アニメ

フジテレビ『鬼滅の刃』“ゴリ押し”にウンザリ…「ウザすぎ」「しつこい」

日本国民で知らない人はいないほど社会現象を巻き起こした大人気作品『鬼滅の刃』。待望のアニメ第2期「遊郭編」がフジテレビで放送されることも決定しているのだが、同局はここぞとばかりに「鬼滅の刃」を〝ゴリ押し〟しているようだ。 フジテレビは2期の放送に先駆け、昨年大ヒットした映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を9月25日に…

つづきを見る

『鬼滅の刃』はやっぱりグロい!? 特別編放送で「子どもに悪影響」とクレーム

9月25日にメガヒットアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、ついに地上波初放送される。それに先駆けて、フジテレビでは総集編にあたる『竈門炭治郎 立志編 特別編集版』が放送された。しかし幼い子どもを持つ親からは、「戦闘描写が残酷」などと批判的な声が相次いでいたようだ。 「竈門炭治郎 立志編 特別編集版」は全5作で…

つづきを見る

アニメ『鬼滅』2期“原作改変”ナシ!? 当然のことで称賛されるフジテレビ

9月6日、フジテレビが10月期の番組改編会見をオンラインで実施。アニメ『「鬼滅の刃」遊郭編』の放送姿勢について明かし、ネット上で称賛の声が続出している。 『「鬼滅の刃」遊郭編』は、もともとTOKYO MXなどで放送されていた大ヒットアニメ『鬼滅の刃』の第2期。物語の舞台が遊郭ということで、ファンからは「内容が改変されて…

つづきを見る

『東京リベンジャーズ』ブーム終息!? 実写映画大ヒットの裏でオワコン説浮上

アニメ化・実写映画化を大成功させた人気漫画『東京卍リベンジャーズ』。しかし同作に、早くもブーム終息の兆しが見えてきたようだ。 〝SF×ヤンキー〟というジャンルを開拓した同作。映画『東京リベンジャーズ』では、主人公の花垣武道を北村匠海が演じ、他にも山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦といった、今をときめく若…

つづきを見る

オタクの“被害者意識”はなぜ生まれるのか…犯罪者のオタク報道に批判殺到の謎

ネット上におけるオタクの被害妄想と、歪んだ正義感が止まらない。先日には、女子高生殺害・死体遺棄で逮捕された夫婦がVtuberだったと報じただけの一部メディアが、オタクの一斉攻撃により謝罪・記事差し替えに追い込まれた。 しかしこの記事をよく見ると、犯罪報道においてはおなじみの、容疑者の過去を掘り下げただけの報道であること…

つづきを見る

『月曜から夜ふかし』珍しく“感動シーン”登場「ありがとうと言いたい」

9月6日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、あるアニメキャラクターの声にそっくりだという女性が登場。女性の声を聞くなり、視聴者からは「感動した」との声が続出。「下品」と批判を浴びることの多い同番組にしては珍しい展開になっている。 視聴者から「あるキャラクターの声に似ている店員さんがいて気になっています」と番組…

つづきを見る

オタクの“被害者意識”にウンザリ…他者には過剰攻撃のダブスタだらけ

ネット黎明期から一貫して見られる〝オタクの被害者意識〟という風潮に、ここのところどうも暴走が見られている。 「火種となっているのは、白金高輪の硫酸事件、女子高生殺害・死体遺棄で夫婦が逮捕された事件でしょう。両事件の容疑者は、前者がボカロやアニメ、後者はVtuberと、共にオタク的趣味を持っていたことが発覚しました。犯罪…

つづきを見る

『オトラクション』“LiSAの親友”登場にアニオタ発狂!「二度と見ません」

8月31日放送の『オトラクション』(TBS系)に、大人気アニソン歌手・May’nがゲスト出演。しかし番組による彼女の〝紹介の仕方〟に、アニメオタクが発狂しているようだ。 この日の番組では、途中から無音になる曲を勘だけを頼りにタイミングよく歌っていく人気企画「ピッタシンガー」を放送。May’nは登…

つづきを見る

『今くら』小島瑠璃子“にわか発言”にアニオタ激怒「間違えるのは絶対ダメ」

タレントの小島瑠璃子が、9月1日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。スタジオジブリの名作映画についてコメントしたものの、ジブリファンから描写が違うとの指摘が続出している。 スタジオジブリが全面協力して番組とコラボ。ジブリ映画の名シーンを交えながら魅力を語り合った。ジブリ好きという小島に加え、『Kis-…

つづきを見る

LiSA“不倫夫”の謝罪に非難の嵐…ファンの信用も完全失墜「今さら無理」

芸能活動休止を発表した声優の鈴木達央が8月30日、所属事務所の『アイムエンタープライズ』の公式サイトで直筆の謝罪文を公開。一連の騒動に対して《愚かな振る舞いをしたことで、様々な方にご迷惑やご心配をおかけいたしましたことを強く後悔しております》と心境をつづった。 不倫について、鈴木は《今後は一つ一つの事柄に、自分の振る舞…

つづきを見る