アメリカ

近代的避妊法「ピル」はどうやって開発されたのか

近代的避妊法開発の歴史は、女性解放の歴史と一致する。つい最近まで女性は自らの意思で中絶することは許されていなかった。性と生殖は一体で、家族が承認の上でだけ許されることであり、女性が、家族が認めない異性と行う性行為および生殖は、近代国家への反逆にほかならなかったのである。 そんな社会で避妊薬ピル開発への偏見は凄まじいもの…

つづきを見る

ピース・綾部祐二「公式ホームページ立ち上げ」で盛大にスベる

今年の正月“少しだけ”話題になった芸人がいる。お笑いコンビ『ピース』の綾部祐二だ。 綾部は昨年10月にアメリカのニューヨークへ念願の移住を果たし、現在は海外進出を目指している。だが、話題になったのは移住する前の“移住するかしないか”という話だけ。早くも忘れられた存在だったのだが、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大の妻の…

つづきを見る

エイリアンを妊娠させた!? 74歳の老人の記憶

「わしは17歳のとき、エイリアンに童貞を奪われたんじゃ。そのエイリアンは妊娠し、エイリアンと人間のハイブリッドの子供が生まれたんじゃ」 アメリカのニュージャージー州ホーボーケン在住の自称芸術家、デビッド・ハギンス氏が、衝撃的な告白をしている。同氏はエイリアンと数多く遭遇し、その体験を絵にする芸術家だ。イギリスのドキュメ…

つづきを見る

中国人民解放軍は近い将来「ターミネーター軍団」になる!?

高性能ロボットを多数発表しているアメリカの企業『ボストン・ダイナミクス』が、驚くべき動画を公開した。2足歩行人型ロボット『アトラス』がバク転を披露したのだ。もはやロボットとは思えない身体能力を備えていることに、多くの人が驚きを隠せないでいる。 「2016年に公開されたアトラスは、悪路でも転ばない抜群のバランス感覚に加え…

つづきを見る

ローラが抱える「白人コンプレックス」

タレントのローラが11月30日をもってファンクラブを解散する。会員制メールマガジンによると《諸事情により、現在コンテンツの更新を行うことが困難な状況で、再開時期の目処が立たないため、これ以上ファンの皆様をお待たせする訳にも参りませんので、このような判断に至りました》と休止する理由が説明されている。 「ローラは現在、ロサ…

つづきを見る

2018年はテロの年!? 美人予言者姉妹の見通しは…

9.11のアメリカ同時多発テロなどを予言した一卵性双生児の美人予言者が、2018年の大予言を公開した。その予言方法は、イギリスのダイアナ公妃やマイケル・ジャクソンなど、亡くなった有名人たちと交信し、未来の情報を聞き取るものだという。 オカルト界で“サイキック・ツインズ”として有名なテリーとリンダのジャミソン姉妹は、20…

つづきを見る

北朝鮮を密かに支えるアメリカ人の存在

北朝鮮によるミサイル発射や核実験を制裁する意味で、今年9月1日からアメリカ国務省は、アメリカ人の北朝鮮訪問には制限を設けている。しかし、人道支援の分野に関しては例外だ。アメリカは、危機的状況が最悪の事態に陥らないように最後のチャンネルだけは維持しているのである。 「ドナルド・トランプ政権は北朝鮮への非難をエスカレートさ…

つづきを見る

男の欲望が炸裂!洋物メンズマガジンの世界

日本のファッション関係の雑誌の表紙や広告には、西洋人が起用される率が圧倒的に高い。そこには日本人の容姿へのコンプレックスが如実に現れていると言っていいだろう。 ここに『Men’s Adventure Magazines』(Taschen)という1冊の本がある。1950~1970年代のアメリカで発売された男性向きパルプマ…

つづきを見る

波紋呼ぶ「アメリカ副大統領」に近い人物のUFO発言

アメリカのマイク・ペンス副大統領に近い、ベティナ・ロドリゲス・アギレラ氏が以前、「わたしはアダクション(エイリアンによる誘拐・監禁)の被害者です。スペースシップに乗せられました」と明かしたことが話題になっている。同氏は来年、次期下院議員選挙で出馬することが決定しているからだ。 アギレラ氏はエイリアンとテレパシーでコミュ…

つづきを見る

2048年からやってきた「タイムトラベラー」が逮捕

アメリカのワイオミング州キャスパーの街中で「おれは未来からやってきたんだ」と叫び、通行人に迷惑をかけたとして、ブライアント・ジョンソン容疑者が逮捕された。取調べでジョンソン容疑者は「おれは2048年からタイムトラベルしてきた。使命は来年(2018年)にキャスパー市に悪のエイリアンがやってくることを市民たちに警告すること…

つづきを見る