あの人は今

一発屋芸人が小説家に…人気特番ドラマの脚本を担当「ボロ泣きしたやつ」

6月21日放送の『爆問×伯山の刺さルール!』(テレビ朝日系)で、かつて「一発屋芸人」として名をはせた芸人が、小説家として活動していることが明かされた。これに驚く視聴者が続出している。 芸人の一日に密着する企画を放送。最初に登場したのは、セリフの頭文字を「BKB」につなげる芸でおなじみのバイク川崎バイクだった。 仕事が終…

つづきを見る

懐かしの女優が再現VTRに登場!「相変わらずキレイ」「素晴らしい演技」

6月15日放送『ワールド極限ミステリー』(TBS系)の再現VTRに、俳優の宮地真緒が登場。久々のメディア出演ということで、大きな話題を呼んでいるようだ。 同番組はクイズドキュメンタリーバラエティー。世界中で実際に起きた衝撃的な事件や不可思議な出来事を再現ドラマにして紹介し、その先の展開をクイズとして出題していく。 この…

つづきを見る

実写版“まる子”の現在に驚き!『ナンバMG5』出演に「そのまま大きくなった」

6月8日に、俳優・間宮祥太朗の主演ドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系)第8話が放送された。元有名子役が登場し、視聴者を驚かせている。 主人公の難破剛(間宮)は、筋金入りのヤンキー一家・難破家の次男。千葉14校を傘下に持つ超有名ヤンキー中学校・萬田中のアタマを張るまでになった剛は、県内屈指のヤンキー校として知られる市松…

つづきを見る

“月収22円生活”から復活!?『モヤさま』13年前のR-1王者登場に驚き

6月7日に『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)に、元『R-1』王者のピン芸人が登場し、視聴者を沸かせた。 『さまぁ~ず』三村マサカズ、大竹一樹、田中瞳アナウンサーが訪れたのは、下町風情が残る街・本郷。ユニークな店主がいる薬膳スタミナ麺屋や、奇跡の1枚が撮れる写真館が登場した。 写真館では、元・芸能関係のスタイリスト…

つづきを見る

一発屋芸人が最高月収を暴露! 消えた理由は“反日炎上”かそれとも…

「ラッスンゴレライ」という意味不明なフレーズだけで成り上がり、一瞬で散った『8.6秒バズーカー』のはまやねんが、最高月収を暴露。ネット上では月収そっちのけで、消えた理由に関して改めて議論が交わされているようだ。 はまやねんが最高月収を暴露したのは、フリーランスディレクターの三谷三四郎氏が街頭インタビューをするという趣旨…

つづきを見る

小山田圭吾の活動再開にキャンセラー嬉々! 正義中毒者がフジロックにも放火

ミュージシャンの小山田圭吾が5月25日、自身のツイッターを更新。活動再開を報告したが、ネット上では依然として難色を示す声が上がっている。 小山田は昨年7月に、東京オリンピック・パラリンピックの開会式で楽曲の作曲を担当する予定だった。 しかしその後、学生時代のいじめを告白した雑誌の過去記事が発掘されて炎上。その後に辞任が…

つづきを見る

『元彼の遺言状』ブレーク歌手が激変姿で登場「見たことあると思ったら…」

5月23日、俳優・綾瀬はるか主演の月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)の第7話が放送された。かつて大ブレークした女性タレントが大変貌して登場し、視聴者を驚かせている。 主人公の剣持麗子(綾瀬)は、クライアントの利益のためには手段を選ばない敏腕弁護士。 ある日、元彼・森川栄治(生田斗真)の死亡がメールで知らされる。…

つづきを見る

北乃きいの“潔癖アピール”に賛否「気持ちわかる」「本当に潔癖なの?」

俳優の北乃きいが5月24日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。極度の〝潔癖症〟であることを明かし、ネット上で賛否の声が上がっている。 この日の番組は、ゲストが家事ウマと家事ベタに分かれてトークを展開。 北乃は「昔から、人の手作り料理がすごく苦手。私の父も、私が小さい時の食べ残しとか食べられなくて。そう…

つづきを見る

コウメ太夫“再ブレーク”間近!?「チクショー」を超えた迫真の演技に称賛!

お笑い芸人・コウメ太夫の〝新境地開拓〟が話題になっている。 コウメ太夫は5月17日放送の『星新一の不思議な不思議な短編ドラマ』(NHK BSプレミアム)に出演。同ドラマは「ショートショートの神様」と呼ばれ、今なお多くのファンがいるSF作家・星新一の作品を元にしている。 今回、コウメ太夫は「逃走の道」編で俳優の杉村蝉之介…

つづきを見る

元『SPEED』島袋寛子も政界進出!?「蓮舫ソックリ」と話題に…

1990年代に活躍したダンスボーカルグループ『SPEED』のメンバーで、歌手の島袋寛子が『朝日新聞』のインタビュー記事に登場。「蓮舫参院議員にそっくり」とネット上で話題になっている。 「SPEED」はメンバー全員が、沖縄県の『沖縄アクターズスクール』出身。 島袋は沖縄復帰50年をきっかけに、基地問題について語る覚悟を決…

つづきを見る