がん

小林麻央さんが登録メンバー限定公開でブログに記した内容

がんと闘病中で元アナウンサーの小林麻央さんの調子が芳しくないようだ。彼女のブログ『KOKORO』を見る限り、急激に悪化してきたように思われる。 「1月に退院し、約3カ月間の自宅療養で、ブログに日光浴する写真なども掲載していました。4月22日に再入院していますが、その際は《短期間入院》とつづっていたので、急激な容態な悪化…

つづきを見る

中村獅童のがん発覚で囁かれる歌舞伎界の「怨念」

歌舞伎俳優の中村獅童が、初期の肺腺がんであることが5月18日に分かった。定期検診で発見され、今後は手術のため入院するという。出演を予定していた博多座『六月博多座大歌舞伎』、歌舞伎座『七月大歌舞伎』は休演する。 歌舞伎界では現在、市川海老蔵の妻でタレントの小林麻央ががんの闘病中だ。また、獅童の父である故・小川三喜雄は胃が…

つづきを見る

小林麻央が受けた「退院のための手術」とは

がんと闘病中で、一時快方にあったと思われる元アナウンサーの小林麻央さんの状態が少々不安定なようだ。 4月22日に再入院した影響からか、4月のブログ更新は20回で、3月の34回から大幅に減った。しかし、入院後は治療が効いているのか、5月11日まで12回というハイペースで更新されている。しかし、内容は重苦しい。 「《食事が…

つづきを見る

小林麻央が3カ月ぶり再入院をブログで明かす

がんで闘病中の小林麻央に対し、インターネット上で「頑張れ」の声があふれている。4月19日のブログで『一緒に泣くこと』と題し、次のように体調不良を記していた。 《10日前まで普通に歩けたのに、10歩歩くのもやっとになってしまうのだから。》 さらに22日のブログでは『入院』と題し、《短期間入院をすることにしました。》と綴っ…

つづきを見る

40歳を過ぎたら受けた方がいい乳がん&子宮がん検診

最近20~30代にも増え始めているのが、乳がんや子宮がんだ。年齢が高くなるにつれ、発症率も高くなる。そのため、40歳を過ぎたら四の五の言わずに毎年必ず検診を受けたほうがいい。どちらも、早期に発見できれば治せる確率が高くなる病気だからだ。 乳がんは40代後半から50代にかけてが発症のピーク。しかも、がんのなかでも自分で発…

つづきを見る

小林麻央の闘病記を出版しようと群がる人間たち

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、2月7日に『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)に出演した。その際に、乳がんのために闘病を続けている、元アナウンサーで妻の小林麻央さんの病状について語った。 一部週刊誌が報じた、麻央さんが自身の余命について医師に尋ねたとされる件について、海老蔵は「やっぱり戦っているんですよ。病気になったら…

つづきを見る

小林麻央の「病状の中身」を報じたメディアに批判が集まる

歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で、元アナウンサーの小林麻央さんに対して、喜びの声と心配の声が交錯している。 まず、麻央さんにとっても、ファンにとっても、うれしい知らせが入ってきたのは2月2日のこと。麻央さんのブログ『KOKORO.』が、Amebaの発表した『BLOG of the year 2016』の最優秀賞に選ばれた。…

つづきを見る

十二指腸乳頭部がんが発覚した梅宮辰夫のすさまじい病歴

タレントの梅宮辰夫(78)が十二指腸乳頭部がんを患い、今年7月に手術していたことが先日、明らかになった。 これを受けて、長女でタレントの梅宮アンナ(44)が都内で記者会見を開いた。 梅宮辰夫のがんは、ステージ1~2の間の早期発見で、7月26日に十二指腸と胆のうの全部、すい臓と胃の一部を摘出する12時間におよぶ手術を受け…

つづきを見る

日本が生んだ夢のガン治療薬「ニボルマブ」は人命を救って国家を滅ぼす!?

京都大学の本庶佑(ほんじょ・たすく)博士の研究チームは、日本初の免疫チェックポイント阻害剤『ニボルマブ』を開発し、小野薬品工業が2014年9月から商品名『オプジーボ』として発売した。 初めは《根治切除不能な悪性黒色腫》に対して承認され、翌2015年12月には《切除不能な進行・再発の非小細胞肺ガン》へと適応が拡大された。…

つづきを見る