社会

「森友・加計は報道犯罪」と非難された朝日新聞が激怒!

朝日新聞が、10月18日に発売された書籍『徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の著者、小川榮太郎氏と出版元の飛鳥新社に対して、抗議文書を送っていたことが明らかになった。内容の一部は以下の通りだ。 《本書は、弊社が取材で入手した文書について紙面で報じているにもかかわらず、「安倍の関与を想像させ…

つづきを見る

ロシア革命から100周年…いまも平和を脅かすマルクスの思想

《一匹の妖怪がヨーロッパを徘徊している。共産主義という妖怪が》という一文に始まり、《万国のプロレタリアよ、団結せよ!》で終わる有名な『マルクス・エンゲルス共産党宣言』。この本は1848年に共産主義者同盟のパンフレットとして出版された。マルクス思想により共産党が組織され、ソビエト連邦や中国、そして北朝鮮という国家が成立し…

つづきを見る

Young doctor working on blood test in lab hospital

獣医師よりも不足している「法医学者」

連続不審死の容疑で死刑判決が確定した木嶋佳苗被告や上田美由紀被告も、犯行が明るみに出るまで、何人もの男性が“自殺”や“事故死”で処理されてきた。遺族にはやりきれない話だが、他殺の可能性がありながら自殺や無理心中として警察に処理されることは珍しくないという。 警察庁の統計(2013年度)によると、警察に届け出された死体1…

つづきを見る

江戸前海苔をお得に食べられる「海苔オーナー制度」

千葉県にあるのにディズニーランドには“東京”と名乗られてきた。しかし、千葉でありながら千葉を名乗っていないのはディズニーランドだけではない。『江戸前海苔』も実はほぼ千葉県産だ。 「江戸前海苔は“東京の海苔”だと思われがちですが、実際には東京湾に面した内房地方などで200年前から作られており、江戸前海苔の約97%を千葉県…

つづきを見る

城崎温泉まさかの「外国人観光客36倍」その秘密

“号泣議員”こと野々村竜太郎元兵庫県県議会議員。いまではその悪名もすっかり「このハゲー!」の豊田真由子前衆議院議員に取って代わられ、忘れ去られつつある。その野々村元議員が年間で106回も現地調査のために日帰り出張していたという城崎温泉(兵庫県豊岡市)が、外国人観光客に人気だ。 2015年に実地された『DBJ・JTBFア…

つづきを見る

自民党・山東昭子議員「老害発言」で大炎上

自民党の山東昭子参議院議員が、「老害だ」と話題になっている。 山東議員は、11月21日の自民党役員連絡会で、「子供を4人以上産んだ女性を厚生労働省で表彰することを検討してはどうか」と発言し、ニュースで取り上げられた。 「連絡会内でも山東議員の発言にはしらけた空気が漂い『何だそれ』という陰口も出たそうです。主婦が評価され…

つづきを見る

ディズニー労災認定「人手不足」で休園という未来がくる!?

千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)で、キャラクターの着ぐるみを着てパレードなどに出演していた契約社員の女性に対して、船橋労働基準監督署が労災を認定していたことが分かった。 女性は首の動きが制限された状態で、重さ10キロ近くある着ぐるみを着て、1回45分のパレード中に両手をずっと顔より上に上げているように指示さ…

つづきを見る

街の「米屋」「本屋」「豆腐屋」が消えていく理由

テレビ番組では街や“商店街”を探訪する番組が人気だ。そんな商店街の“三種の神器”とも言える米屋、本屋、豆腐屋が消えつつあるといい、それが商店街衰退の象徴ともなっている。 米屋の経営不振に影響を与えているのは、政府の方針に沿って、補助金が多い『飼料米』にシフトする農家が増えていることが挙げられる。 「飼料米とは、輸入のト…

つづきを見る

ゴミ屋敷

増加する高齢者の「ゴミ屋敷」

かつて、ワイドショーや夕方の情報番組で“ゴミ屋敷”が脚光を浴びた時期があった。取り上げられるゴミ屋敷といえば、一軒家で、問題の住人はどこか偏屈な印象を受ける人物だというのが大半だった。 いまも各地にゴミ屋敷はあるのだが、かつてのイメージから様相は変わり、マンションのゴミ屋敷が増加中だという。 「マンションに住む独居高齢…

つづきを見る

高齢者が狙われる「押し買い」の実態

高齢者を狙う犯罪者たちの手口は、投資詐欺やオレオレ詐欺ばかりではない。これまで訪問販売で壺や印鑑、布団などの高級商品を悪質な手法で売り付ける『訪問販売(=押し売り)』が一般的だったが、最近では逆に無理やり物品を買い取られる『訪問購入(=押し買い)』のトラブルが増えている。 「押し買いの一般的なやり方は、『切手1枚でもい…

つづきを見る