アメリカ

矛盾!学生を『拘束』しながら「勉強しろ」という日本企業の身勝手

日本の改革派が「米国型株主資本主義」を目指すべきとの主張を相変わらず続ける一方で、アメリカにはその対極へと導こうとしている政治家がいる。20年の米国大統領選で民主党の有力な指名候補と見られるエリザベス・ウォーレン上院議員だ。 「ウォーレン氏は、日本特有の資本主義とされる『ステークホルダー・モデル』へアメリカを移行させる…

つづきを見る

『ラブドールとのエッチ』が米テキサス州で禁止された理由

洋の東西を問わず『ラブドール』に欲情する男は珍しくも何ともない。 わが国では『ラブドール』という場合、特に最近のリアルで精工な製品を指すのが一般的。従来の呼称『ダッチワイフ』は、チープで猥雑、口をポカーンと開き、目を見開いた無機質な空気人形というイメージだ。 「近年、めくるめく進化を遂げているラブドールは、“美少女”の…

つづきを見る

政治家の「命取り」アメリカで実際に起こった不倫スキャンダル集

“フリントン”こと1990年代の米クリントン元大統領との不倫スキャンダルの相手となったモニカ・ルインスキーさんは現在、いじめ撲滅運動家として活動している。 そのルインスキーさんが9月2日、イスラエルのテレビ局とのインタビューに応じた。その冒頭で、現在もクリントン氏による個人的な謝罪を期待しているかと問われると、にわかに…

つづきを見る

恐怖!米国企業による「遺伝子ビジネス」が日本の農業を破壊する?

今年(2018年)の4月に日本の「種子法」(正式名称は『主要農作物種子法』)が全面廃止された。種子法は主にコメや大豆小麦など主要穀物の種や苗の安定供給と、継続的な品種改良を行い、日本固有の在来種を後世に伝えていくという重要な役割を担う法律だった。これが廃止されるとどうなるか?   グローバル化の影で暗躍するアメリカの意…

つづきを見る

ミサイル

『核の傘』日米原子力協定が「こっそり自動延長」された将来のリスクとは

今年も広島と長崎では「原爆の日」に平和の祈りが捧げられた。 長崎の平和祈念式典には、国連の事務総長では初めてアントニオ・グテーレス氏が出席し、「核保有国は、核軍縮をリードする特別の責任がある」と核兵器の根絶を訴えた。 安倍首相は広島でスピーチを行ったものの、昨年7月に国連で採択された核兵器禁止条約への言及はなく、ノーベ…

つづきを見る

American Modern Warship On The Background Of Sunset. 3D Illustration.

中国が密かに恐れる「米・韓国大使」は日本人の血をひく親日家

先ごろ、1年半以上空席となっていた米国の新たな駐韓国大使に、ハリー・ハリス前海軍大将が着任した。ハリス大使は日本びいきといわれる。 「生まれも育ちも神奈川県横須賀市。父親はアメリカ人ですが母親は日本人です。米海軍太平洋艦隊司令官を経て、2015年に在日米軍などを傘下に置く太平洋軍司令官に就任していますから、自衛隊幹部と…

つづきを見る

米トランプ政権の「マジで中国が嫌い」を伝えない日本のメディア

「ホワイトハウスからどの中国専門家、誰のところにも助言を求めたいという類いの電話が鳴らない」 これまで“パンダハガー”と称された米国内の中国専門家らは、こう嘆いているという。これはトランプ政権下のホワイトハウスに、中国の専門家がいなくなったことの証左だ。 同時にトランプ大統領の側近の中に、中国に融和的な人物はいなくなっ…

つづきを見る

共産主義なのに「ラスベガスの大物」にカジノを開業させたい北朝鮮の真意

カジノ先進国のスイスで6月10日に『新賭博法(BGS)』に関する国民投票が実施され、賛成72.9%、反対27.1%で可決された。 今回可決された新賭博法では、スイス国内でオンラインカジノの運営が可能になるという。だが、スイスに法人を置く企業に限られ、それ以外のギャンブルサイトはすべて接続遮断(サイトブロッキング)の対象…

つづきを見る

Young businessman behind the bars in prison

いじめ加害者の親に「罰金か刑務所」を定めた法律の施行

長野県では、学校生活や友達のことなどの悩みについてLINEで相談できるサービス『ひとりで悩まないで@長野』を期間限定で定期的に実施している。今回は7月1日から7月29日まで17時から21時の間の開設。次回は8月18日から9月17日となっている。 昨年は9月10~23日の2週間に開催され、中学生と高校生の時間外のアクセス…

つづきを見る

アメリカVS中国「貿易戦争」が勃発!中国市民に大打撃が思わぬ影響へ…

米中貿易戦争の可能性が高まる中、習近平中国国家主席が奥の手を使うようだ。それは最大の報復手段、消費者によるアメリカブランドの不買運動だ。これは“独裁国家”中国にしかできない作戦だ。 ただし、中国経済も大きな打撃を受ける可能性があるという。 「不買運動は中国自体にも打撃を与える恐れが大です。コカ・コーラやマクドナルド、ウ…

つづきを見る