炎上

お笑い第7世代の“メッキ”が剥がれまくり…好感度を急落させたエピソード

バラエティー番組だけでなくCMなど、メディアに引っ張りだこの〝お笑い第7世代〟。人気を獲得する一方、視聴者から反感を買ってしまうエピソードもいくつかあるようだ。 7月3日放送の『THE MUSIC DAY 音楽は止まらない』(日本テレビ系)に、大人気お笑いコンビ『EXIT』兼近大樹、りんたろー。が出演。アーティストとし…

つづきを見る

『めざまし8』繰り返す炎上… 谷原章介の“不謹慎すぎる言動”3選

長寿番組『とくダネ!』の後番組として華々しく始まった、朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)。同番組でMCを務める谷原章介の〝言動〟が近頃、大きな物議を醸している。 日々さまざまな事件やニュースを伝える同番組だが、6月9日の放送で取り上げた『よゐこ』濱口優と南明奈夫妻の第1子が死産したことについて、谷原が「自然な流…

つづきを見る

“小山田擁護”ジャーナリストが手のひら返し! 過去ツイートが発掘されて炎上

ジャーナリストの津田大介氏が、過去に小山田圭吾のいじめを擁護していたことが発覚。ネット上で物議を醸している。 津田氏は毎年、福島県いわき市で『LIVE FUKUSHIMA』というイベントをプロデュースしているが、2016年のイベントに小山田を招くなど交流を深めていた。もちろん、そのこと自体はなんの問題もないが、あろうこ…

つづきを見る

児童作家・のぶみ“五輪起用”で炎上!「なぜピンポイントで地雷を踏むの?」

東京オリンピック・パラリンピック文化プログラム『MAZEKOZEアイランドツアー』に参加予定だった児童文学作家・のぶみが、自ら出演を辞退したことが発表された。ネット上では、これまで数々の〝炎上〟を繰り返してきたのぶみをそもそもなぜ起用したのかと、批判の声があがっている。 同ツアーは、多様な人々の存在を知り、理解し、お互…

つづきを見る

『めざまし8』“名古屋県”発言で炎上! 愛知県民が激怒「黙ってられねぇ」

たびたび炎上騒ぎを起こす朝の情報番組として、一部界隈で人気を博している『めざまし8』(フジテレビ系)。今や粗探しのためだけに番組を見ている人も多いという…。7月20日の放送でも些細なトラブルが起こったのだが、案の定視聴者からツッコミの声が寄せられている。 この日の番組では、東京五輪のウガンダ代表が失踪した騒動について報…

つづきを見る

小山田圭吾は女性関係も難アリ? 小沢健二との確執が生まれた原因とは…

過去のいじめ問題で絶賛炎上中の小山田圭吾に、今度は泥沼の〝女性関係〟が発覚し、ネット上をザワつかせている。 小中高時代と長きにわたって同級生や障害を持った人たちをいじめ続けてきた小山田。その内容は筆舌に尽くし難く、もはや犯罪とまで言われるほど酷いものだった。しかし一方で、その女性関係もかなり常識外れだったようだ。 小山…

つづきを見る

小山田圭吾の“後任”は誰? 辞任発表で広がる憶測

東京五輪の開会式で音楽を手がけていたミュージシャン・小山田圭吾の辞任が発表され、ネット上では〝後任〟を予想する声が広がっている。 小山田は7月19日、自身のSNSを更新。今回の〝いじめ騒動〟について、《この度の東京2020オリンピック・パラリンピック大会における私の楽曲参加につきまして、私がご依頼をお受けしたことは、様…

つづきを見る

芥川賞受賞の台湾出身作家が炎上! 日本政府批判にガッカリ声「センスない」

7月14日に発表された『第165回芥川賞』を受賞した台湾出身の作家・李琴峰氏が炎上している。 李氏は1989年12月26日台湾生まれ。中国語を第一言語としながら、15歳より日本語を学習。2013年、台湾大学卒業後に来日し、早稲田大学大学院日本語教育研究科修士課程を修了すると、16年に民間企業に就職。現在は独立起業し、作…

つづきを見る

小山田圭吾の“息子”も大炎上! 大荒れツイッターが波紋「子を叩くのは当然」

オリンピック直前に大炎上した、ミュージシャン・小山田圭吾による過去の〝いじめ自慢〟騒動。開会式の楽曲担当を辞任後も延焼は今なお収まらず、小山田の息子である小山田米呂にまで飛び火している。 周知の通り、小山田は7月15日に発表されたオリンピック開閉会式のクリエイティブチームに名を連ねていたところ、どこからともなく過去の雑…

つづきを見る

古市憲寿“小山田圭吾を擁護”で炎上! 言い訳がムロツヨシレベル

社会学者でタレントの古市憲寿のツイートが、ネット上で大きな物議を醸している。 古市は7月17日に日付が変わってすぐ、《「謝ればいいってものじゃない」って怒るひとは、どうせ謝らなくても怒るひとなので、結果的に「謝らないで無視する」が最適解になってしまう。個人的には謝罪や許しよりも、忘れることが大事だと思っている。忘却がな…

つづきを見る