『ONE PIECE』ウタまたも本編登場!? 明かされたベガパンクの正体に意味深な描写

『ONE PIECE』ウタまたも本編登場!? 明かされたベガパンクの正体に意味深な描写

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

10月11日発売の『週刊少年ジャンプ』45号に掲載された『ONE PIECE』では、天才科学者Dr.ベガパンクをめぐる新情報が判明。そこで劇場版『ONE PIECE FILM RED』のヒロイン、ウタを思わせる要素が次々と浮かび上がっている。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

「麦わらの一味」の前に、若い女性の姿で現れたベガパンク。第1062話『科学の国の冒険』では、ロビンがその性別と年齢についてツッコミを入れるのだが、実は彼女は「本体」ではなかったらしく、自らをベガパンク「悪(リリス)」と名乗る。

場所は変わって、ロブ・ルッチたち「CP-0」がエッグヘッドを目指す船の中。彼らの会話内容によると、ベガパンクは研究のため、自らを6人の「猫(サテライト)」に分割したのだという。

そしてベガパンク「悪(リリス)」以外の個体として、「正(シャロ)」、「想(エジソン)」、「知(ピタゴラス)」、「暴(アトラス)」、「欲(ヨーク)」の存在も明らかとなった──。

謎めいていたベガパンクの正体が判明したかと思いきや、さらなる混沌を予感させる状況。そんな中、読者が思わず注目したのは、「暴(アトラス)」の見た目。髪の毛が額を中心に2色に分かれており、まるでウタをモデルとしたようなビジュアルだったのだ。

さらに「旧時代」という言葉を口にしており、「新時代」の体現者であるウタを意図的に匂わせているような印象も避けられない。

「サテライト」とウタの類似点

さらに前回のエピソードでは、「悪(リリス)」がウタと酷似していることも話題を呼んでいた。こちらは片方の目を隠す髪型、特徴的な長いまつげ、そしてオーバーサイズの上着などの服装に至るまでウタを感じさせる要素が満載だった。

早速ネット上は、《ベガパンク、ウタに似てるなーと思ってたら今回またウタみたいなのが出てきた》《オイオイまた!? なんでウタとデザイン被せてくるんだ!》《完全にウタのデザインとイメージを意図的にハメ込んでる》《尾田先生わざとかってくらいウタちゃんをちらつかせてきやがるぜ!》と盛り上がっているようだ。

2体連続でウタと酷似しているとなると、他の「猫(サテライト)」にも何らかのウタ要素が仕込まれているのではないかと疑いたくなってくる。

気になるのはその理由だが、読者の間では「ベガパンクがウタの熱烈なファンだった」という声も。とはいえ合理的な人物像に見えるため、むしろ何らかの理由があってウタをモデルとしたか、ベガパンク自身に何らかのつながりがあると考えた方がよさそうだ。

ネタバレになるため詳細は伏せるが、ウタは現実とは異なる世界を作り上げようとしていた人物。ベガパンクもバーチャル・リアリティの技術を披露しているため、「未来島エッグヘッド」編が『FILM RED』と同テーマになる可能性もあるかもしれない…。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去の「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】