アニメ

ゴリ押しねじ込み!?『いきものがかり』人気アニメタイアップに大ブーイング

音楽コンビの『いきものがかり』が、女児・大きなお友達向けアニメ『プリキュア』シリーズ(テレビ朝日系)の20周年記念ソングを発表した。 『プリキュア』シリーズは2月5日から、記念すべき20作目の『ひろがるスカイ! プリキュア』の放送が決定している。 「いきものがかり」が制作した20周年記念ソング、その名も『ときめき』は、…

つづきを見る

すき家『鬼滅の刃』コラボメニュー大不評!“薄緑色ソース”に嫌悪感…

2月1日より販売される『すき家』と『鬼滅の刃』のコラボメニューに、早くも酷評が殺到している。 今年4月放送のアニメ「鬼滅の刃」第3期〝刀鍛冶の里編〟に先駆け、「すき家」はコラボメニュー『時透無一郎の霞柱ふろふき牛丼』の販売を発表した。 このメニューは、第3期で活躍するキャラクターで、霞柱の時透無一郎(ときとうむいちろう…

つづきを見る

『すずめの戸締まり』も特典連発! 新海誠ファン呆れ…「金返して欲しい」

新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』が大ヒットを記録している。すでに興行収入100億円を突破したが、その裏には特典商法を連発するという涙ぐましい努力が隠されていたようだ。 新海監督の作品といえば、2016年に大ヒットした『君の名は。』や『天気の子』などが挙げられるだろう。 「天気の子」以来、3年ぶりの新作となる「すず…

つづきを見る

小島瑠璃子が名前だけで炎上…映画『ONE PIECE』舞台挨拶にファン激怒

昨年8月に中国への留学を発表したタレント・小島瑠璃子の名前が、アニメ映画の舞台挨拶で挙がった。 すると本人不在にもかかわらず、過去の騒動が原因で批判の声が続出。もはや日本での再活動は絶望的なようだ。 驚異のロングランヒットを遂げ、現在も上映中のアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』。1月15日には「終映直前…

つづきを見る

『鬼滅の刃』声優交代は今がベスト? 櫻井孝宏に新たな不倫発覚もノーダメージ

10年不倫で世間を賑わせた声優・櫻井孝宏に〝第3の女性〟が登場。15年にわたる不貞関係が露呈し、アニメファンをザワつかせている。 櫻井は昨年9月『文春オンライン』にて、実は結婚していたと報じられた。しかしその後、自身が出演するラジオ番組の放送作家・A子さんと10年間交際していたことが発覚する。 その騒動が鎮火しかけてい…

つづきを見る

『東京卍リベンジャーズ』最終巻にやはり酷評の嵐! 単行本派が阿鼻叫喚

1月17日、超絶人気漫画『東京卍リベンジャーズ』の最終31巻がついに発売された。 一足早く物語の結末を見届けていた『週刊少年マガジン』本誌派と同じく、最終話を読んだ単行本派からも阿鼻叫喚の声が上がっている。 2022年11月発売の「マガジン」51号をもって、5年半の連載に幕を下ろした「東京卍リベンジャーズ」。 どん底の…

つづきを見る

映画『ONE PIECE』終映前に再び特典商法! それでも200億円突破は難しい?

1月29日に終映を迎える映画『ONE PIECE FILM RED』だが、なんとしてでも興行収入200億円を突破したいのか、ついにフィナーレ企画まで始めたようだ。 終映が発表されたのは10日のこと。映画公式ツイッターは興収190億円突破を報告するとともに、《最後までお楽しみください!》と呼びかけていた。 それから5日後…

つづきを見る

『ちびまる子ちゃん』ブスイジリ堂々放送で賛否「こどもに見せたくない」

1月8日に放送された国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)が、絶賛炎上中だ。ネット上には「笑えない内容」「脚本最低すぎてクレームいれたい」などと批判する声が相次いでいる。 話題になったのは、#1369『成人の日』の巻というエピソードだった。 成人の日で学校が休みになったまる子は、たまちゃんと神社へ遊びにいく約…

つづきを見る

『ONE PIECE ODYSSEY』クソゲー確定? テンポの悪さを嘆く声

大人気作品『ONE PIECE』を題材とした最新ゲーム『ONE PIECE ODYSSEY(ワンピース オデッセイ)』が、満を持して1月12日に発売された。発売前から懸念点を指摘する声も多かったタイトルだが、やはり購入者からは不満の声が漏れ出している。 同作は「ONE PIECEの世界に触れる」をコンセプトに、〝麦わら…

つづきを見る

Adoが陰キャすぎる! ライブ配信にネット民が共感「ホッとした」

顔出しNGの歌い手出身アーティスト・Adoが1月3日、自身のYouTubeチャンネルにてライブ配信を行った。 その配信内でのAdoの態度が、ネット上で「めちゃくちゃ陰キャ」「ホッとした」と大反響を巻き起こしている。 この日のライブ配信は、彼女の代表曲『踊』をファンと鑑賞する「『踊』のライブ映像を一緒に見よう」といった趣…

つづきを見る