政治

ついに決意…!? DAIGO国政選出馬で北川景子「政治家の妻」へ

 女優の北川景子(29)と歌手のDAIGO(37)が“来年1月結婚”というニュースが報じられた、これと同時に北川は“ある決意”をしたという。 「“政治家の妻”になることを決めたのです。DAIGOは、故・竹下登首相の孫で、父は毎日新聞政治部記者を経て竹下氏の秘書をしたバリバリの政治家一族。安保法案問題などで支持率低迷を恐…

つづきを見る

東京五輪に「舛添不要論」渦巻く! 次期都知事は猪瀬前都知事の大合唱

「舛添要一氏は2020年の東京五輪知事は揺るがないと思っているが、オリンピックはやらせない。引きずり下ろす」 そんな物騒な発言をするのは、都議会与党、自民党幹部の一人。今、都議会自民党の一部で“舛添不要論”が蔓延し、「東京五輪は別の知事で」との声が強まっているという。自分たちが支持し、当選させた舛添知事との間で何が起き…

つづきを見る

永田町で飛び交う大阪・橋下市長12月任期満了後に東京五輪担当相就任

第3次安倍内閣が10月7日に発足した。しかし、永田町界隈では“隠し球”人事に早くも関心が集まっている。12月以降、新たに橋下徹大阪市長の電撃入閣が俄かに囁かれているのだ。 「今回の内閣改造の話題といえば、丸川珠代環境相と馳浩文科相くらいで地味。それより安倍首相と昵懇の仲の橋下市長が退任する12月後に、留任した遠藤利明五…

つづきを見る

大どんでん返し!インドネシア高速鉄道競争で「日本が中国に惨敗」の裏事情

えっ? 列車大事故をやらかした中国に日本が負けた? インドネシア政府が進めている高速鉄道計画(新幹線計画)で、日本と中国が激しい受注競争を繰り広げた結果、中国案が採用されることになった。 いったい受注競争の裏側で何が起きていたのか。 首都ジャカルタとジャワ島東部のスラバヤ(730km)を結ぶ高速鉄道計画が進む中、まずジ…

つづきを見る

怯え太り…チキン暴君・金正恩の「やけっぱちミサイル発射」の恐怖

韓国陸軍が、北朝鮮の核兵器や長距離弾道ミサイルなどを破壊するための特殊部隊の編成を進めている。 韓国陸軍特殊戦司令部(特戦司)は、「敵(北朝鮮)の戦略的核心標的を打撃するための特殊部隊の編成を推進している」と明らかにした。韓国軍が、北朝鮮に対する「先制攻撃」を、現実的な選択肢として想定し始めたといっていい。 そんな危機…

つづきを見る

破局を明言!身辺をきれいにし始めた「滝川クリステル」に来夏参院選出馬情報

“滝クリ”こと滝川クリステル(38)が、やはり破局していたようだ。 先日、別れたはずの小澤征悦(41)と復縁したという報道が出たが、滝クリ本人が「復縁は絶対ない」と堂々の発言をした。 コトの起こりは9月発売の『女性セブン』。同誌は別れたはずの滝クリと小澤が都内のバーで会っていたと報道。しかも、談笑しラブラブ状態を確認。…

つづきを見る

Rock concert

安保法案成立翌日に…安倍首相の妻アッキー「コンサート会場でノリノリ」で大ヒンシュク

安全保障関連法案が強行採決で成立(9月19日)した翌日に、安倍晋三首相の妻で“アッキー”こと昭恵夫人(53)が、世界最高峰のDJが集結したダンスミュージックフェスティバル『ULTRA JAPAN 2015』(東京・お台場)の会場に現れ、関係者から総スカンを食っていたことが明らかになった。 「東日本豪雨災害で鬼怒川が決壊…

つづきを見る

AKB高橋みなみ、年末卒業後の「電撃婚&次期衆院選出馬」説

「高橋は今年12月にAKBを卒業し、総監督も辞めます。サプライズ商法で生きてきたグループのトップだけに、大きな爆弾ネタをかましてくることは間違いない」(AKB関係者) AKB48グループ総監督の高橋みなみ(24)が、12月の卒業後にビッグニュースを仕掛けてきそうだ。 その一つが、歌手の西川貴教(45)との電撃婚だ。20…

つづきを見る

ステロイド剤でさらに悪化…それでも安倍首相が画策する「憲法改正への執着」

ドタバタの国会劇場は閉幕した。歴代の政権が禁じてきた集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法が9月19日未明に可決成立し、とりあえず安倍晋三首相は胸をなでおろしたといったところ。ただ、周囲は「採決が近づくにつれて顔色が青ざめていき、今にも倒れるかと思った。政権を放り投げた8年前とそっくりの表情だった」(自民党幹部)…

つづきを見る

安保法案を成立させた安倍首相を襲う離婚、健康、新国立競技場問題3つの火種

悲願の安全保障関連法案を成立させた安倍晋三首相。 「強行採決後の世論調査で内閣支持率が下がるのは織り込み済み。しかし、その幅はかなり限定的と安倍首相は読んでいました。官邸の情勢分析レポートでは、例えば『徴兵制につながる』という感情的な批判について、『冷静に論破して国民の理解も得られつつある』と自画自賛していた。法案を押…

つづきを見る