社会

今井絵里子議員「政治評論家」へ転職か

自民党の今井絵理子参議院議員が近く議員辞職し、芸能界復帰を画策しているという。 「今井とホテルでの不倫疑惑を報じられた相手の橋本健元神戸市議は、刑事事件に発展しそうな不正を働き、今井自身もビール券をばらまいて公職選挙法199条の2の違反を追及されています。着々と議員辞職の時は迫っているでしょう」(政界ライター) 今井議…

つづきを見る

店舗減少「クリスピー・クリーム」の反撃作戦

かつては“行列ができるドーナツ店”として人気があった『クリスピー・クリーム・ドーナツ』。最近は閉店が多く、店舗を見かけなくなってきたが、大丈夫なのだろうか。 「一昨年から今年にかけて全64店舗中、18店舗が閉店しました。10年前の2006年に日本へ上陸し、第1号店の新宿サザンテラス店の行列はテレビや雑誌などでおなじみで…

つづきを見る

眞子さま「結婚=皇籍離脱」にイギリス人驚愕

先ごろ開かれた秋篠宮家長女の眞子さまと大学時代の同級生である小室圭さんの婚約内定会見は、エリザベス女王を君主とする王室の伝統が長いイギリスでも注目された。もともとイギリス国民は日本の皇室への関心が高く、英国に留学経験のある眞子さまのファンも少なくない。公共放送局のBBC(英国放送協会)や、大手新聞各紙の電子版は、会見の…

つづきを見る

小池百合子都知事「屋内禁煙条例」への賛否

小池百合子東京都知事が9月8日の定例会見で、飲食店など建物のなかを“原則禁煙”にする罰則付きの条例を制定する方針を明らかした。 学校や医療機関は敷地内を禁煙とし、官公庁や福祉施設などは屋内を全面的に禁煙に、飲食店では規模の小さなバーなど以外は、喫煙室を除いて屋内禁煙とするという。違反した喫煙者や施設の管理者には5万円以…

つづきを見る

「働き方改革」で企業が陥る落とし穴

広告代理店最大手、電通の社員自殺事件を契機に、国を挙げて“働き方改革”が行われている。 労働基準監督署(労基署)の業務は、労働者からの情報提供によって違法残業している事業所を特定していくことだ。2015年に労基署が全国で立ち入り検査した事業所は15万5428件に達し、その約7割で違反が発覚、1348社が総額99億942…

つづきを見る

補選直前に醜聞発覚した自民党「麻生派」

10月22日に衆議院議員の補欠選挙が実施される。今回の補選は全て自民党議員の死去に伴う補選なので、余程のことがなければ自民党が勝つだろうと思われる。しかし、そのなかの愛媛3区は少し様相が違っているようだ。 「愛媛3区は自民党麻生派に所属していた白石徹衆院議員の急死によって開かれる補選で、公認候補は白石氏の次男で秘書の寛…

つづきを見る

北朝鮮を常時監視するサイト「38ノース」とは

緊迫が続く北朝鮮情勢。いつ次のミサイルが発射されるのか? さらなる核実験はあるのか? そんな北朝鮮の動向を常時監視している謎のメディア『38ノース』が話題になっている。 「38ノースは、アメリカのジョンズ・ホプキンス大にあるシンクタンク『米韓研究所』が運営する北朝鮮分析サイトです。これまでに衛星画像分析に基づいたミサイ…

つづきを見る

山尾志桜里議員「不倫情報」をリークした人物

『週刊文春』誌上で妻子ある男性弁護士との不倫疑惑を報道され、民進党を離党した山尾志桜里衆議院議員。その陰に隠れて安堵しているのが、同じく不倫で騒がれた今井絵理子参議院議員と橋本健元神戸市議だ。 「今井陣営は『ようやく世間のターゲットが変わった』と胸をなで下ろしています。神様、仏様、山尾様という感じです」(全国紙政治部民…

つづきを見る

今井絵理子衆院議員に新たなスキャンダル発覚か

印刷業者に架空発注し、政務活動費を騙し取った疑惑が発覚して先ごろ神戸市議を辞職した橋本健氏が、所属していた自民党会派の聞き取り調査に対し、不正を「全て認める」と回答した。 自民党の今井絵理子参議院議員との不倫交際報道では「一線を越えていない」と言っていたが、公金の不正使用については「やっていない」という言葉を覆した。 …

つづきを見る

「辞職しません」豊田真由子議員に地元も困惑気味

秘書に対する「このハゲー!」などのハラスメント発言が発端になり、自民党を離党した豊田真由子衆議院議員が、議員辞職しない意向を固めた。9月8日発売の月刊誌『文芸春秋』の記事中で《引き続き、必死で働き続けることで償っていきたい》と明言している。 記事によると、豊田氏は一連の暴言や暴行について「本当に申し訳ない」としつつ、詳…

つづきを見る