アニメ『ドラえもん』“オリンピック回”放送で批判殺到!「本当に嫌な気分」「洗脳行為」

アニメ『ドラえもん』“オリンピック回”放送で批判殺到!「本当に嫌な気分」「洗脳行為」

『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)

7月17日に放送された国民的アニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)は、「スグピクトグラム」と「雲ソファーでスポーツをみよう!」の2本立て。連日のように物議を醸す『東京オリンピック・パラリンピック』を意識したエピソードが2本も登場し、視聴者たちを失望させてしまったようだ。

※アニメ『ドラえもん』最新話の内容に触れています

最初のエピソード「スグピクトグラム」は、文化や言葉がちがっても一目でわかるピクトグラムを題材とした話だった。外国人観光客がピクトグラムからトイレを見つけるシーンが描かれた後、ドラえもんがのび太にその仕組みを事細かに説明。そして描かれたマーク通りに場所を変化させるひみつ道具「スグピクトグラム」が登場し、ひと悶着が繰り広げられていく。

続く「雲ソファーでスポーツをみよう!」は、タイトル通りに空の上からスポーツを観戦するお話。日本で行われる〝スポーツの世界大会〟を見たいのび太は、スネ夫にチケットを自慢されて悔しがる。そこで人工の雲を作り出すひみつ道具「雲デキールセット」を使い、上空から大会を観戦する…という姿が描かれた。

今回放送された2本はどちらもオリンピックが共通点。「スグピクトグラム」の題材となったピクトグラムは、1964年の東京オリンピックから日本で使用され始めたものらしく、作中にてドラえもんがやたら詳しく説明していた。また「雲ソファーでスポーツをみよう!」にいたっては、「スポーツの世界大会」として正式名称を避けていたが、露骨にオリンピックを意識している。

オリンピック一色のメディアに拒絶反応

開会式の音楽担当だったミュージシャン・小山田圭吾の辞任をはじめとして、東京オリンピックには立て続けにトラブルが起きている状況。その一方で地上波のメディアはオリンピックを盛り上げるため、関連ニュースを次々と報じている。

混乱した状況に多くの人がウンザリする中、「ドラえもん」でもオリンピックネタが描かれたことで、《たまたま見てたらオリンピックを意識したお話。何か複雑だね…》《ドラえもんまでオリンピックに迎合しててつらい》《大人の事情が満載の回》などと嫌悪の声が相次いでいた。

また、そもそもオリンピック開催に批判的な人々からは、《子どもにまでオリンピックの観戦を強要してるみたいで本当に嫌な気分になった》《なんでオリンピック回なんて作ったんだ? 政府に無理矢理作らされたのかな》《子どもがドラえもん大好きで毎週録画して観てるけど、今回は気分悪かったわ》《気持ち悪くてしょうがない。国からの洗脳行為としか考えられない》といった声も。

日本最大の時事ネタとして避けられなかったのだろうが、東京オリンピックはただでさえ開催に否定的な意見が多い。今回ばかりは、取り扱うことを避けた方がよかったかもしれない…。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)

◆過去のアニメ「ドラえもん」毎話レビューはこちら

【あわせて読みたい】