社会

金正男暗殺で大儲けを画策!? 中国人「爆笑」便乗ビジネス

金正男氏の暗殺事件で、最も不思議な行動をしたのは中国である。 正男氏は中国の北京に第1夫人のシン・ミョンヒと息子のクムソルを、マカオには第2夫人のイ・ヘギョンと息子のハンソルに娘のソルヒを残し、本名を名乗れず死亡した。 「若いころに最初の夫人であるチェ・ヘリと同居を始め、息子のトンファンが生まれ、十数年前に北京在と伝え…

つづきを見る

金正男氏は暗殺されたマレーシアで何をしていたのか

アメリカ外交問題評議会の上席研究員が、同評議会のブログに《マレーシア政府は何のために正男氏を自由に出入国させていたのか…謎は深まるばかりだ》と記した。 「正男氏は、北朝鮮が金正恩体制への移行が明らかになった際に、自身の置かれた立場がすでに不安定になっていることを十分に分かっていました。彼はそれ以前、10年以上にわたり海…

つづきを見る

LGBT人口7000万人の中国で「夜の街」から起きている変化

雑誌『TIME』(3月20日号)によると、中国のLGBTコミュニティー人口は推定で7000万人といわれる。LGBTとは性的少数者を指すが、同性愛者・両性愛者に加えトランスジェンダーも含まれている。トランスジェンダーは、身体の性と心の性が一致しない人をいう。 中国では過去に、同性愛者にはむち打ちを行ったり、精神病院へ強制…

つづきを見る

北朝鮮の「魔の手」迫る金正男氏の長男・金漢率氏はどこにいる?

北朝鮮に暗殺された金正男氏の長男である漢率(ハンソル)氏は、現在どこにいるのか。アメリカ、マカオから離れた中国国内、欧州など、さまざまな説があるが、最近になって浮上してきたのが、祖母の成蕙琳(ソン・ヘリム)が客死したロシアなどが取り沙汰されている。 「仮にアメリカにいるのだとしても、最高機密である要人保護は、同国の場合…

つづきを見る

金正男氏暗殺事件で暗躍した「スパイ」は日本にもいるのか?

金正男氏暗殺事件で暗躍したとされる“スパイ”という存在。中国では日本人がたびたびスパイ容疑で逮捕されるという報道を目にする。だが、日本で同様の事件が起きると、逮捕ではなく“国外退去”と報じられる。 つまり無罪なのだ。なぜなのか。 「海外の民主主義国では、“国民の知る権利”を保障するための情報公開法を整備しているのと同じ…

つづきを見る

亀梨和也主演「ジョーカー・ゲーム」と金正男氏暗殺事件を結ぶ点

北朝鮮は金正男氏暗殺事件でも、これまでのテロや暗殺と同様に、関与を否定している。過去のラングーン事件も、大韓航空機爆破事件も“韓国の自作自演”で通した。だが、北朝鮮が暗殺要員を養成し、テロを行ってきたのは周知の事実だ。 スパイや工作員を、教育と養成するのは『金正日政治軍事大学』で、その別名は『朝鮮労働党130連絡所』、…

つづきを見る

待機児童問題は3つの業界団体による「鉄の結束」が元凶

私立認定こども園『わんずまざー保育園』(兵庫県姫路市)が定員の約1.5倍の園児を受け入れ、さらに給食を十分与えないなどの劣悪な環境で保育していたことは、大きなニュースとなって全国に報じられた。 保育所不足による待機児童問題は、“政官”と“保育者”による根深い問題がある。 「民間保育所の経営者というのは、地主や寺社など、…

つづきを見る

イタリアでテロ事件が起きない理由と「マフィア」の暗躍

映画『ゴッドファーザー』では、マフィアのドンが名付け親であることを名誉とするシーンや台詞が幾度となく登場する。イタリアのマフィア界では、現在もこの行為は絶えることなく行われている。 ところが、この伝統が危機にひんしているという。 「イタリア南部シチリア島パレルモ県の教区を管轄するペニシ司教は3月、マフィア関係者が洗礼式…

つづきを見る

意外な理由で武蔵小杉が「住みたい街ランキング」上位から脱落

都内近郊のタワーマンション街として、急速な発展を遂げた武蔵小杉(神奈川県川崎市)では、“2重扉のコンビニ”が名物となっている。入り口の自動扉を覆うかのように、さらにガラスで作った扉を設置しているのだ。これはビル風の直撃を少しでも和らげようとしているためだ。 居住する住民のビル風による被害を列挙すると、傘が壊れることや、…

つづきを見る

「餃子女子」を狙った専門店がブームに

最近はますます“○○女子”という呼び名が目立つようになっている。この流れの一環から、餃子が好きな女性のことを『餃子女子』と呼ぶようになっているという。関連した本が出版され、ワインと一緒に餃子を楽しむ方法などが紹介されている。そして、東京都内では女性をターゲットにした餃子専門店が出現しているという。 今年になって、ワンコ…

つづきを見る