加藤純一に特大ブーメラン! ユーチュバー・ヒカルとのコラボに落胆「あの頃の純を返して」

加藤純一に特大ブーメラン! ユーチュバー・ヒカルとのコラボに落胆「あの頃の純を返して」

加藤純一に特大ブーメラン! ユーチュバー・ヒカルとのコラボに落胆「あの頃の純を返して」 (C)PIXTA

ここ最近、インターネットヒーローとしてお馴染みの大人気配信者・加藤純一が、“表の世界”で活躍するユーチューバーのヒカルと急接近。ファンの中には裏切られたように感じる人もいるらしく、悲しみの声が上がっている。

ヒカルと打ち解ける加藤純一

7月27日、ヒカルはYouTubeチャンネルに、『【混ぜるな危険】加藤純一を炎上軍で牛宮城に招待してみた』というタイトルの動画を投稿。ラファエル、シバター、そして加藤という豪華な面々を、宮迫博之プロデュースの焼肉店『牛宮城』に招待し、トークするという企画だった。

動画の中ではヒカルと加藤が1対1で対談する場面も。またヒカルのツイッターでは、加藤を含む面々が手でかわいくハートマークを作っている写真も公開されている。

すっかり打ち解けていた様子だったが、これまでの加藤を知っている人々からは、《ヒカルと馴れ合ってる加藤純一とか見たくなかったな》《昔はアングラなところから表舞台のキラキラした人間を叩いてた加藤純一も自分自身がそっち側に行っちゃった》《昔のお前はこんなことしなかった…。なんで変わっちまったんだよ純!》《俺、ヒカルと楽しそうにしてる純ちゃん嫌だよ》《俺の好きだったあの頃の純を返してくれ》といった声が。まるで陽キャ御用達ユーチューバーのようなことをする加藤に、すっかり脳を破壊されてしまったようだ。

加藤純一のヒカル墜ちが悲しまれるワケ

かつてヒカキン、はじめしゃちょー、そしてヒカルといった面々が人気に火をつけたユーチューバーという職業。YouTube自体にはさまざまなコンテンツがあったが、好き好んでユーチューバーを見るのはオタクではなく、ライトな趣味の一般人というイメージだった。

そこで当時『ニコニコ動画』に集まっていたオタクたちが祭り上げたのが、加藤を始めとしたアンダーグラウンドなニコ生主の人々。ライトvsアングラ、陽キャvs陰キャ…さまざまな対立項で、彼らにはユーチューバーのカウンターカルチャーのような側面がある。

実際に加藤は、過去の放送でユーチューバーをコケにするような発言をしたことも。たとえば「なんで落ちぶれた芸能人はヒカルに行く(コラボする)の?」といったリスナーの質問に、「馬鹿だから落ちぶれて馬鹿だからヒカルとコラボする」「ヒカルだけ得してどんどんあいつだけ伸びていく」と答えていたこともあった。

しかし今ではその加藤純一がヒカルのYouTubeチャンネルでコラボ。かつて馬鹿にしていた“落ちぶれ芸能人”と同じことをしており、ファンが嘆くのも仕方がないと言えるだろう。

陰キャたちがヒーローとして持ち上げた加藤純一だが、本人は全く陰キャではなかった模様。今後も一般ユーチューバーのような活動を続けていくのだろうか…。

文=大上賢一

【画像】

AtlasStudio / PIXTA

【あわせて読みたい】