週刊少年ジャンプ

『呪術廻戦』コラボTシャツ大不評!“ユニクロ=オシャレ”は大間違いだった

6月4日に『ユニクロ』のグラフィックTシャツブランド『UT』から、人気漫画『呪術廻戦』のコラボTシャツが発売される。公式サイトでデザインが公開されているのだが、ネット上では「ダサすぎる」と不評のようだ。 今回のコラボ第1弾で発売されるのは、作中の印象的なシーンや名セリフなどをプリントしたグラフィックTシャツ。例えば、同…

つづきを見る

『呪術廻戦』16巻の表紙解禁! 夏油傑ファンは阿鼻叫喚「死後尊厳破壊」

『週刊少年ジャンプ』で連載中の大人気漫画『呪術廻戦』。5月10日に、最新コミックス16巻の情報が発表され、あわせて表紙も公開された。しかし最新刊の表紙に対し、ファンは嫌悪感を覚えたようだ。 今回の表紙に登場したのは、同作の人気キャラクター・夏油傑と見られる人物。だが、額の縫い目に親指をかけ、そこから脳みそを少し見せるグ…

つづきを見る

『イッテQ!』ジャンプ漫画をディス!?「やっぱ嫌い」「鬼滅はいいの?」

4月11日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、一部の漫画ファンが番組を批判している。 この日の放送では『温泉同好会』のメンバーが、佐賀県で歌のレッスンを受けることに。一行は「磁気のテーマパーク」と呼ばれる『有田ポーセリングパーク』を訪問、有田焼作りを体験した。 いとうあさこが煮物鉢、『ガンバレルーヤ』…

つづきを見る

『HUNTER×HUNTER』ついに連載再開!?“重大発表”に高まる期待!

漫画家・冨樫義博による大人気漫画『HUNTER×HUNTER』。『週刊少年ジャンプ』での度重なる休載で話題になる同作だが、連載再開フラグが立ったことで大きな注目が集まっている。 再開フラグが立ったのは、4月5日に発売された同誌の次週号の予告ページ。「胸がドキドキ企画陣」という項目に、「『HUNTER×HUNTER』の最…

つづきを見る

『鬼滅の刃』続編はナシ? 作者・吾峠呼世晴の“構想”にさまざまな憶測

未だ人気が衰えることのない国民的ヒット漫画『鬼滅の刃』。2月4日には『鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐』が発売されたのだが、そこに掲載された作者・吾峠呼世晴氏の〝とあるコメント〟が話題になっている。 注目を集めているのは、ファンブックのカバーに書かれた作者コメント。吾峠氏はファンに挨拶し、本の内容を説明。さら…

つづきを見る

『ONE PIECE』を揶揄する声…『呪術廻戦』に隠れて掘り返される黒歴史

先日、連載1000話を突破した国民的人気漫画『ONE PIECE』。しかし、ここ最近は作品の評判が思わしくない状況のようだ。 2月1日、「ONE PIECE」のスタッフ公式ツイッターが、普段とは違った趣のツイートを投稿。《#今週のワンピ をつけて自由に呟いてね!! みんなの感想聞かせてください!》とつづり、ファンにSN…

つづきを見る

『トリコ』島袋光年の新連載が打ち切り寸前!?「サムライ8より短命なのでは?」

2月1日に発売された『週刊少年ジャンプ』9号では、島袋光年の新連載『BUILD KING』の掲載順位が巻末へ。早くも〝打ち切り〟が心配されているが、実際のところどれだけ生き延びられるのだろうか。 島袋といえば、アニメ化もされたグルメバトル漫画『トリコ』で有名な漫画家。同作は2008年から2016年までの長期に渡って連載…

つづきを見る

『呪術廻戦』作者・芥見下々の発言が物議「最悪やな」「作家の覚悟を感じる」

1月30日放送の『漫道コバヤシ』(フジテレビONE)に、大人気漫画『呪術廻戦』の作者・芥見下々氏が登場。トークの中で繰り出した発言が、物議を醸しているようだ。 「呪術廻戦」は芥見氏の初連載作品で、2018年3月より『週刊少年ジャンプ』にて連載がスタート。高校生の主人公・虎杖悠仁が〝呪い〟をめぐる戦いの世界へと足を踏み入…

つづきを見る

大炎上!『ONE PIECE』編集者に違法サイト利用疑惑「一生ネタにされる」

1月8日に『週刊少年ジャンプ』編集部が、YouTube上で『ONE PIECE』1000話記念にまつわる生配信を行った。しかし、配信の中で明らかになった『ONE PIECE』担当編集による〝違法サイト利用疑惑〟が、ネット上で物議を醸している。 配信では、編集者が個人的に使用しているスマートフォンの閲覧履歴が映る一幕があ…

つづきを見る

“鬼滅”連載終了で新陳代謝が加速!? 変化する『週刊少年ジャンプ』の行く末

『鬼滅の刃』の大ヒットや連作作品の面白さで、再び漫画ファンの注目を集めている『週刊少年ジャンプ』。しかし、ここにきて人気漫画の連載終了が相次いでおり、行く末を案じる声も少なくない。 最近のジャンプ漫画といえば、三大少年誌の『週刊少年マガジン』『週刊少年サンデー』と比較しても注目作が多かった印象。『鬼滅の刃』は言わずもが…

つづきを見る