最新記事一覧

橋本環奈の警官姿以外にも?「警視庁いきもの係」意外な見どころ

警視庁総務部総務課の動植物管理係(架空の部署)の鬼警部補である須藤友三(渡部篤郎)と、新米巡査の薄圭子(橋本環奈)の凸凹コンビが、動物の生態をもとに事件解決に奔走するコミカル・アニマル・ミステリードラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)が7月9日にスタートした。 「橋本環奈の警察官姿がかわいいと好評です。ドラマのなか…

つづきを見る

ドラマ「うちの夫は仕事ができない」妻役・松岡茉優に絶賛の声

7月8日スタートの連続ドラマ『うちの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)で、錦戸亮が演じる仕事ができないサラリーマンの小林司を支える妻、沙也加役の松岡茉優が、初回放送を終え「かわいくて健気」だと好評だ。 イケメンで高学歴、収入もいい理想の“できる夫”の司(錦戸)は、仕事ができないお荷物社員だという欠点があり、完璧な夫だ…

つづきを見る

ローラが出版した「2年半で英語マスター本」に懐疑的な視線

タレントのローラの周辺がきな臭い。 「6月にローラがツイッターへ《ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない。》と投稿しました。この裏切られた相手というのは誰なのか、話題になっています」(ネットライター) 芸能メディアのあいだで、この裏切られた相手は「事務所社長ではない…

つづきを見る

指原莉乃「番組中にマジ泣き」過去のトラウマか演出か?

7月9日深夜放送の『真夜中』(フジテレビ系)で、『HKT48』の指原莉乃が泣き出してしまい、企画倒れに終わるという事態が起きた。 「番組を見たファンたちが怒り、SNSなどで《なにサッシーに無理な仕事させてんだよ!》、《サッシーを薄汚ねえ世界に出すな!》とフジテレビを批判する投稿が殺到したのです」(芸能関係者) この番組…

つづきを見る

家屋全焼の重大事故も「扇風機の経年劣化」に専門家が注意喚起

近年になって、エアコンとの併用を推奨されて復権した“扇風機”だが、思わぬ事故が報告されている。 「扇風機は、電子レンジや洗濯機、ガスコンロなどと違って、操作を間違える心配が極めて少なく、それだけに使用中に重大事故に至ることはそれほど多くありません。ただ、構造が単純なことや、技術の進歩などの理由から長持ちするため、“経年…

つづきを見る

恋愛無関心で「仙人キャラ」堂本剛の独特な価値観

7月10日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に『Kinki kids』の堂本剛が出演し、自身の結婚観を明かした。 独自の価値観、恋愛観を持つことから、番組の冒頭から“仙人キャラ”と称された堂本は、『くりぃむしちゅー』の有田哲平から「好きな人ができました、付き合ってください、嫌と言われたら失恋なのでは」と質…

つづきを見る

橋本聖子と小谷実可子、東京五輪の「顔」を務める五輪理事は?

先ごろ、日本オリンピック委員会(JOC)が東京五輪に向け、新体制を発表した。注目は、1988年のソウル五輪シンクロナイズドスイミングで銅メダルを獲得した小谷実可子氏が理事に復帰したこと。どうやらイメージ戦略の側面もあるようだが、留任した“旧女性理事”の立場も変わってくる。覇権争いにも発展しそうなのだ。 「理事は全部で2…

つづきを見る

小倉智昭だけではない「不倫疑惑の多い」キャスターたち

小倉智昭が先日、MCを務める『とくダネ!』(フジテレビ系)の番組中に、『週刊文春』で報じられた人妻記者との週1回の密会報道について言及した。 小倉は相手について「確かにそういう女性がいて、一緒にライブに行ったり、食事したり」と交友関係は認めたが、小倉の事務所でふたりきりだったことには、事務所が「ミニシアターになっている…

つづきを見る

「フジテレビ新社長初会見」で言及されたおじゃMAPの運命

フジテレビの宮内正喜新社長が7月7日、東京都内で初の定例会見を開き「キーワードは“変わる”。新しい風を吹かせたい。全日帯が好調なので、ゴールデン、プライム帯にも反映させたい」と話した。 「これはフジテレビの番組編成が大きく変わると捉えてもいいでしょう。“変わった”というシンボルとして視聴者を納得させるには、話題の番組を…

つづきを見る

加藤綾子すらもタジタジ「優雅すぎる」フジテレビ三田友梨佳アナ

フジテレビの三田友梨佳アナウンサーが“優雅過ぎる”と評判だ。現在、三田アナは昼の情報番組『直撃LIVE グッディ!』に出演中。同番組は2015年4月から始まり、当初は平均視聴率が2~3%前後で、1%台に落ちることもあり、打ち切りも囁かれていた。しかし、最近になって巻き返しを見せている。 「同時間帯に放送している『情報ラ…

つづきを見る