社会

NHK「プロフェッショナル」次回出演者逮捕の波紋

12月4日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)は、バイオリニストの樫本大進氏が取り上げられた。樫本氏は世界最高峰のオーケストラである『ベルリンフィルハーモニー管弦楽団』を束ねるコンサートマスターを8年間にわたって務めている。番組では、撮影がほぼ許されない舞台裏を独占取材し、“猛獣”とも称される名うての個性…

つづきを見る

世界記憶遺産に登録された「朝鮮通信使」の呆れた実態

10月31日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が重要な歴史文書などを認定する『世界の記憶』(世界記憶遺産)に、日本国内12都府県と韓国にある江戸時代の外交資料『朝鮮通信使に関する記録』を選んだ。群馬県の古代石碑群『上野三碑(こうずけさんぴ)』も登録される。 「『朝鮮通信使』は、朝鮮国王が日本の徳川将軍家に派遣した使節団…

つづきを見る

売れない便乗商品「忖度弁当」インスタ映えに挑戦する者も

今年の流行語大賞に輝いた『忖度』。“相手の気持ちを推し量ること”を意味するが、その流行語を商品名にした弁当がファミリーマートから発売され話題になっている。 「『忖度』と人気アニメ『けものフレンズ』が流行語大賞にノミネートされたときに、どちらを商品化するかツイッターでアンケートが実施され、その結果『忖度御膳』が発売される…

つづきを見る

スマートフォンは人間の「手の形」を変えるかもしれない

現代人はもはや手放せないスマートフォン。それが、人間の手の形を変える可能性がある――。 最新の研究により、グロテスクな予測がもたらされた。人間がスマホを効果的に操作するためには、次の画像のような手と指に変形する必然性があるというのだ。 ある科学研究家は「いまやスマホは電話ではなく、銀行口座であり、クレジットカードでもあ…

つづきを見る

日本唯一にして最大の雑誌図書館「大宅文庫」存亡の危機

『公益財団法人 大宅壮一文庫』、通称『大宅文庫』は、マスコミ関係者以外にはあまり知られていないが、日本唯一にして最大の“雑誌図書館”だ。東京都世田谷区八幡山に雑誌中心の本館があり、書籍3万冊は埼玉県の越生分館に所蔵されている。 どちらも自由に閲覧できるが、有料であり、目的もなくのんびりと昔の雑誌を覗いてみるというわけに…

つづきを見る

新バージョン発表に失望「ニコ動」オワコン化に拍車

11月28日にドワンゴが動画サービス『niconico』の新バージョン『く(クレッシェンド)』を東京都内の会場で発表した。ところが、ユーザーの期待に応えるものではなかったようで、会場は大きな失望感に包まれた。 発表の様子を配信していた画面には《いいかげんにしろ!》、《もうプレミアム会員辞めるわ》、《これのどこが新バージ…

つづきを見る

中国海洋覇権のターゲット「南シナ海」の次はリゾート地

南シナ海を支配下に入れた中国の次のターゲットは、インド洋と東アフリカの島嶼(とうしょ)国家に定まった。南インド洋に群礁を広く点在させるモルディブ共和国や、絶海の孤島から成るセーシェル共和国、そしてモーリシャス共和国などが挙げられるがが、これらの国はいずれも天然資源に恵まれないことから、観光と金融で活路を見いだしていると…

つづきを見る

中国人民解放軍は近い将来「ターミネーター軍団」になる!?

高性能ロボットを多数発表しているアメリカの企業『ボストン・ダイナミクス』が、驚くべき動画を公開した。2足歩行人型ロボット『アトラス』がバク転を披露したのだ。もはやロボットとは思えない身体能力を備えていることに、多くの人が驚きを隠せないでいる。 「2016年に公開されたアトラスは、悪路でも転ばない抜群のバランス感覚に加え…

つづきを見る

12月新制度「美容医療クーリングオフ可」で男性も利用者増加か

最近、アンダーヘアーの処理をする男性が増えているといわれる。当初、女性のあいだで流行したものが、男性にも広がっているようだ。 「デリケートゾーンの脱毛で、一部を残すのが『VIO脱毛』で、すべてを処理するのが『ハイジニーナ脱毛』といわれます。アンダーヘアをすべて処理した男性には“ハイジ男子”という呼称も出始めました。女性…

つづきを見る

自民党「書籍750万円分」購入発覚!著者と安倍首相の関係は…

朝日新聞が抗議文書を送った書籍『徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(小川榮太郎著・飛鳥新社刊)を、自民党が大量に購入していたことが分かった。11月24日発売の写真週刊誌『フライデー』によると、17日ごろ自民党所属の国会議員のもとに1冊、自民党の各都道府県連支部に100冊ずつ送られてきたとい…

つづきを見る