最新記事一覧

WBC豪戦殊勲打の中田翔「繊細さ」を見抜いた小久保監督の起用

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦で、日本代表『侍ジャパン』はオーストラリアと対戦し、勝利を収めた。 1対1で迎えた七回表の日本の攻撃で、勝ち越し本塁打を放ったのが、北海道日本ハムファイターズの四番打者の中田翔だった。 前回大会には23歳で参加し、当時の野手最年少だった。しかし、今回…

つづきを見る

侍ジャパンWBC2戦目も勝利!打線は好調も…

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦で、日本代表『侍ジャパン』はオーストラリアと対戦し、4対1で勝利した。これで侍ジャパンは1次ラウンドで2連勝になり、2次ラウンド進出の可能性はかなり濃厚となった。 オーストラリア戦のために侍ジャパンの主力選手たちがグラウンドに現れたのは、午後4時50…

つづきを見る

ジャニー喜多川社長から後継者に指名された滝沢秀明の処世術

ジャニーズ事務所の滝沢秀明が順調に出世街道をバク進中。『週刊新潮』(3月9日号)によれば、ジャニー喜多川社長が自分の後継者としてタッキーを考えているというのだ。 「ジャニー社長は昔から、営業ではなく演出を担当。人材発掘から仕事の仕切りを決めてきた。今回、週刊新潮が社長は85歳と高齢であるため後継者選びに入ったと報じまし…

つづきを見る

VXなど北朝鮮の兵器製造をアシストした国連の「スキャンダル」

北朝鮮が金正男氏の暗殺事件で使用した化学兵器『VX』が世界を震撼させている。 北朝鮮は1960年代から生物化学兵器(BC兵器)の開発に取り掛かり、そのうち化学兵器(C兵器)については現在約20種、5000トンあまりを国内全域に分散貯蔵している。なかでも、サリンやVXの生産に集中しているというのがアメリカのCIAの見解だ…

つづきを見る

中居正広と香取慎吾が4月に独立発表か

中居正広と香取慎吾が、早ければ来月4月にも独立宣言をしそうだ。ふたりはすでにジャニーズ事務所の将来的な構想から外れているという。それを明らかにする報道も、ついに出てきた。 「『週刊新潮』(3月9日号)は、ジャニー喜多川社長が自分の後継である演出担当に滝沢秀明か『嵐』の松本潤を考えていると報じています。これで中居と香取の…

つづきを見る

「兄殺し」金正恩の未来を日本史から前例から推察すると…

“腹違い”の兄の金正男を暗殺した、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長には、どんな未来が待ち受けているのだろうか。血のつながっていない叔父の張成沢(チャン・ソンテク)氏を処刑したときは、高射砲で跡形もなく死体を消し去ったといわれる。そのため悪夢にさいなまれ、睡眠薬が手放せない状態だったというが、今回はそれ以上だろう。 日本史…

つづきを見る

嵐・櫻井翔と小川彩佳アナの交際が明るみに出た本当の理由

『SMAP』の解散後、名実ともにアイドル界の頂点に君臨する『嵐』。そのなかでも、前総務事務次官を父に持ち、自身は慶応大学卒業という“エスタブリッシュメント”な家系の櫻井翔は、ニュース番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)で月曜日のキャスターを10年半も務め、すでにベテランの風格さえ備え始めている。 「後輩の小山慶一…

つづきを見る

清水富美加騒動にコメントして炎上した長井秀和の現在

芸能界からの引退を宣言して、宗教団体『幸福の科学』への出家を宣言した女優の清水富美加に関して、芸能事務所と幸福の科学側がそれぞれ言い分を主張し、事態は混迷を極めている。 この件に呼応して、お笑い芸人の長井秀和が、2月13日にフェイスブックへ投稿した内容が、創価学会信者からの反感を呼んでいる。 《幸福の科学で出家する清水…

つづきを見る

WBCで日本が初戦勝利も投手陣が抱える「不安材料」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドが始まり、日本は初戦でキューバと対戦し、11対6で勝利を収めた。試合結果は大差での勝利だが、課題も見つかっている。MLBから派遣された審判団との“相性”である。 「日本の審判ならストライクとコールするような内角の投球を、ボールと判定される場面が目立ちました…

つづきを見る

打撃と走塁でWBC初戦勝利を引き寄せた侍ジャパン

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦が3月7日に行われ、野球日本代表の『侍ジャパン』はキューバと対戦し、白星スタートを切った。 その立役者は、追い上げてくるキューバを突き放した3点本塁打を放った松田宣浩だという。松田は壮行試合と練習試合では結果を出せず、スターティングメンバーの三塁手には…

つづきを見る