キングダム

小島瑠璃子“中国進出”ほぼ確定?「情けない」「中途半端」厳しい声も…

〝こじるり〟ことタレント・小島瑠璃子の〝中国進出〟が現実味を帯びてきたと話題になっている。 小島は、昨年7月に人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏と略奪愛報道が出て以来、メディア露出が激減。そして、今年7月に破局が報じられた。 「小島は2020年初めごろから、中国への移住計画を明かしており、実際に物件の内覧もしていま…

つづきを見る

小島瑠璃子の“破局トーク”に批判殺到「子どもがかわいそう」「誰も得しない」

タレントの小島瑠璃子が、7月27日深夜放送の『霜降りミキXIT』(TBS系)に出演。収録時においては初めてとなる、漫画『キングダム』作者・原泰久氏との破局を公言した。 すでに各メディアで話題となっている小島の破局だが、番組収録時はまだ公になっていない状態。小島はトーク内で「キングダムの人とは結婚するんですか?」と聞かれ…

つづきを見る

小島瑠璃子“フラれた”腹いせ!? ヤケクソの暴露に「負け犬の遠吠え」

大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏と交際していたタレントの小島瑠璃子。6月28日に2人の破局が報じられ、さらに7月6日深夜放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)では小島の口からも破局について語られた。しかも小島が〝暴露トーク〟を展開し、視聴者からさまざまな憶測が飛び交っている。 この日の放送は番組MC・長谷川京…

つづきを見る

小島瑠璃子“好感度”回復は絶望的? 破局も略奪愛イメージ消えず…

タレント・小島瑠璃子が、人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏と〝破局〟したと報じられ、話題になっている。 破局の原因は福岡を拠点とする原氏との遠距離恋愛による〝すれ違い〟だという。周囲の話では、コロナ禍の中でお互いに会う機会が激減し、19歳という年齢差からくる価値観の違いなどもあり、お互いに別れを選択したようだ。 「…

つづきを見る

小島瑠璃子が“一般人”ディス? 週刊誌報道を振り返るも「人を見下してる」

タレントの〝こじるり〟こと小島瑠璃子が12月26日、『さまぁ~ず三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!』(ニッポン放送)に出演。今年あった自身の週刊誌報道を振り返ってコメントしたところ、その内容が「謎の上から目線」などと大ヒンシュクを買ってしまったようだ。 番組では、今年最後の放送ということで、小島と『さまぁ~ず』…

つづきを見る

小島瑠璃子は今や“国民的嫌われ者”?「第二のベッキー」TV出演に嫌悪感!

〝高好感度タレント〟の代表格であった「こじるり」こと小島瑠璃子が、猛烈なスピードで世間から嫌われ始めている。 「ワイドショー番組はノータッチですが、小島は8月3日発売の『週刊ポスト』で、実写映画も大ヒットした人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との熱愛が発覚。その後は『週刊文春』が後追い記事を掲載し、原氏・小島・元妻…

つづきを見る

小島瑠璃子の“疑惑”に拍車!『キングダム』作者の離婚報告に嫌悪の声

タレントの小島瑠璃子との交際が発覚した人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏が9月3日、自身のツイッターを更新。今年3月に離婚していたことを報告した。 原氏は、《このたびは私事で読者の皆様、関係者の皆様、お騒がせしてしまい大変申し訳ありませんでした。一部週刊誌にありましたように、私は今年3月に離婚致しました》と、謝罪し…

つづきを見る

小島瑠璃子“筋トレ批判”の真相マジか!? あまりにもコワ過ぎる…

実写化もした大人気漫画『キングダム』作者との不倫疑惑で揺れているタレント・小島瑠璃子に、新たな疑惑が浮上した。かつて炎上した〝筋トレ民あおり〟の背景に、同氏を巡る泥沼の嫉妬関係があったというのだ。 「こじるり」の愛称や明るいキャラクターから来る高い好感度で、CM契約を多く抱えていた小島。しかし今月初旬、『週刊ポスト』で…

つづきを見る

『キングダム』作者に“新たなオンナ”発覚!?「こじるり三日天下ワロタw」

タレントの小島瑠璃子との熱愛が発覚した人気漫画『キングダム』作者の原泰久氏に、新たな〝彼女〟がいたことを、8月27日発売の『週刊文春』が報じている。 同誌記事によると、『週刊ポスト』が小島と原氏の熱愛を報じた7月31日の直後、元アイドルのAさんが、《もう芸能人じゃないから、書く。許せないことがあった。5日間ご飯食べられ…

つづきを見る

小島瑠璃子の恋人ニオわせ話に「あざとい」「キングダムほのめかし?」

タレントの小島瑠璃子が、8月19日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演。番組中のトークで、『キングダム』作者・原泰久氏との交際をニオわせる発言があったとして、視聴者の間で話題になっている。 番組では途中、出演者に不思議な体験をしたことがあるか聞いた。小島はロケで中国を訪れた際のエピソードを披露。死者とと…

つづきを見る