社会

北朝鮮訪問強行!アントニオ猪木の「外交実績」

アントニオ猪木参議院議員が9月7日から北朝鮮を訪問している。6日午後に経由地である中国の北京に到着した猪木議員は「交流や話し合いをせず、圧力だけでは効果がない」と発言し、滞在中は朝鮮労働党幹部らと会談をする予定だという。 「もともと猪木氏は北朝鮮から9日の建国記念日に招待を受けていました。昨年も同時期に訪朝していますが…

つづきを見る

呪われた前原誠司「民進党代表就任」でまた問題

民進党の前原誠司代表による新たな体制がスタートした。 しかし、幹事長に内定していた山尾志桜里元政調会長の起用を直前に撤回し、大島敦元総務副大臣を任命する前代未聞のトラブルが発生。9月6日に発売された『週刊文春』によって、山尾議員の不倫疑惑が背景にあったことが判明した。 民進党は新たな船出を果たしたばかりだが、前原体制に…

つづきを見る

Hipster man smoking at home

「加熱式たばこ」の扱いに戸惑う飲食店

販売所では行列ができ、品切れが相次ぐ『IQOS』(フィリップモリスジャパン)。ほかにも『プルーム・テック』(JT)や『グロー』(ブリティッシュアメリカンタバコ)などがある『加熱式たばこ』は、従来のたばこと比べるとにおいが少なく、有害物質が90%カットされているため、健康のことを考えて切り替える人も多い。だが、この過熱式…

つづきを見る

民進党・山尾志桜里議員に「文春砲」炸裂

芸能界のみならず、政界にも“ゲス不倫”が吹き荒れている。昨年は元自民党衆議院議員の宮崎謙介氏が、グラビアアイドルと不倫をして議員辞職。今年に入ってからは同じく自民党の今井絵理子参議院議員が、橋本健元神戸市議と不倫疑惑を取り沙汰され「一線は超えていない」という迷言を残した。 政治家全体のモラルの問題にまで発展しているなか…

つづきを見る

北朝鮮ミサイルと「FX取引」の関係性

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、縦割り組織の“チーム金正恩”をそれぞれトップダウンで統率している。そのうちのひとつに、ミサイル発射や核実験などの軍事オプションを起こす際、マーケット経由で金やFXの取引を仕掛けるグループがあるという。“正恩直属ディーラー”の存在は本当なのか。 「ミサイル発射などは自分で仕掛けているリス…

つづきを見る

奇妙な「道交法」自転車が歩行者にベルで罰金?

一昨年の道路交通法改正により、現在は自転車についても14項目の行為が危険項目に指定されている。それにもかかわらず、自転車関連の交通事故は多い。 その危険行為14項目は以下のようなものだ。 自転車に乗って犬の散歩 スマホのながら運転 自転車の2台並走 イヤホン・ヘッドホン 夜の無灯火運転 自転車の飲酒運転 自転車の一時停…

つづきを見る

「炎上政治家」上西小百合議員が婚約相手を語る

“炎上”を武器にしてメディアへ露出を続けている上西小百合衆議院議員が、8月31日に大阪でトークライブを行った。 トークライブでは、森友学園、大阪府の話題、教育論などを展開し、森友学園問題では「大阪で起こったことは大阪で解決しなければいけない。松井知事が森友学園に対して不自然な認可をした。大阪府で百条委員会を設置して追及…

つづきを見る

かつて地球上存在した「地上の楽園」ナウル共和国の哀れな惨状

オーストラリアとハワイのあいだ、太平洋の南西部にある面積21平方キロメートル(東京都品川区ほど)しかない小島に存在する『ナウル共和国』は、かつては世界最高水準の生活を享受していた。それが一転して深刻な経済崩壊に陥ってしまっている。 「同島は1888年にドイツの植民地になったのですが、この島全体が肥料として貴重なリン鉱石…

つづきを見る

首都圏でも増加中の「遺体ホテル」

最近、遺体を安置する“遺体ホテル”が繁盛しているという。 「現在、日本では年間約130万人が亡くなるのですが、時期によっては、長いと1週間ぐらい火葬場の順番を待たなければいけないこともあります。そのあいだ、部屋が狭かったり、マンションの規約で禁止されていたり、自宅に遺体を置けない事情のある遺族が、遺体の安置室で一緒に滞…

つづきを見る

世界中でやりたい放題!中国の呆れた「ビジネス感覚」

アメリカのドナルド・トランプ政権が先ごろ“知的財産権の侵害”について中国企業の調査を開始すると中国側に圧力を掛けた。するとその2日後、中国はとんでもないことを言い出したという。 「中国側は『新幹線技術に関して、わが国の知的財産権が侵害されている』と言い出したのです。中国の新幹線は、日本、フランス、オランダ、スペインから…

つづきを見る