社会

捨て犬の殺処分がなくならない「経済論理」

1年に数万頭の捨て犬を殺処分しているのは、先進国では日本だけだ。自治体もこの惨劇を見過ごすわけにもいかず、ようやく重い腰を上げ始めた。 東京都の小池百合子知事は、2020年のオリンピック・パラリンピックまでに殺処分ゼロを目標に掲げた。保護された捨て犬に里親を探すことで殺処分をなくした神奈川県のような自治体も現れた。しか…

つづきを見る

安倍晋三首相がテレビ行脚で「丁寧な説明」を説明

9月28日に、安倍晋三首相が衆議院を解散すると記者会見で発表し、召集した臨時国会は開かれることなく、政界は完全に選挙モードへ突入した。 そして、小池百合子東京都知事が側近の若狭守衆議院議員、民進党を離党した細野豪志元環境大臣らと共に新たな政党『希望の党』を結党したその直後、何と民進党が“合流”という形ですり寄り、大儀な…

つづきを見る

医者になる選択肢「医学部編入試験」の魅力

「本当は医学部へ行って医者を目指したかった…」 社会に出ても諦めきれない。そんな願いを実現できる“裏技”がある。社会人を経て医師を目指す人の抜け道として注目されているのが“医学部編入”だ。 言うまでもなく一般入試による医学部合格のハードルは高い。 「国公立大学医学部への入学を目指すとなると、東大理科1類に合格する以上の…

つづきを見る

韓国と台湾の「戦時中労働者」が抱く感情の違い

戦時中の朝鮮半島出身者を『徴用工』として強制的に連行、労働させられたとして、戦後の日本企業に謝罪や補償を求めてきた問題で、韓国の文在寅大統領は就任100日の記者会見で「個人の請求権は消えていない」とする考え方を支持した。 「韓国では従軍慰安婦少女像が至る所に設置され、いまでは反日の象徴として海を渡り海外にも設置されてい…

つづきを見る

北朝鮮は11年前に「核保有国」だと認定されていた

北朝鮮は世界から核保有国と認定されるのを望んでいるが、一向に実現しない。しかし、11年も前に核保有国だと認めた人物がいる。核エネルギーの平和利用を促進するために創設された国際原子力機関(IAEA)のモハメド・エルバラダイ事務局長(当時)だ。 「エルバラダイ氏は2006年8月31日、ウィーンのホーフブルク宮殿で開催された…

つづきを見る

コンビニから「日本人アルバイト」が消えた理由

コンビニエンスストアのアルバイト募集に集まる日本人が減少している。なぜ日本人バイトが集まらなくなっているのか。第一に挙げられるのが、有効求人倍率の上昇である。 現在の有効求人倍率は「バブル以来の高水準」といわれるほどで、約1.4倍程度で推移している。2009年度は0.4倍ほどだったことを思い起こすと隔世の感がある。 有…

つづきを見る

A5ランク和牛が「最高級」という価値が崩壊寸前!

赤身の牛肉にどれだけ“サシ”(霜降り)が入っているかを表す霜降り肉の指標の代表格『A5ランク』は、テレビ番組でも依然として高価でおいしいともてはやされている。ところが、消費者の味覚はすでに“A5離れ”を起こし、赤身に移りつつあるという。その結果、高級牛肉のイメージが揺らぎつつあり、A5の呪縛に取り付かれた畜産業者が危機…

つづきを見る

テレビ報道にミサイル問題より「不倫報道」が多い理由

インターネットが普及し、メディアの形が変化をしていくなか、テレビの視聴者、特に若者のテレビ離れが言われて久しい。視聴率の低迷は各民放テレビ局にとって死活問題だ。各局の屋台骨を支えているのは、クライアントに“視聴率を売る”ことによってもたらされる、スポットCMなどの収益だからだ。 事業の多角化も進んでいるとはいえ、基本的…

つづきを見る

経済制裁渦中の北朝鮮「覚せい剤を国内消費」か

国連の対北朝鮮経済制裁決議で、これまで制裁項目にはなかった、《繊維製品の輸出禁止》が含まれた。石油禁輸とは比べ物にならないとはいえ、北朝鮮の外貨獲得においては大きな痛手だ。昨年の北朝鮮の輸出実績における繊維製品は、石炭や他の鉱物に次いで2番目に大きく、計7億5200万ドル(約845億円)を稼ぎ出しているからだ。 しかし…

つづきを見る

豊田真由子議員「バッシング対応法」をホリエモンに相談

9月24日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演した堀江貴文氏が、元秘書へのパワハラや暴行問題で自民党を離党した豊田真由子衆議院議員から相談があったことを明かした。 番組では、約3カ月ぶりに公の場へ現れて記者会見をした豊田氏を取り上げた。すると堀江氏が、騒動後に豊田氏本人からと思われるメールが届いたことを話し始…

つづきを見る