最新記事一覧

総観客動員数80万名以上という優良コンテンツ「夏の甲子園」に潜む闇

今年も、『夏の全国高等学校野球選手権大会』、通称“夏の甲子園”が終了を迎えた。 大会期間中の入場総数は83万7,000名。これまでの最多記録である1990年大会の92万9,000名には及ばなかったが、それでも9年連続で80万人超えを記録している。

つづきを見る

東京・目黒界隈で開催される「さんままつり」は三者三様

食欲の秋、今年も東京・目黒界隈でさんまを振る舞う『さんままつり』が開かれる。 高級住宅街のイメージの強い目黒でなぜ、さんままつりがあるのかといえば、「さんまは目黒に限る」という落ちで知られる古典落語の『目黒のさんま』にちなんでいるからだ。

つづきを見る

明暗を分けている巨人と阪神の「世代交代」進捗状況

『動』の金本知憲監督(48)、『静』の高橋由伸監督(41)。 今季、伝統球団の巨人と阪神タイガースを指揮している、高橋由伸監督(41)と金本知憲監督(48)の2名は、新監督として何かと比較されることが多い。 現役時代は同じ右投左打の外野手で、打線の中核として活躍していたという経歴が似ているせいもあるのだろう。しかし、両…

つづきを見る

夏目三久と有吉弘行の妊娠報道で本当に「怒り心頭」になった人

8月24日付の日刊スポーツが、夏目三久(32)と有吉弘行(42)の交際と妊娠を報じた。 両者は2011年4月に放送を開始したバラエティー番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)での共演をきっかけに親しくなり、交際に発展。すでに一部の関係者に妊娠を報告していると、日刊スポーツは報じている。

つづきを見る

稀勢の里が夏巡業中の大半を怪我の治療に費やし綱取りへ赤信号

9月11日から大相撲の秋場所が始まる。稀勢の里(30)が今度こそ綱取りに成功するか、否応にも注目が集まっている。 2場所連続の挑戦となり、普段は強面の横綱審議委員会も「優勝さえしてくれれば、星数は問わない」と昇進条件を大きく緩和している。言ってみれば誰もが首を長くして待っている状態だ。こんな綱取り力士も珍しい。

つづきを見る

まるでジャニーズオールスター?木村拓哉がSMAP解散後に結成する新グループの計画

今年の年初に明らかになった『SMAP』の独立騒動は、年内の解散という結末で終わることとなった。 解散後もひとまず中居正広(44)、香取慎吾(39)、稲垣吾郎(42)、草彅剛(42)の4名はジャニーズ事務所に残ることになっているが、来年9月には契約更新せず、退社することは決定的だ。

つづきを見る