『にじさんじ』壱百満天原サロメに苦難の時…“同接至上主義”オタクに煽られてしまう

『にじさんじ』壱百満天原サロメに苦難の時…“同接至上主義”オタクに煽られてしまう

『にじさんじ』壱百満天原サロメに苦難の時…“同接至上主義”オタクに煽られてしまう (C)PIXTA

今年5月、『にじさんじ』に彗星のごとく現れた大型VTuber・壱百満天原サロメ。今も変わらずに“本物のお嬢様”を目指して配信を行っているが、ここ最近苦難の時が訪れている。一部の人々から、YouTubeの同時接続者数(同接)を煽られているのだ。

同接1万人を煽るサロメアンチ

サロメはデビュー当初、「にじさんじ」らしいトークスキルとユニークな言動で一躍大ブレイク。配信するたびに同接が10万人近く集まるほどの大人気VTuberとなった。

また、活動開始からわずか17日で、「にじさんじ」所属の女性VTuberとしては初となるチャンネル登録者100万人を達成。現在は箱内最多となる、約165万人を記録している。

そんな彼女は現在、サバイバルアクションゲーム『The Last of Us』の実況を続けているのだが、数字はそこそこに落ち着いている模様。アベレージとして、1万~1万3,000人程度になることが多い。

十分人気と言える数字だが、デビュー当初と比べると下降気味ではある。そのためネットの一部では、《サロメ嬢もう同接1万切りそうやん。まだデビューから半年も経ってないのに》《ホラゲーで前は10万人ぐらい出てなかったっけ?》《サロメの配信久々に見たら同接1万人だった だいぶ人気落ちたな》といった声も上がっている。

VTuber界隈の“同接至上主義”の業

配信者や動画投稿者の人気を示す尺度には、「再生数」や「登録者数」など、さまざまな数字がある。その中でもVTuberファンは、“同接”を重視しがちだ。

現在、サロメの数字が煽られてしまっているのも、結局はVTuber界隈の因果がめぐってきた結果とも言える。そもそもデビュー当初、高い同接を連発していた際に、ファンたちが必要以上に数字で盛り上がり、ほかのVTuberファンたちに目を付けられてしまった背景があるからだ。

とはいえ、サロメの人気が下降しているというわけではなく、同接以外の数字はいまだ健在。9月22日に投稿した初の歌ってみた動画『メニメニマニマニ』は、わずか1週間ほどで約280万の再生数を記録。9月18日に投稿した“イカ”に挑戦する企画動画も、100万再生を突破している。

配信のアーカイブも十分再生数が伸びているので、単純にリアルタイムで追いきれなくなったファンが増えているのかもしれない。サロメはVTuber界隈の“外”からファンを引き込んだとも言われているので、生配信の視聴文化があまり根付いていない可能性もある。

なにより、ただ面白い配信を行ってきたサロメ自身には、なんの非もないこと。今後もVTuber界隈のしがらみを気にせず、楽しく配信してもらいたい。

文=大上賢一

【画像】

TRAIMAK / PIXTA

【あわせて読みたい】