アニメ

浜辺美波『鬼滅の刃』ファンを怒らせる…「好きって言ってたのに」

3月25日放送の『Premium Music 2020』(日本テレビ系)に出演した女優・浜辺美波が、有名曲の漢字を読み間違えたとして、視聴者の間で話題になっている。 浜辺は『KAT-TUN』の亀梨和也、上田竜也、中丸雄一とともに登場。ゲスト声優を務めた映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』(4月17日公開予定)を告知した後、…

つづきを見る

『鬼滅の刃』って本当に面白いの?「過剰に持ち上げすぎ」と辛辣な声も

今や社会現象になっている漫画『鬼滅の刃』。3月9日付のオリコン週間コミックランキングでは、ベストテンを単行本各巻が独占。まさに破竹の勢いを見せている。 「『週刊少年ジャンプ』で連載中の同作は、人喰い鬼の棲む世界を舞台に、主人公の少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう)と鬼の戦いを描くダークファンタジー。昨年のテレビアニメ化…

つづきを見る

股間を強調!? アニメキャラ“高海千歌”が「性的過ぎる!」と物議…

アニメでも人気の『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するキャラクター〝高海千歌〟が、静岡県の『西浦みかん大使』に就任。PRのためのオリジナルパネルが公開されたのだが、そのビジュアルが「女性蔑視だ!」と一部で問題視され、物議を醸している。 パネルに描かれたイラストは、制服姿の〝高海千歌〟が、みかん畑でみかんを持ってPR…

つづきを見る

大ブーム『鬼滅の刃』に速攻便乗!? 芸能界にも“にわか”急増中か

『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気漫画『鬼滅の刃』の19巻が、2月17日付オリコン週間コミックランキングの週間売り上げ137.8万部で1位を獲得した。週間売り上げ100万部超えは『ONE PIECE』『進撃の巨人』に続き、同ランキング史上3作目だ。 同漫画は、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)氏作によるダークファンタジーで…

つづきを見る

希望者殺到“声優界”にベテランが警鐘…「憧れだけではどうにもならない」

2月10日に発売された声優総合情報誌『声優グランプリ』の名物付録『声優名鑑』が話題になっている。 『声優名鑑』は今から19年前の2001年に初めて同誌の付録になったが、当時、女性の掲載人数はわずか225名だった。しかし、令和最初になる今回の名鑑では『女性編』の掲載人数が907名に達しており、読者から驚きの声が上がった。…

つづきを見る

『STAND BY ME ドラえもん』続編にファン激怒! また“あの禁忌”を犯すのか

公開当時、〝ドラ泣き〟という言葉がはやり、社会的にも話題になった映画『STAND BY ME ドラえもん』の続編となる『STAND BY ME ドラえもん2』の制作が発表された。これに対し、ファンの間では「またぶち壊すのか!」などと、怒りにも似た声が続出している。 前作に引き続き、山崎貴監督と八木竜一監督で制作される、…

つづきを見る

アニメ業界コワ過ぎ…10代少女わいせつ『ガイナックス』社長の鬼畜手口

声優志望の少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁は12月5日、アニメ制作会社『ガイナックス』の社長・巻智博容疑者を準強制わいせつ容疑で逮捕した。 巻容疑者は、今年2月6日から23日にかけて計4回、10代の少女に対して「芸能人として撮られるための訓練だ」と言って裸の写真を撮影。さらに「足がむくんでいるからマッサージをす…

つづきを見る

国民的長寿3番組が打ち切り危機! 視聴率“2%台”の悲惨…

10月より、金曜ゴールデンタイムのテレビ編成を大改革したテレビ朝日。これによって、国民的テレビ番組が消滅の危機を迎えているという。 「この改革で大きな話題になったのは、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』の〝左遷〟でした。今まで、金曜の19時から20時にかけて、この2本のアニメが放送されていましたが、改編後は土曜の16…

つづきを見る

ジブリ映画と新海誠映画の「エロ」についての比較ツイートに共感の嵐

アニメ映画のヒットメーカーといえば、『風の谷のナウシカ』や『となりのトトロ』を生み出したスタジオジブリを思い浮かべる人も多いと思われる。最近では、『君の名は。』や『天気の子』で知られる新海誠監督を推す人も多いだろう。 その2者の〝エロ〟について触れた、あるツイッターユーザーの投稿が、「ものすごく共感できる!」などとして…

つづきを見る

アニメ『ゆるキャン△』と『水曜どうでしょう』がまさかの夢コラボ!

TVアニメ『ゆるキャン△』と北海道テレビのバラエティー番組『水曜どうでしょう』のコラボが、番組公式ツイッターで発表された。 『ゆるキャン△』は、『COMIC FUZ』(芳文社)で連載されている同名の漫画を原作としたアニメ。2018年1月に放送が開始されるや、最近のキャンプブームと相まって瞬く間に大人気となった。 一方、…

つづきを見る