いじめ

露骨な差別!? NGT48支配人が“疑惑メンバー”優遇し山口派は無視!

7月20日、『NGT48』専用劇場の支配人を務める早川麻依子氏が、メンバーである太野彩香の誕生日を祝う動画をツイッターに投稿した。 同氏がアップしたのは、太野がレッスン場でメンバーからサプライズでの祝福を受ける様子。「ハッピーバースデートゥーユー~♪」の大合唱とともに太野の大好物だというチーズケーキが運ばれ、拍手に包ま…

つづきを見る

マツコ&有吉が久保田アナいじめに“弁解”も「加害者の常套句」と批判

7月17日放送の『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)にて、有吉弘行とマツコ・デラックスが、以前から指摘されている〝ある説〟について直々に反論した。 番組はこの日もいつものように、視聴者からのメールをもとに有吉とマツコがトークを展開。すると、1通目のメールのトーク中、有吉が「久保田さんに何か言うとさぁ、『マツコと…

つづきを見る

宇垣美里『民度が低い』発言の深~い意味…TBSの“闇”に触れたか!?

元TBSの局アナで4月にフリーになった宇垣美里が大ピンチだ。 宇垣は7月12日、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。過去のTBS担当番組『あさチャン!』を降板させられた経緯について、内々の話が外部に漏れたと発言した。 「いわゆる〝コーヒーぶちまけ事件〟について『投げていない』と明言。降板を告げられたプロデューサ…

つづきを見る

後輩イジメも… 『SKE48』松井珠理奈の“恐怖政治”に戦々恐々

『SKE48』で帝国を築き、絶対王政を敷いているといわれている松井珠理奈。今までは「アンチの戯言」と、この手のウワサも一蹴されていたが、もはやその〝恐怖政治〟は世間に露呈。隠せないところまで来ているようだ。 「まず『SKE48』で問題となっているのは、珠理奈以外のセンター経験者が次々に辞めていることですね。これは、珠理…

つづきを見る

『SKE48』にイジメ疑惑⁉ 松井珠理奈のライバルが続々卒業…

『AKB48』をはじめとする「48グループ」から卒業ラッシュが起こっている。6月30日から7月4日までの5日間で、何と7名が卒業。これに対し、ネット上では、 《背景に例のNGT問題があるのは間違いないだろう》 《負の連鎖はまだまだ続くのかなあ》 など、さまざまな反響が起こっているが、注目すべきは『SKE48』だという。…

つづきを見る

イジメ疑惑も…『日向坂46』エースが突然卒業! 改名時の涙の意味とは

絶賛人気急上昇中のアイドルグループ『日向坂46』から、突如エース級のメンバー・柿崎芽実が卒業を発表したことが物議を醸している。 6月21日、柿崎はグループの公式ブログを更新し、 《突然になってしまい申し訳ないのですが 1stシングルの活動をもちまして、私は日向坂46を卒業します》 などと報告した。 柿崎がつづっているよ…

つづきを見る

『NGT山口真帆事件』は氷山の一角!アイドルグループ内“イジメ疑惑”の数々

今年の前半に世間を大きく騒がせた芸能ニュースといえば、元『NGT48』山口真帆の暴行事件だ。背景にはグループ内でのイジメがあるとウワサされ、メンバー間の確執は明らかだった。山口はその後、大手芸能事務所所属となり〝腐った泥船〟から脱出することに成功。世間から祝福の声が上がったが、アイドルグループ内でのイジメは『NGT48…

つづきを見る

「いい人!」山里亮太にも…クズ芸人たち過去の“陰湿イジメ”ドン引き話

人気女優の蒼井優との結婚を発表し、一躍評価が見直されることになった『南海キャンディーズ』山里亮太。特に山里の人柄を褒める声が多く、ネット上には〝頭も性格もいい〟〝人を不快にさせない〟〝優しいし面白い〟〝お金持ってる〟などといった声が上がっている。 しかし、少し前には、恋のキューピットである相方のしずちゃんをイジメていた…

つづきを見る

『NGT48』だけじゃない…安室奈美恵も食らった“グループ内確執”の恐怖!

元『NGT48』山口真帆の暴行事件をきっかけに、徐々に明るみとなったグループ内での確執やイジメ。華々しい女性アイドルグループが、見えないところでドロドロの争いを繰り広げていることに驚きや呆れ声が続出した。 しかし、女性グループ内での陰湿な争いは、以前から繰り広げられてきたことでもある。 昨年9月に引退した安室奈美恵は、…

つづきを見る

『NGT48』レベルなのに…『欅坂46』の“報道されない”イジメ問題

暴行被害を受けた元『NGT48』山口真帆が無事、グループを〝脱出〟して大手芸能事務所入りし、ようやく騒動が鎮火してきた感のある『NGT事件』。同事件を巡っては、グループ内でのイジメ疑惑が特に話題となり、元グループリーダーの加藤美南が〝インスタ誤爆〟をやらかし、山口へのイジメがあったことがほぼ決定的となった。 これにネッ…

つづきを見る