社会

高齢化社会と共にやってくる「多死時代」 首都圏で墓が足りなくなるというのは本当か

厚生労働省の推計によれば、2030年の年間死亡者数は約160万人に達し、2015年の約131万人からおよそ30万人も増える見込みだという。 高齢化が進んだ日本は、これからさらにいわゆる“多死時代”に突入していく。それに伴い、ヒートアップしているのが墓地の売り込みだ。「いまのうちに買わないと墓がなくなりますよ」という売り…

つづきを見る

サントリーがお荷物部門だった「ファーストキッチン」を売却した事情

ファーストフード業界の圧倒的王者だったマクドナルドの勢いが止まって久しい。 そんな王者なき業界で再起を図っているウェンディーズ・ジャパンが、6月1日にサントリーから業界第5位のファーストキッチン(FK)を買収すると発表した。一体、サントリーに何があったのか。 「FKは約18億円の債務超過状態にあるといわれます。売却額は…

つづきを見る

このままでは花見ができなくなる? 中国からきたカミキリ虫が日本に侵入してサクラを爆食い

日本の桜が絶滅する危険に晒されている。原因は外来種の昆虫だ。 その名を『クビアカツヤカミキリ』という。 成虫は約2.5cm、全体的に光沢のある黒色で、胸部が赤いためにこの名が付けられた。別名ジャコウ(麝香)と言われるように、捕まえると独特の臭いを放つ。 日本でクビアカは、梅雨時期から8月上旬ごろに成虫となって、樹木から…

つづきを見る

三菱自動車の燃費データ不正は親会社の三菱重工から引き継がれた「血脈」だった

4月20日以降に次々と発覚した、三菱自動車の燃費データ不正問題。 三菱自はブランド価値を損ない、業績悪化が避けられない状況に陥っていたが、日産の傘下に入ることで、ひとまず解決の方向に向かった。 今回、同社が社会的に大きな批判に晒されたのは、過去の問題で浮き彫りになった隠蔽体質が、まるで変わっていないことを露呈したからだ…

つづきを見る

hand in jail.

清原が常連だった銀座クラブ店のオーナーが「脱税収監」へ

元プロ野球選手の清原和博(48)が足繁く通っていた銀座のクラブ『R』のオーナーのHママが、最高裁に上告を棄却され、脱税の罪で懲役1年4カ月の刑に処されることが決定した。そのため、6月中にも収監されることが明らかになった。 「執行猶予中の2年前に、同じ手口での脱税が発覚し、逮捕されたのです。実刑判決が言い渡されたため、服…

つづきを見る

SONY DSC

あなたはいくつ持っていますか? 推計12億もあるという「休眠口座」問題

いま、日本国民の約半数が『休眠口座』を所持しているといい、問題になっている。 休眠口座とは、取扱金融商品や金融機関により考え方が違うが、概ね「全く取引がない状態で5年か10年を経過した預金口座」のことを指す。毎年850~1000億円が積み上がっていくといわれており、その対象口座は12億口座との推計もある。その総額の全容…

つづきを見る

クレジットカード

スマホケースに定期券やクレジットカードを入れている人のトラブル報告が多数発生中

国民生活センターにスマートフォンケースのトラブルが寄せられている。 トラブルは2種類あり、いずれの場合も深刻な問題になる場合があるという。 一つは、透明なケースの中に液体と星型やハート型のラメが入っているスマホケースのトラブル相談だ。 ケースから液体が漏れた場合に、肌がかぶれたり火傷をする事例が確認されている。そのため…

つづきを見る

サークルKサンクスの消滅がきっかけになるコンビニ業界再編は「終わりの始まり」か?

今年9月に経営統合を控えるコンビニ業界の『ファミリーマート』と『サークルKサンクス』を傘下に持つユニーグループ・ホールディングス。 統合後は、コンビニのブランドをファミリーマートに統一する予定で、国内店舗数は約1万8000軒になり、業界首位のセブンイレブン・ジャパンに肉薄する。 経営統合によってサークルKサンクスの看板…

つづきを見る

映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」で浮き彫りになった日本の貧困さ

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002年)でアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞し、『華氏911』(2004年)ではカンヌ国際映画祭の最高賞(パルム・ドール)を受賞したマイケル・ムーア監督の最新作『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』が上映中だ。 同映画は、ムーア監督自身が主にヨーロッパの国々に行き、…

つづきを見る

中国人の抗生物質の過剰摂取と爆買いされる日本製漢方薬

中国の健康問題が深刻だ。医療の専門家によると、中国の医師は抗生物質を過剰に投与する傾向があるという。 抗生物質の乱用は、治療可能な病気でも薬に対する耐性が強くなるなど、保健衛生にとって世界的なリスクとなりかねない。 上海で就学児童を対象に同地の復旦大学が行った調査によると、被験者約500人の8割から、少なくとも1種類の…

つづきを見る