社会

日本統治下の朝鮮に蔓延した「内地密航」が表す強制連行の虚構

韓国の『対日抗争期強制動員被害者連合会』(日帝強占期被害者全国遺族連合会)という団体が、ソウルと釜山、光州に『徴用工像』を設置しようとしている。 徴用工像とは、日本の朝鮮統治時代、労働者として強制連行されたという“不幸の像”のことだ。 しかし、当時の朝鮮総督府は、1922年12月5日に『府令第153号』を出し、渡航制限…

つづきを見る

注目される眞子さまご婚約のきっかけ「意見交換会」の真相

5月16日、秋篠宮家の長女の眞子さまのご婚約が発表された。 婚約相手と報じられた小室圭氏は、眞子さまの国際基督教大学(ICU)時代の同級生で、“留学に関する意見交換会”で知り合ったことが報じられている。それに対し、SNSでは《意見交換会って合コンでしょ?w》などと、意見交換会の詳細に関する憶測が飛び交っている。 「“留…

つづきを見る

米軍「横田基地」北朝鮮のせいで返還遠のく

東京都福生市など、5市1町にまたがる在日米軍横田基地に、対北朝鮮情勢をにらんでアメリカ空軍の無人偵察機『グローバルホーク』1機が、5月1日夜に飛来した。10月末まで暫定配備され、北朝鮮の弾道ミサイルや核施設などを監視し、情報収集するのが目的だ。 「横田基地には計5機が配備される予定で、関係整備士ら約110人が駐留します…

つづきを見る

韓国が喧伝する「強制連行」歴史のねつ造劇を告発する証拠

韓国による外国公館への慰安婦像設置は、1961年に制定された国際法の『ウィーン条約22条2項』違反だが、凝りもせず、今度はソウルと釜山、光州に『徴用工像』が設置されようとしている。 徴用工像とは、日本の朝鮮統治時代、労働者として強制連行されたという“不幸の像”で、設置する計画を進めているのは『対日抗争期強制動員被害者連…

つづきを見る

一般社会にも蔓延する「ゲス不倫」の実態

今年の芸能界も、昨年に引き続き不倫が多い。 これまでにすでに、渡辺謙と元ホステス、袴田吉彦とグラビアアイドル、清水富美加と音楽バンド『KANA-BOON』の飯田祐馬、『リップスライム』のSUとモデル、お笑いトリオ『東京03』の豊本明長と濱松恵、などの不倫が報じられた。 そして、不倫が多いのは芸能界だけではない。最近は、…

つづきを見る

新韓国大統領・文在寅とはどんな人物か

5月9日に行われた韓国大統領選挙で、左派の文在寅(ムン・ジェイン)氏が当選し、新しい大統領になった。 文氏の得票率は41.08%、保守系の洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏は24.03%、中道系の安哲秀(アン・チョルス)氏は21.41%だから、後者の2候補の得票率を合わせると文氏より高い。つまり過半数を得た“圧勝”とは言えな…

つづきを見る

トランプ米大統領「金正恩と会見してもいい」発言の真意

5月1日、トランプ米大統領がインタビューのなかで、北朝鮮の金正恩労働党委員長との会見をしても構わないと表明した。ただし、“状況が適切ならば”という条件付きだ。 どのような付帯条件かは不明だが、国際社会が北朝鮮に要求しているのは、核実験の停止と弾道ミサイル発射の中止だろう。恐らくこれを受け入れてからの話ということではない…

つづきを見る

経済枯渇の金正恩「残った道」は亡命か?

北朝鮮の金正日総書記にかつて、亡命説が流れたことがある。 「金正恩朝鮮労働党委員長の父である金正日総書記は、その父の金日成主席の死去後、3年間の喪が明けた1997年4月に、ジュネーブの4億円を超える大邸宅を購入しています。当時の西側情報機関は、『金正日ファミリーの亡命先』と分析しました」(北朝鮮ウオッチャー) 王子様と…

つづきを見る

「慰安婦問題ねつ造」背景には破廉恥な妄言

韓国の従軍慰安婦問題といえば、朝日新聞報道である。この報道の元は吉田清治による著作物で、韓国だけではく、国連でも“真実”との評価が固定されている。“職業的詐話師”の戯言ととても片付けられない次元まで、事は膨大に膨れ上がっているのだ。 「故・吉田清治はノンフィクション『朝鮮人慰安婦と日本人 元下関労報動員部長の手記』(1…

つづきを見る

韓国で慰安婦問題を疑問視する声は「弾圧対象」か

ソウルと釜山の日本大使館、領事館前に設置された慰安婦像は、14歳の少女がモデルになっている。韓国の大統領候補はいずれも「撤去しない」という公約を掲げていた。要は「日本人は14歳の少女を姓奴隷にした許しがたい民族」と糾弾しているのである。 強制的に少女を連れ去ったのではない証拠に、当時日本統治下にあった朝鮮系および日本系…

つづきを見る