窪塚洋介の息子がレギュラー出演している。 同作の主人公は、空手の日本代表を目指していたが、不慮の事故で夢を断たれた木皿花枝(清原)。児童養護施設で育ち、持ち前の明るさとスポーツ根性で、あらゆる逆境を跳ね飛ばしていく。そんな花枝が、ひょん…

つづきを見る

小栗旬が激変!? “ロン毛眼鏡”姿にファン困惑「誰かわからん」

俳優の窪塚洋介が11月2日、自身のインスタグラムを更新。1998年に放送されたドラマ『GTO』(フジテレビ系)共演者との同窓会ショットを公開したが、ネット上では小栗旬の〝近影〟に注目が集まっている。 窪塚は《昨夜はGTO定期同窓会  旬も参加 ※池内欠席》とつづり、窪塚とともに生徒役を演じていた小栗、希良梨、山崎裕太と…

つづきを見る

窪塚洋介に“ステマ疑惑”浮上!? 宅配業者への神対応を妻・PINKYが明かし物議

7月12日、俳優・窪塚洋介の妻であるPINKYがブログを更新。窪塚の優しい一面を公開したのだが、ネット上では窪塚の〝ステマ疑惑〟が指摘され、プチ炎上を巻き起こしている。 この日PINKYが更新したのは、『主人の優しさ』と題したブログ。《いつの間にか玄関に置かれていた、主人の優しさ》と書き出し、1枚の写真が添えられていた…

つづきを見る

小林麻耶だけじゃない!“スピリチュアル”への傾倒が話題になった芸能人たち

フリーアナウンサーの小林麻耶が、夫で整体師の〝あきら。〟こと國光吟氏に洗脳されていると話題を呼んでいた。 昨年11月にYouTubeチャンネル『コバヤシテレビ局開局!』を開設し、仲睦まじい姿を披露していた2人。しかし、生配信で約15分間の〝瞑想〟を行ったことから、ファンをザワつかせていた。 「同チャンネルの配信当初は、…

つづきを見る

窪塚洋介“飛び降り”の真相は迷宮入り? ソフトクリーム売り切れ説はウソか…

俳優の窪塚洋介が4月27日発売の雑誌『週刊SPA!』のインタビュー記事に登場。2004年に起こした〝転落事故〟について語ったが、ネット上では呆れ声があがっている。 窪塚は1995年にテレビドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)に出演し、芸能活動をスタート。2000年に放送されたドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(…

つづきを見る

窪塚洋介の“密パーティー”が大荒れ! ファンvsアンチでカオス状態に

俳優の窪塚洋介が3月7日に自身のインスタグラムを更新。40人以上集まった男女がほぼ全員マスクをしていない写真をアップし、ネット民をざわつかせている。 窪塚は、《昨日は徳島県海陽町の@shopping.ohguro の51周年&3代目店長就任1周年のチヒロくんのお祝いにサプライズで行って参りました》と報告。 昨年1…

つづきを見る

実は広瀬すずも…イメージと違って“美文字”な芸能人たち

あまり見る機会のない芸能人の直筆。下手でもキレイでも注目を集めるが、ここでは〝イメージと違って〟キレイだと称賛された芸能人を紹介していこう。 まずは女優の広瀬すず。広瀬といえば、マイペースな性格と、見るからにスクールカースト上位の雰囲気から、「顔だけで生きてきた」というイメージを持たれがちだ。しかし、広瀬の字を見ると評…

つづきを見る

窪塚洋介が転倒してケガ「泥酔してたんでしょ」「殴られた?」と邪推する声

俳優の窪塚洋介が11月9日、自身のインスタグラムを更新。ケガをした顔写真をアップしたところ、ファンから「大丈夫?」と心配する声が相次いでいる。 《転んだ》と、絆創膏を顔に張った写真をアップした窪塚。心なしか頬も腫れているようで、目の下には転んだ時についたと思われるアザも見られる。 View this post on I…

つづきを見る

窪塚洋介がベスト!? アニメ『池袋ウエストゲートパーク』にドラマ世代から賛否

10月6日に『TOKYO MX』などで、TVアニメ『池袋ウエストゲートパーク』の第1話が放送された。しかし、リアルタイムでドラマを見ていた世代からは、アニメ版のキャラクターデザインなどに賛否の声が上がっている。 同アニメの原作は、石田衣良による連作短編小説集。当時社会現象になった〝カラーギャング〟を描いた作品で、後に『…

つづきを見る