お笑い第7世代

『有吉の壁』四千頭身が“面白くて”驚きの声「こんなに面白かったっけ?」

6月15日放送のバラエティー番組『有吉の壁』(日本テレビ系)に、お笑いトリオ『四千頭身』が出演。いつになく笑いを取り、ネット上でどよめきが起こっている。 この日行なったのは、「即興ユニットの壁を越えろ! おもしろホームセンターの人選手権」。 くじで決めた即興ユニットで、ホームセンターにて爆笑ネタを披露するものだ。 「四…

つづきを見る

『四千頭身』のネタにゴーストライター疑惑?「台本丸出し」「キレ悪い」

お笑い第7世代として時代を創ったレジェンドトリオ『四千頭身』に、ネタの〝ゴーストライター〟説が浮上している。 3人は5月8日に放送された『エンタの神様』(日本テレビ系)に出演し、『サンドウィッチマン』に次ぐ2番手という期待の高さがうかがえる順番でネタを披露。「教育実習」というコントで、ツッコミの後藤拓実が先生、影の薄い…

つづきを見る

第7世代芸人が“不仲”で解散危機に? シャレにならない騒動にも…

テレビ朝日公式YouTubeチャンネルの企画『納言』薄幸の『やさぐれ酒場』に、お笑いコンビの『宮下草薙』が出演。解散危機を含む赤裸々なエピソードを披露した。 草薙航基は事務所の先輩『アルコ&ピース』平子祐希を交えて幸と飲んだことがあるそうで、まずはこの時のエピソードを回顧。続けて、話題は「宮下草薙」コンビ結成の話題にな…

つづきを見る

四千頭身の“放送事故”に大物プロデューサーがガチ凹み…「申し訳ない」

4月7日にバラエティー番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)が放送された。昨年起こった〝事故〟が話題になっている。 今回放送されたのは、毎年恒例の企画「今年が大事芸人2022」。『見取り図』『マヂカルラブリー』『錦鯉』『さらば青春の光』という絶賛ブレーク中の4組を招き、トークを繰り広げた。 すると番組冒頭、MC側の席に…

つづきを見る

『四千頭身』まさかの再評価!? 第7世代のプライドに感服「戦い続けてる」

「つまらない」「何を言ってるか分からない」など、ネット上で散々な評価を浴びるお笑いトリオ『四千頭身』。そんな3人が、ここへ来て再評価されているようだ。 3月17日、「四千頭身」は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。 この日のテーマは「第7世代、その後…」で、スタジオには「お笑い第7世代」と呼ばれた芸人たちが多数集…

つづきを見る

コロチキ・ナダルが珍しく“後輩芸人”を絶賛「スゴいなと思う」

『コロコロチキチキペッパーズ』のナダルが、3月17日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。隠しカメラが撮影する中、珍しく後輩芸人をベタぼめして視聴者を驚かせた。 スタジオには『霜降り明星』『宮下草薙』など、お笑い第七世代が集合。 番組では一時期「第七世代」の一員として活動していたものの、最近は第七世代から距離…

つづきを見る

『EXIT』兼近“先輩芸人”に失礼あだ名!「コブクロパイセン」は誰…?

『EXIT』の兼近大樹が3月17日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。過去、先輩芸人に付けたあだ名を巡り、謝罪する一幕があった。 この日のテーマは『お笑い第七世代、その後…』。「EXIT」、『霜降り明星』、『四千頭身』、『宮下草薙』がゲスト出演し、蛍原徹、陣内智則、『ジャングルポケット』斉藤慎二が話を聞いた…

つづきを見る

ラランド・サーヤ嫌われすぎ? 人気番組のMC抜擢にブーイング「もう見ない」

NHK・Eテレの人気バラエティー番組『沼にハマってきいてみた』が、新MCとして『ラランド』のサーヤを起用すると発表。彼女に落ち度はないのだが、視聴者からブーイングが噴出しているようだ。 「沼にハマってきいてみた」は2018年から放送を開始した若者向けのバラエティー番組。 趣味にどっぷりと没頭することを意味する「沼にハマ…

つづきを見る

『霜降り明星』大ピンチ! レギュラー番組が相次いで打ち切りに…

〝お笑い第7世代〟として大ブレークを果たし、多くのレギュラー番組を抱えている、お笑いコンビ『霜降り明星』。そんな彼らが今、窮地に立たされている。「霜降り」のピンチが囁かれるようになったのは、ここ最近レギュラー番組が続々と終了しているからだ。 レギュラー番組の多さに定評のある彼らだが、MCを務めている『オトラクション』(…

つづきを見る

EXIT兼近の“漢字間違い”にズッコケ!「嘘でしょ」「相変わらず苦手なのね」

『EXIT』の兼近大樹が2月28日放送の『霜降りミキXIT』(TBS系)に出演。番組内の企画で、致命的な漢字の間違いを犯してファンをドン引きさせた。 元『雨上がり決死隊』の蛍原徹をゲストに招き、終盤に企画「先輩のために全員成功を目指せ!イチガンチャレンジ」を展開した。 この企画は出されたお題に対し、蛍原を含む6人全員が…

つづきを見る