視聴率

『ラヴィット』視聴率が爆上がり!? “五輪非難民”から高評価「好感持てる」

低視聴率を連発して話題になっていた、『麒麟』川島明がMCを務める朝のバラエティー番組『ラヴィット!』(TBS系)。他局の情報番組がオリンピック一色になる中で、頑なにニュースを流さないため、近頃はオリンピックに興味がない人たちのオアシス的存在として注目を集めているようだ。 7月26日の放送では、「大人気テーマパーク徹底攻…

つづきを見る

TBSラブコメ枠で川口春奈・二階堂ふみ“連続爆死”…「物語が雑」「黒歴史に」

7月20日、二階堂ふみ主演のドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)の第2話が放送。視聴率不振が話題となっている。 第1話の世帯平均視聴率が7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)であった同作だが、第2話は微減の7.8%。昨今の視聴率事情を見ると、取り立てて低いというわけでもないように見えるのだが…。 「放送…

つづきを見る

比嘉愛未『推しの王子様』初回6.0%! 視聴者の注目は降板した深田恭子に…

俳優の比嘉愛未が主演を務めるドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)が、7月15日にスタート。初回の世帯平均視聴率が6.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが分かった。 同ドラマは、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の代表取締役社長・日高泉美(比嘉)が、自分の理想の推しにそっくりの男性・五十嵐航(渡邊圭祐)に出…

つづきを見る

二階堂ふみ『プロミス・シンデレラ』初回7.9%で爆死「時代錯誤も甚だしい」

俳優・二階堂ふみ主演の連続ドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)第1話が7月13日に放送。平均世帯視聴率が7.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことがわかった。 同ドラマは、漫画家・橘オレコ氏による同名人気漫画が原作。夫から離婚を告げられ崖っぷちのバツイチ・アラサー女・桂木早梅(二階堂)と、性格の悪…

つづきを見る

中川大志『ボク恋』初回5.7%で大爆死! 離脱者続出「完全スルーします」

俳優・中川大志が主演の連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)第1話が7月4日に放送。世帯平均視聴率は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。 同ドラマは、殺し屋・男虎柊(中川)を中心に物語を展開。柊は5歳で両親を亡くし、父親の親友・男虎丈一郎(藤木直人)に育てられたが、ある日、…

つづきを見る

『オモウマい店』高視聴率連発の理由とは!? スタッフの頑張りに称賛

4月から新番組として放送開始するも、いきなりスタートダッシュに失敗する各局の新バラエティー番組たち。そんな中、名古屋支局である中京テレビが制作する『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本テレビ系)が、出だし好調の〝一人勝ち〟を収めている。 『火曜サプライズ』(同系)の跡を継いで始まった同番組は、「サプライズ」同…

つづきを見る

『イッテQ!』視聴率不振で大ピンチ! 不祥事の連続で打ち切りコースも?

全日、ゴールデン、プライムと「視聴率三冠」の日本テレビが、6月の月間個人視聴率でも15カ月連続となる王座を獲得し、相変わらず好調を堅持している。しかし、これに反比例するように、とある看板番組が視聴率低下に苦戦中だ。 「『世界の果てまでイッテQ!』です。同番組は長年にわたる人気ファミリー番組であり、以前は視聴率15~20…

つづきを見る

松本人志の“視聴率論”が物議!「視聴者には関係ない」の突き放し発言に違和感

『ダウンタウン』松本人志が、最近物言いを始めた視聴率論。これがネット上で物議を醸している。 発端となったのは、松本が久々に新作コントを書き下ろした6月12日放送のコント特番『キングオブコントの会』(TBS系)の視聴率が話題になったこと。世帯視聴率6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だった同番組に対して、松本…

つづきを見る

波瑠『ナイト・ドクター』酷評相次ぐ…不自然な“タメ口”に「萎えた」

俳優・波瑠が主演を務める連続ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の第1話が6月21日に放送。世帯平均視聴率が13.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことがわかった。 同ドラマは崩壊寸前の救急医療を立て直すべく、〝昼夜完全交代制〟を導入した病院を舞台に奮闘する、チーム「ナイト・ドクター」の物語。第1…

つづきを見る

低視聴率ほど面白い? 逆転現象が起こった2021年春ドラマ3選

今年の春ドラマの多くが終わりを迎えているが、あるおかしな現象が起こっている。視聴率の低いドラマほど、視聴者から絶賛の声が相次いでいるのだ。 松たか子主演の『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)はその一つ。初回は7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で、その後は5~6%台でずっと低迷していた。しかし視聴者…

つづきを見る