社会

超低金利の時代に潜む不動産の甘い罠

ローン金利の低い時代には、金融商品や投資の話に罠が仕掛けられていることが多い。 例えば、投資用マンションなどの不動産投資で、資産形成が簡単にできるという勧誘もそうだ。 「投資物件を扱う不動産会社はセールストークが巧みです。サラリーマンには『節税できる』、『生命保険の代わり』、『将来の年金』などと言って煽る。そしてあっと…

つづきを見る

日本の「ある資源」が世界3位だと知っていますか?

日本の地熱資源はアメリカ、インドネシアに次ぐ世界第3位だ。それにもかかわらず、発電設備容量で見ると世界第9位まで後退する。つまり、資源量は豊富だが、発電設備の普及が進んでいないのだ。 国内初の商用地熱発電所として、岩手県八幡平市に『松川地熱発電所』が建設されたのは、いまから半世紀をさかのぼる。 「同発電所の誕生以降に、…

つづきを見る

男が女子大生の部屋に不法侵入した事件で分かった合鍵ネット通販の恐怖

9月に愛媛県松山市内の女子大学生(20)の住むマンションの一室に、合鍵を使って侵入したとして、住居侵入容疑で愛媛大医学部付属病院の契約職員の男性(44)が、愛媛県警に逮捕された。 容疑者は、侵入直後に帰宅した大学生と部屋で鉢合わせとなり、慌てて逃走。翌日に県警へ自首して逮捕された。「女性の私生活が見たかった」と供述した…

つづきを見る

工作はここまで進化した!作って学べる「プログラミングロボット」

子どもの頃、砂遊び・工作・積み木など周りのものを使って、“なにかを作る遊び”に夢中になった経験があるひとも多いのではないだろうか。 想像力を掻き立てながら、自分の頭の中にあるものを作り上げていくのはとても楽しいものだ。 実は今、その工作が大きな進化を遂げている。なんと、“プログラミング”が工作として楽しめるようになって…

つづきを見る

前田敦子だけじゃない芸能人なりすましメール事件

先日、前田敦子(25)らのマネジャーになりすまして出会い系サイトに誘導し、客から金をだまし取っていた詐欺容疑で、警視庁がソフトウエア開発『フリーワールド』の専務の男性(38)を逮捕していたことが明らかになった。 この事件の発端は、2013年に出会い系サイト運営会社『ウイングネット』が摘発されたところまでさかのぼる。 「…

つづきを見る

医者と病院の不足が極まる「2030年問題」

東京五輪から5年後に“2025年問題”が待っているのだという。 2025年には、団塊世代がすべて75歳以上になる。そして、国民の3名に1名が65歳以上、5名に1名が75歳以上という、これまでの日本が経験したことのない高齢化社会を迎え、医療と介護の提供体制が追い付かなくなる。 「東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏と愛知県、…

つづきを見る

次世代コミュニケーションロボット「Chapit」の開発秘話を聞いてきた

電気をつけたり、テレビのチャンネルを変えたり、エアコンをつけたり……。 かつては、それらの機器とつながっているダイヤルやボタンを操作して行っていた。 それがいつしか、“リモコン”という離れた場所からも、電気・テレビ・エアコンを操作できる便利な機器が生まれた。 “リモコン”さえ使わず操作できるようになったら、私達の生活は…

つづきを見る

「人間の手」の動きを実現!日本の凄いマッサージチェア

家電量販店や温泉でよく目にするマッサージチェア。 筆者は温泉上がりにコーヒー牛乳を飲みながらマッサージチェアに身を投じるのが好きなのだが、共感してくれる方はいるだろうか? 子どもの頃はそこまで魅力を感じることはなかったものの、大人になるにつれ魅了されていく不思議な機械だ。 今回は、疲れた大人に“至福のひととき”を提供す…

つづきを見る

家事がいらない世界がくる!? 日本の「全自動」はここまで進化していた

掃除、洗濯、炊事……。 普段、家事を行っていると「面倒くさいな……」と思うことが度々ある。 筆者は、中でも“洗濯物をたたむ”という作業がとても嫌いだ。 タオルなんかは、たたんでも、たたまなくても、その後使用する際には大差ないものだからつい疎かにしがちである。   ひとは一生のうち、どのくらいの時間を“洗濯物をたたむ”こ…

つづきを見る

合コンに勤しんでいると報じられたSTAP小保方晴子さんの現在

一部のインターネットニュースが伝えたところによると、“STAP細胞”で騒動を起こした小保方晴子さんが、合コンで人気者になったのだという。 「STAP細胞の報告会見直後は、将来のノーベル賞候補と言われていましたが、論理の破綻と矛盾が指摘されたことをきっかけに、うその研究であることが発覚しました。もう研究者として生きていく…

つづきを見る