政治

南シナ海制圧どころでない!ISに「人質を殺害された」中国・習国家主席の怒りの矛先

IS(イスラム国)の見境ない報復が中国へも飛び火した。 パリ同時多発テロの犯行声明を出したISが11月18日、数カ月にわたって人質に取ってきたノルウェー人と中国人の2人を銃殺したと英字機関誌『ダビク』(電子版)で公表した。 ノルウェー人はヨハン・G・オフスタッドさん、中国人は広告マンを名乗るファン・ジン・ホエさんだ。2…

つづきを見る

維新圧勝で島田紳助&橋下徹がタッグ「来夏衆参ダブル選挙」出馬の極秘情報

11月22日に大阪府知事と市長のダブル選挙が行われた。 結果は『大阪維新の会』(国政の場合は『おおさか維新の会』)の現職である松井一郎府知事(51)が当選。市長選も同会の吉村洋文氏(40)が初当選。大阪維新の圧勝となった。 注目の橋下徹大阪市長(46)は公言しているように“政界引退”するのか。松井府知事は「民間人に戻っ…

つづきを見る

【大阪ダブル選挙】告示日にサプライズ?「島田紳助電撃出馬」怪情報

本サイトに驚きの話が伝わってきた。 去る10月31日、『おおさか維新の会』の結党大会が大阪市内で行われた。同党の暫定代表は橋下徹大阪市長(46)、幹事長には松井一郎大阪府知事(51)が就いた。 そして陰の決起メンバーに、元お笑いタレントの島田紳助さん(59)の名前が囁かれている。 もともと、同じ維新でありながら、いまや…

つづきを見る

Global Business : China

中国「一人っ子政策撤廃」で若者の同性愛エイズ感染拡大は防げるか

中国共産党の重要会議、第18期中央委員会第5回総会が10月末に閉幕し、1979年から行ってきた『一人っ子政策』が完全撤廃されることになった。 この一人っ子政策は、大きく3つの部分で中国を破壊したという。それは“黒孩子(ヘイハイズ)”、“小皇帝”、“ゲイ増加”だ。 “黒孩子”とは戸籍を持たない子供のこと。中国で数億人存在…

つづきを見る

アナログテレビ

『サザエさん』オープニングの宮崎県編に政治的圧力?

10月から母親・磯野フネの声が二代目に代わったアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)。ご存知、昨年放送開始45年を迎えた国民的番組だが、代わったのはフネだけではない。オープニングのふるさと紹介も富山県から宮崎県になったのだ。 「『サザエさん』のオープニングは2001年からそれまでの東北や九州といった地方単位での括りをやめ…

つづきを見る

ついに決意…!? DAIGO国政選出馬で北川景子「政治家の妻」へ

 女優の北川景子(29)と歌手のDAIGO(37)が“来年1月結婚”というニュースが報じられた、これと同時に北川は“ある決意”をしたという。 「“政治家の妻”になることを決めたのです。DAIGOは、故・竹下登首相の孫で、父は毎日新聞政治部記者を経て竹下氏の秘書をしたバリバリの政治家一族。安保法案問題などで支持率低迷を恐…

つづきを見る

東京五輪に「舛添不要論」渦巻く! 次期都知事は猪瀬前都知事の大合唱

「舛添要一氏は2020年の東京五輪知事は揺るがないと思っているが、オリンピックはやらせない。引きずり下ろす」 そんな物騒な発言をするのは、都議会与党、自民党幹部の一人。今、都議会自民党の一部で“舛添不要論”が蔓延し、「東京五輪は別の知事で」との声が強まっているという。自分たちが支持し、当選させた舛添知事との間で何が起き…

つづきを見る

永田町で飛び交う大阪・橋下市長12月任期満了後に東京五輪担当相就任

第3次安倍内閣が10月7日に発足した。しかし、永田町界隈では“隠し球”人事に早くも関心が集まっている。12月以降、新たに橋下徹大阪市長の電撃入閣が俄かに囁かれているのだ。 「今回の内閣改造の話題といえば、丸川珠代環境相と馳浩文科相くらいで地味。それより安倍首相と昵懇の仲の橋下市長が退任する12月後に、留任した遠藤利明五…

つづきを見る

大どんでん返し!インドネシア高速鉄道競争で「日本が中国に惨敗」の裏事情

えっ? 列車大事故をやらかした中国に日本が負けた? インドネシア政府が進めている高速鉄道計画(新幹線計画)で、日本と中国が激しい受注競争を繰り広げた結果、中国案が採用されることになった。 いったい受注競争の裏側で何が起きていたのか。 首都ジャカルタとジャワ島東部のスラバヤ(730km)を結ぶ高速鉄道計画が進む中、まずジ…

つづきを見る

怯え太り…チキン暴君・金正恩の「やけっぱちミサイル発射」の恐怖

韓国陸軍が、北朝鮮の核兵器や長距離弾道ミサイルなどを破壊するための特殊部隊の編成を進めている。 韓国陸軍特殊戦司令部(特戦司)は、「敵(北朝鮮)の戦略的核心標的を打撃するための特殊部隊の編成を推進している」と明らかにした。韓国軍が、北朝鮮に対する「先制攻撃」を、現実的な選択肢として想定し始めたといっていい。 そんな危機…

つづきを見る