社会

くじイメージ

当選金額増加傾向なのに「宝くじ」の売り上げが減り続けている

『宝くじ』がの売り上げが減ってきているという。総務省の発表によると、昨年度の宝くじの総売り上げは18年ぶりに9000億円を割ったそうだ。 「2015年度は、『年末ジャンボ宝くじ』で1等前後賞合わせて当選金額を10億円に引き上げた結果、宝くじの発売実績が9154億円と増加しましたが、2016年度は減少に転じ、18年ぶりに…

つづきを見る

豊田真由子氏の「実力」を恐れる自民党

連日「どこの政党から誰が出馬するのか?」という話題で持ち切りの衆議院総選挙だが、ひっそりと無所属で出馬を表明した御仁がいる。「このハゲー!」で一躍全国区になった豊田真由子氏だ。 豊田氏は10月3日に出馬会見を行い、「議員として市民のために働きたい。(支援者の)励ましの声にお応えする義務がある」と述べた。 選挙区は過去2…

つづきを見る

都民ファ離党のふたりが我慢ならない「言論封殺」

小池百合子東京都知事が事実上率いている都議会第1党の地域政党『都民ファーストの会』所属の音喜多駿都議と上田令子都議のふたりが、近く同党へ離党届を提出する方向で調整している。 「音喜多都議は昨年7月の都知事選挙から小池知事を支援し、群れに一番に飛び込む忠実な“ファーストペンギン”と揶揄されていました。テレビをはじめとする…

つづきを見る

都職員の評価「小池都知事は舛添以下」都政誌が糾弾

新政党『希望の党』を立ち上げ、代表に就任した小池百合子東京都知事。野党第一党の民進党を実質的な解党へ追い込み、自身の衆議院総選挙への出馬は“完全否定”しているものの、いまだに誰も信じないほど選挙戦で台風の目になっている。 そんななか、長年都政の移り変わりを報じてきた東京の自治体専門紙である『都政新報』が、小池都政の1年…

つづきを見る

小池百合子「希望の党」代表のシナリオ通りに進む衆院選

小池百合子東京都知事の“排除の論理”をすり抜け、希望の党に流れ込む民進党の同僚議員をよそに、枝野幸男氏が新たに『立憲民主党』を設立した。これで民進党の分裂が事実上で決まり、希望の党へ「全員の移籍を目指す」と発言した前原誠司代表の意気込みはまやかしになった。 枝野氏は共産党や社民党との共闘に活路を見いだす構えだが、野党候…

つづきを見る

「北朝鮮の完全破壊」を支持するトランプ支持者たち

11月に予定されているアメリカのドナルド・トランプ大統領訪中を前に、米中の動きが慌ただしい。9月に訪中を予定していたじゃレッド・クシュナーとイヴァンカ・トランプの夫妻は、突如北京入りをキャンセルした。イヴァンカにある疑惑が浮上したからだ。 「イヴァンカブランドのハンドバックや靴、衣類などは中国で生産されていますが、製造…

つづきを見る

解散総選挙「安倍内閣退陣」の可能性は?

9月28日の臨時国会冒頭に安倍晋三首相は衆議院を解散し、事実上の選挙戦が始まった。今後の日程は、10月10日に公示、同22日で投開票が行われる。小池百合子東京都知事が新たな政党『希望の党』を結党し、その直後に民進党の一部が合流する流れを見せ、一気に“政権選択選挙”へ突き進んでいる。総選挙を展望する前に、基本的なことを確…

つづきを見る

フランス人には理解不能な日本の「不倫バッシング」

フランスの人々は、日本で著名人の不倫が騒動になることについてびっくりしているようだ。フランスでは、有名人の不倫などはメディアもゴミ扱いにする。さすがに大統領やアラン・ドロンのような国民的スター、スーパーセレブともなればティータイムの話題くらいにはなるが、それもプライベートなことが暴露されたことを憐れんでのことだという。…

つづきを見る

南洋の国「パラオ」に中国の魔の手が押し寄せる

赤道に近い太平洋上のミクロネシア地域に位置し、大小500以上の島を抱える国『パラオ』が中国に席巻されようとしている。 「パラオは人口は約2万人強で、第1次世界大戦中に日本が占領し、1920年(大正9年)に日本の委任統治領となったのですが、第2次世界大戦後にアメリカの統治下に入り、1994年に共和国として独立しました。日…

つづきを見る

民進党「事実上の解党」にベテラン議員あぜん

小池百合子・希望の党代表と事実上、合流して候補者が希望の党から出馬する予定の民進党は、もはや選挙後に解党する危機すら漂っている。 「前原代表は、『名を捨てて実をとる』などと言っているが、小池代表は安保法制に否定的な候補者を容認しない考えを示し、党内選抜を始めている。つまり民進党の候補者の“生殺与奪”を握っているのが小池…

つづきを見る