アメリカ

トランプ大統領提唱「国境の壁」で中国人が拘束される謎

アメリカのドナルド・トランプ大統領は、大統領選挙中に「メキシコとの国境に壁を作る」と発言し、メキシコはもちろん在米メキシコ人や世界中の人たちから強く非難された。 国境の壁とは、メキシコからアメリカへの密輸や密入国を防ぐことを目的に、両国国境に沿った一連の壁とフェンスのことだ。 「両国の国境総全長は1989マイル(約32…

つづきを見る

北朝鮮を常時監視するサイト「38ノース」とは

緊迫が続く北朝鮮情勢。いつ次のミサイルが発射されるのか? さらなる核実験はあるのか? そんな北朝鮮の動向を常時監視している謎のメディア『38ノース』が話題になっている。 「38ノースは、アメリカのジョンズ・ホプキンス大にあるシンクタンク『米韓研究所』が運営する北朝鮮分析サイトです。これまでに衛星画像分析に基づいたミサイ…

つづきを見る

世界中でやりたい放題!中国の呆れた「ビジネス感覚」

アメリカのドナルド・トランプ政権が先ごろ“知的財産権の侵害”について中国企業の調査を開始すると中国側に圧力を掛けた。するとその2日後、中国はとんでもないことを言い出したという。 「中国側は『新幹線技術に関して、わが国の知的財産権が侵害されている』と言い出したのです。中国の新幹線は、日本、フランス、オランダ、スペインから…

つづきを見る

世界が注目するロシアの「UFO情報開示」

『パラダイム・リサーチ・グループ・インターナショナル』(PRG)のエグゼクティブ・ディレクターで、アメリカでエイリアンとUFOの情報公開のロビー活動をしているスティーブン・バセット氏は、ロシアの当局者とUFO情報開示の交渉中だという。 そのバセット氏が8月下旬にPRGのサイトなどで、次のように明かした。 「わたしは5月…

つづきを見る

今はあり得ない?北朝鮮で開催した「アメリカとの文化交流行事」

2008年2月26日に、アメリカの名門オーケストラ『ニューヨーク・フィルハーモニック』(NYP)が北朝鮮の平壌で初めてコンサートを開いた。このコンサートのスポンサーは著名な日本人女性という意外な背景もあり、話題になった。 場所は平壌の東平壌大劇場で、指揮はNYPのロリン・マゼール音楽監督。米朝両国国歌のあと、ドボルザー…

つづきを見る

「歩くことも困難」と報じられたマライア・キャリーに一体何が?

歌手のマライア・キャリーが一気に太り、現在の体重は263ポンド(約119キロ)あると、アメリカのウェブサイト『Radar Online』が報じている。身長がおよそ170センチでこの体重だというため、一部からは「歩くのも困難」と報じられたほどだ。 「このマライアの醜態を目の当たりにして、スポーツジムやダイエットサプリメン…

つづきを見る

伝説のタイムトラベラーが帰還後に予言した第三次世界大戦

インターネット上の有名な予言者であり、タイムトラベラーでもあるジョン・タイターが戻ってきた!? タイターは2036年から2000年にやって来て、2036年までに自らが体験してきた歴史をネット上に書き込んだとされる人物だ。2000年11月にアメリカの大手掲示板に登場し、未来から来た証拠やタイムトラベル理論、多くの予言を書…

つづきを見る

鄧小平の孫娘の夫まで摘発!中国腐敗撲滅の真相 ~その3~

(その2からの続き) 中国で“反腐敗キャンペーン”チームを率いて、聖域に切り込んだ習近平国家主席の右腕である王岐山も消えた。これにはいまも中国に拉致拘束されている大富豪、肖建華の兄貴分で、権力者の金庫番である郭文貴氏が絡んでいるともいわれる。 郭氏はアメリカメディアに神出鬼没しており、アメリカ国営放送の『ヴォイス・オブ…

つづきを見る

鄧小平の孫娘の夫まで摘発!中国腐敗撲滅の真相 ~その2~

(その1からの続き) 大手保険会社『安邦保険集団』の呉小暉会長が6月9日に姿を消した。中国メディアが驚いているのは、呉会長は鄧小平の孫娘である鄧卓苒と結婚して、特権階級“紅二代”に成り上がっており、この特権階級であるエスタブリシュメントには捜査の手が及ぶことは絶対にないとされていた。だが、王岐山が主導する“反腐敗キャン…

つづきを見る

鄧小平の孫娘の夫まで摘発!中国腐敗撲滅の真相 ~その1~

ここ数年、中国で大手企業の経営者や大物実業家が突如として失踪する事件が相次いでいる。その背景には、習近平国家主席が進める“腐敗撲滅”や2015年夏に起きた中国の株式市場暴落に対する政府の捜査が絡んでいる。2016年にはいったん収束するかに見えたが、2017年秋の共産党大会を前に、再び摘発が強化され出した。 直近では今年…

つづきを見る