トピックス

オワコン『レコード大賞』まだやってるの?「忖度だらけ」で「茶番もいいとこ」

今年も12月30日に『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)が放送されるが、早くもネット上では《興味がない》《どうでもいい》などと冷ややかな声があがっており、視聴率的に苦戦が予想されている。 同大賞は1959年に創設され、1970~80年代にかけて最盛期を迎えた。しかし、ここ数年はレコード会社や事務所の力関係で受賞者が決…

つづきを見る

ゲド戦記の悪夢再び!? 年末アニメ『アーヤと魔女』に不安しかない理由

宮崎吾朗監督の最新作で、『スタジオジブリ』としては初の全編3DCG制作となる長編アニメーション『アーヤと魔女』が、12月30日にNHK総合で放送される。 同アニメは、自分が魔女の娘とは知らずに育った少女・アーヤが、ある日、奇妙な家に引き取られ、そこで意地悪な魔女と暮らすことになったことから始まる物語。今年6月にカンヌ国…

つづきを見る

年末年始・絶対に見とけ!『ブレイキング・バッド』は海外ドラマの鉄板

いまドラマ好きの間で、最も話題になっている作品のひとつに、『ベター・コール・ソウル』が挙げられるだろう。アメリカのオバマ元大統領が絶賛したことで話題の同作は、ドラマ『ブレイキング・バッド』のスピンオフ作品。この『ブレイキング・バッド』の時点で、とてつもなく面白いのだ。 『ブレイキング・バッド』は、余命わずかの高校教師で…

つづきを見る

あの『ウォッチメン』年末年始にイッキ見! センシティブなテーマを描いた最高SFドラマ

今年の年末年始に何も予定がない人たちは、逆にラッキーだったかもしれない。なぜなら海外のSFアクションドラマ『ウォッチメン』を〝イッキ見〟できる時間が作れるからだ。今回は、センシティブなテーマを描いた傑作『ウォッチメン』の魅力を余すことなくご紹介していこう。 同作は、ライターのアラン・ムーアと作画のデイブ・ギボンズが手掛…

つづきを見る

『ストレンジャー・シングス』の魅力とは? 世界的大ヒット作をイッキ見!

『Netflix』加入者を一気に増加させた作品といえば、真っ先に『ストレンジャー・シングス 未知の世界』が思いつくかもしれない。 同作は、少年たちと不思議な力を持つ少女・エルが、インディアナ州にある架空の町『ホーキンス』に潜む秘密を解き明かしていくSFミステリー。2016年にシーズン1が配信されてからというもの、世界的…

つづきを見る

『Supreme』人気失墜! 販売会社代表“覚醒剤”逮捕に「もう買わない」

人気ファッションブランド『Supreme』の販売会社代表取締役・大村健一氏が、12月18日に覚せい剤所持の疑いで逮捕されたことが判明。これにネット上では、さまざまな反響があがっている。 ヒップホップに影響を受けたストリート系のアイテムで知られる「Supreme」。アメリカのファッションブランドで、日本でも若い男性を中心…

つづきを見る

『シン・エヴァ』は『鬼滅の刃』を超える!? 初号試写会に絶賛の声が続出!

来年1月23日に公開予定の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。12月21日に関係者向けの試写会が行われ、SNSでは軒並み絶賛の声があがっている。その影響で、前評判が悪かったにもかかわらず、〝手のひら返し〟するファンが続出しているようだ。 試写会当日、『エヴァンゲリオン』シリーズを制作する『株式会社カラー』はツイッター…

つづきを見る

『やりすぎ都市伝説』炎上! 新型コロナをめぐる都市伝説に「BPO案件ですね」

世界のさまざまな分野から、禁断の都市伝説を紐解いていく人気特番『やりすぎ都市伝説』(テレビ東京系)。同番組の告知記事をめぐって、ネット上で「悪質だ」という批判が相次いでいる。 騒動の発端となったのは、12月22日にテレビ東京の公式サイト『テレ東プラス』で公開された『コロナワクチン接種による人類の新たな線引き、コロナ禍で…

つづきを見る

フジテレビの『鬼滅の刃』ゴリ押しに視聴者うんざり「鬼滅である必要がない」

12月22日放送の『今夜はナゾトレ 2時間SP』(フジテレビ系)では、空前の大ブームとなっている『鬼滅の刃』に便乗した問題が登場。しかし無理矢理『鬼滅』に寄せた問題だったため、ネット上で批判の声があがっている。 同日の番組では、冒頭から「人気アニメ『鬼滅の刃』から初めて出題!」と視聴者たちに期待を持たせていく。しかも別…

つづきを見る

映画『鬼滅の刃』“入場特典”で超ネタバレの失態?「観てない人は…」

興行収入310億円超の特大ヒットを記録しているアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。12月26日より、来場御礼入場者特典の第4弾として「メモリアルボード」を配布すると発表されたところ、ネット上では「ネタバレしてる…」と戸惑いの声があがっている。 これまでさまざまなプレミア入場特典を配って、動員数を伸ばし続けてきた…

つづきを見る