社会

さらに延びる平均寿命「107歳まで」確率50%なのは?

イギリスのロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授によれば、世界の平均寿命は1840年から10年ごとに2~3歳のペースで延びており、2007年に先進国で生まれた子供たちの半数は100歳以上生きるという。日本で生まれた子供については「107歳まで生きる確率が50%もある」とも指摘した。 平均寿命が100歳ともな…

つづきを見る

「日大の闇」田中英壽理事長が内田正人をNo.2にした経緯

日本大学アメリカンフットボール部の悪質な反則タックルにまつわる問題で、関東学生アメリカンフットボール連盟が内田正人前監督と井上奨前コーチを除名処分とした。しかし、これで一件落着かといえば、そうではない。内田氏は日大の常務理事に留まるとしており、内田氏のバックにいる同大学の田中英壽理事長に矛先が向かうのは確実とみられてい…

つづきを見る

自民党議員が語る麻生太郎財務相が辞任しない本当の理由

公文書改ざんやセクハラ問題など不祥事続きの財務省だが、麻生太郎財務大臣は一向に辞める様子がない。野党やマスコミから批判されても居直るのはどうしてなのか。政治評論家の田原総一朗氏はこれまで、テレビや雑誌連載などで何度も「安倍さんの盾になって政権を守ろうとしているのではないか。麻生さんが辞めれば次は安倍さんが責任追及される…

つづきを見る

北朝鮮が崩壊して困るのは「地上で唯一」金正恩だけ

6月12日に予定されていた米朝首脳会談は、アメリカ政府が5月24日に北朝鮮の“約束違反”を理由に会談中止を発表した。アメリカ国内の世論では、北朝鮮が“人権蹂躙国家”と認識されていることも影響しているとみていいだろう。 「首脳会談の中止が発表されましたが、アメリカ政府関係機関は米朝記念メダルを製作していました。このメダル…

つづきを見る

元プロ野球選手「公然わいせつ容疑」に集まる同情

プロ野球のオリックス・バファローズの元選手の堤裕貴容疑者が、公然わいせつの疑いで逮捕された。 堤容疑者は5月24日午後7時10分ごろ、広島県内のスーパーマーケットの駐車場に止めた自分の自動車のなかで下半身を露出していたところを買い物客に目撃され、現行犯逮捕されたという。 堤容疑者は2011年のドラフト6位でオリックスに…

つづきを見る

主役は「おかん」!? 北朝鮮の不思議な庶民生活

21世紀の秘境、飢餓と粛清と拷問がいまだにはびこる北朝鮮。各国からの経済制裁下にあっても庶民は粘り強く生きている。 「活性化する市場を支えているのは物々交換ですが、“金主(トンジュ)”と呼ばれる”赤い資本家”も誕生しており、タクシーや不動産事業などで活躍しています。アフリカの独裁国家に銅像を売るビジネスも盛んで、これで…

つづきを見る

中国とインドの国境で「資源紛争」の危機が高まる

中国とインドの国境付近で最近、金鉱脈が発見された。この鉱脈は中国の大好きなレアアースなどの戦略物資を含んでいることから、インド政府はこの事態に震撼しているという。 「国境は両国の紛争地で、昨夏73日間にわたる緊張関係が続いたあと、インドのナレンドラ・モディ首相と中国の習近平国家主席によるトップ会談で、相互に150メート…

つづきを見る

日本置き去りの「東南アジア情勢」ベトナムとロシア中心に急変化

ロシアは現在、ベトナムと濃密な関係を維持している。その理由は中国の“封じ込め”だ。 「昨年の6月29日、クレムリン宮殿を訪問したベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席とウラジミール・プーチン大統領はテレビカメラの前で抱擁を交わし、その友好関係が不変であることを内外に示しています。ベトナム中部の軍港がある都市、ダナンにア…

つづきを見る

アメリカ政府情報専門官による「金正恩最新プロファイル」

アメリカのドナルド・トランプ大統領が昨年11月に訪韓した折、青瓦台(韓国大統領府)で演説し、北朝鮮を「カルト国家だ」と断罪した。その骨子は以下の通りだ。 《北朝鮮は狂信的なカルト集団に支配された国である。この軍事的なカルト集団の中核には、朝鮮半島を支配し韓国人を奴隷として扱う家父長的な保護者として指導者が統治することが…

つづきを見る

Conflict concept

アメフト悪質タックル被害選手父「残りの人生を掛けて向き合う」

5月24日放送の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)が、日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題を取り上げ、前日に開かれた内田正人前監督と井上奨コーチの記者会見の模様を報じた。 番組では『週刊文春デジタル』が公開した当該試合後の内田前監督とみられる人物の発言を放送。これは関西学院大学に対しての回答文のなかで…

つづきを見る