視聴率

『ストロベリーナイト・サーガ』低迷は“リアル”に欠ける亀梨和也のせい!?

ジャニーズの亀梨和也と女優・二階堂ふみのダブル主演ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』が視聴率の不振にあえいでいる。5月16日放送の第6話までの平均視聴率は6.9%と低迷。初回の7.8%以降はすべて6%台で、途中打ち切りの可能性さえ浮上しているようだ。 「2人の実年齢は二階堂が9歳年下で、ドラマでも亀梨は年下上司の二階…

つづきを見る

“激ヤセ”加藤綾子の『Live News it』が上昇!ファンが心配?

〝カトパン〟こと加藤綾子がMCを務めるフジテレビの夕方ニュース『Live News it』が、ようやく上昇の気配を見せ始めている。 「最近、一部の週刊誌がカトパンの〝激ヤセ〟ぶりを記事にしたのです。すると、ファンも心配したのか、そのニュースのネット配信記事のアクセス数が急上昇。他の芸能サイトも彼女のことを記事にし始めた…

つづきを見る

福山雅治『集団左遷!!』今さらの“ミスキャスト”評噴出で俳優廃業危機

現在放送中のTBS日曜劇場『集団左遷!!』に、今さらながら「ミスキャストだ」の声が噴出している。同ドラマは福山雅治が主演。5月12日放送の第4話までの平均視聴率は10.8%で、これをいいと見るか悪いと見るかは微妙だ。 「日曜劇場は、あの『半沢直樹』(全話平均視聴率28.7%)を生んだドラマの名門枠。直近の10作で平均視…

つづきを見る

『ポツンと一軒家』に視聴率惨敗したことを喜ぶ『イッテQ!』出演者とは

視聴率が取りにくくなった現代で、20%の大台を記録するなどバラエティー番組界の頂点に君臨していた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。しかし、今ではライバルに大差をつけられて負けることもあるようだ。 現在『イッテQ!』の裏では『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が放送され、視聴率を争っている状態。『ポツンと』が『…

つづきを見る

あの名セリフが蘇る!? 大ヒット『平成』民放ドラマ視聴率ベスト10

いよいよ新元号『令和』を迎えようとしているが、『平成』時代のドラマシーンを振り返ると、さまざまな名作ドラマが生まれていたことが分かる。 近年は視聴率が二桁に乗ればまずまず、15%を超えれば大成功と、全体的にドラマの低視聴率ぶりが目立っているが、過去にはこんな大ヒット作があったのを覚えているだろうか。   《平成・民放連…

つづきを見る

加藤綾子『Live News it!』惨敗スタート「起用の意味ある?」

4月1日より新たにスタートしたフジテレビの夕方ニュース『Live News it!』の視聴率が驚くほどひどい。「惨敗」と書くメディアもあったほどだ。同番組は〝カトパン〟こと加藤綾子がキャスターに就くということで、大きな注目を集めていた。 初回は午後3時50分に始まった(通常は月~金曜の後4時50分スタート)。この日の視…

つづきを見る

NHK朝ドラ感謝祭『半分、青い。』謎の高評価に疑問の声が続出!

昨年10月1日から放送されていたNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』が、3月30日に最終回を迎えた。期間平均視聴率は前作『半分、青い。』の21.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を上回る21.4%を記録したが、これに疑問の声が続出している。 「『まんぷく』は、『半分、青い。』に比べると評判がものすごく高い。天…

つづきを見る

『サザエさん』視聴率ナゾの爆上がり! この4年で最高数字の理由

時代錯誤の設定などから、一部で〝オワコン〟と囁かれていた国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)。しかしこのところ、視聴率が謎の爆上がりをしているという。 今年の1月6日から3月24日にかけての視聴率は、下記のように推移した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。  13.6、12.3%、13.9%、14.6%、15.4%…

つづきを見る

『イッテQ!』を追い詰めた『ポツンと一軒家』の行く先に暗雲?

去る2月10日放送の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が、平均視聴率で15.2%を獲得した。これは特番を除き、過去最高の数字だという。 同番組はタレントの所ジョージが司会、予備校講師の林修先生がパネリストを務め、日本各地の人里離れた場所にポツンと存在する一軒家を紹介するというコンセプトが人気になっている。 この時間帯は…

つづきを見る

米倉涼子『リーガルV』秋ドラマ堂々1位でも「失敗」打ち切り!?

10月スタートの秋ドラマで堂々視聴率トップに輝いた米倉涼子主演のテレビ朝日『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』だが、それでも“不出来”だったという。 全話の平均視聴率は15.7%。今やドラマは二桁の10%が合格点といわれる時代にあって、素晴らしい数字であることには違いない。しかし、不満の声も続出なのだというのだ。 「…

つづきを見る