社会

24時間営業は善か悪か…『セブン本部VS加盟店オーナー』仁義なき戦い

人手不足や人件費上昇のあおりを受けるコンビニエンスストア業界。先ごろ、大阪府東大阪市のセブンイレブン(以下、セブン)のフランチャイズ(FC)加盟店オーナーが人手不足を理由に24時間営業から19時間(午前6時から翌朝午前1時まで)の時短営業に踏み切った。すると翌日にセブン本部から契約違反として、違約金1700万円とFC契…

つづきを見る

“大人”になった『女子高生コンクリ殺人犯』の裁判態度に罵声殺到

3月5日、かつて世間を震撼させた『女子高生コンクリート殺人事件』の犯行メンバーだった元少年・湊伸治被告が起こした傷害事件の第2回公判が、さいたま地裁にて開かれた。 もはや説明不要だが、「女子高生コンクリート殺人事件」とは1989年に起きた世紀の大犯罪。東京・足立区の少年グループが女子高生を拉致・監禁し暴行・強姦の末に殺…

つづきを見る

「偏見持ってるのお前じゃん」はあちゅう“セクシー男優”夫への発言が…

3月2日、AbemaTVにて放送された〝新婚〟観察リアリティーショー『いきなりマリッジ2』に、人気ブロガーで作家のはあちゅうがゲスト出演。内縁の夫であるAV男優・しみけんとの〝思い出のデート〟について語ったが、ネット上で「職業に対する偏見が見られる」との指摘を受けている。 現在、番組は2組の男女に密着しており、今回はそ…

つづきを見る

女子高生の間で当たり前のように流行している『パパ活』最新事情

昨年はスマホアプリを使った〝パパ活〟〝ママ活〟が大流行し、新たな男女の出会いの温床になっているとして物議を醸したが、ここに来てそれらがさらに活発化し、第二形態へと発展しているという。 特に目立つのがパパ活をしている女性の〝低年齢化〟だ。ツイッターなどのSNS上では〝#パパ活JK〟や〝#パパ活JC〟といったハッシュタグ付…

つづきを見る

教育現場の“衝撃”…「生徒と向き合う先生は職員室でイジメられる!」

今や大きな社会問題に発展している“いじめ”。最近は小学校低学年から「死」を口にする子どももおり、学校現場では教職員だけで対応することも難しくなっているという。中にはいじめ問題に忙殺され、体調を崩してしまう先生も多く、過酷な職場環境が浮き彫りになっている。 そんな中、新たな問題になっているのが、教職員同士のいじめ問題だ。…

つづきを見る

小室圭さん問題で「東宮家」雅子さまの評価が激上がり中!

眞子さまの婚約内定者・小室圭さんへの批判が止まらない。1月22日に母・佳代さんの抱える借金問題についての文書を発表して以来、さらに批判が大きくなっている。 そんな中、佳代さんについて『女性自身』(2019年2月26日号)が脱税疑惑を報じた。記事によると、佳代さんは10年9月に婚約したX氏に、生活費や小室さんの学費として…

つづきを見る

結婚まで37年!『新婚さんいらっしゃい!』で明かされた過酷な恋

2月17日に放送された『新婚さんいらっしゃい!』(ABCテレビ)に、37年越しの愛を実らせた55歳カップルが登場。感動を呼んだ。 今年、放送48年を迎えた同番組は“同一司会者(桂文枝)によるトーク番組の最長放送”として、ギネス世界記録に認定されており、今までに数多くの新婚さんが登場している。 話題になったのは、18歳の…

つづきを見る

NHKが大変身!?『視聴率』のため「教養よりバラエティー重視」

「NHKの良心」といわれている『文化・福祉番組部』が解体の危機に直面している。『ETV特集』や『こころの時代』、『ハートネットTV』など、多くの福祉・教養番組が今後、消滅する可能性もあり、ネット上ではNHKの姿勢をいぶかしむ声が広がっている。 検討されている改革案は、6月以降、制作局にある8つの部を6つのユニットに改め…

つづきを見る

アナタも逮捕される!?「スクショ違法化」の恐怖にネット大混乱

『漫画村』をはじめとする海賊版サイトが社会問題になったのは記憶に新しい。以降ネットにおける著作権を守ろうとする動きが加速したことは喜ばしいが、その反面、文化庁が現在まとめている著作権法の改正案が「危険過ぎる」として、保護される側の有名漫画家まで反対の声をあげる事態となっている。 朝日新聞の報道によると、改正案では、これ…

つづきを見る

危険!子どもの精神を崩壊させる『有害』YouTubeの罠

近年、若者世代の“テレビ離れ”が加速しているといわれているが、その傾向はさらに強くなっている。今では小学生のメイン視聴はテレビよりもYouTubeで、ヒカキンやはじめしゃちょーなどに代表されるユーチューバーは、芸能人以上の人気を誇っている。 しかし、YouTubeが子どもたちに大人気になればなるほど、その裏側では数々の…

つづきを見る