イギリス

イギリスで報じられた「眞子様結婚延期」の内容

秋篠宮眞子内親王と小室圭氏の結婚が2020年まで延期すると発表された2月6日、イギリスのBBC(英国放送協会)のニュースサイトは日本のメディア報道を引用しながらその理由について、当初予定されていた秋の結婚式までに「充分な準備を行う時間的余裕がない」と眞子様が宮内庁を通じて発表した文書で述べたことを伝えている。 またBB…

つづきを見る

研究家に「スパイ扱い」される元イギリス国防省UFO担当官

UFO調査のプロ中のプロであるアメリカ在住のUFO研究家のニック・ポープ氏が「わたしは政府のスパイではない」と緊急声明を出した。 ポープ氏は元イギリス国防省(MOD)の『UFO班』ことUFOデスクオフィサー担当官(2009年に廃止)を1985年から2006年まで務め、現在は民間人としてUFO研究を進めており、世界各地で…

つづきを見る

歴史的タペストリー「トランプ大統領タイムトラベラー説」を示唆

2016年10月にドナルド・トランプ大統領(当時候補)がタイムトラベラーだと報じられたが、その“物象”となるものがが発掘された。イギリスのロンドンに在住するスヴェン・ヴァン・デル・ハート氏が歴史的に価値のある『バイユーのタペストリー』にトランプ大統領そっくりな人物を発見し、ツイッターにアップしたのだ。 バイユーのタペス…

つづきを見る

中国とミャンマー「ロヒンギャ問題」の裏で結束強める

イギリスメディアによるミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問への批判が凄まじい。ついこのあいだまで人権、民主のヒロインと持ち上げていたのに、イスラム教徒の少数民族『ロヒンギャ問題』では正反対の対応をとっているのだ。 「ロンドン市議会は、スーチー顧問に与えた名誉称号を永久剥奪しました。かつてイギリスのインテリジェンスは、…

つづきを見る

日本とあまりに違うイギリス地下鉄の「痴漢容疑者」対応

日本ではここ最近、電車内で発生した痴漢行為が連日のように報道されている。たとえ冤罪だったとしても「駅員室へ入った段階で警察に引き渡され逃れることができなくなる」という噂が広まったことで、線路を逃走して死傷者を出す事故も起きた。もちろん、列車に遅延が発生するため数万人単位で影響が出ることもある。 痴漢行為は日本だけに見ら…

つづきを見る

セレブ生活公開の紗栄子「インスタ炎上」

MLBのロサンゼルス・ドジャースに所属するダルビッシュ有投手の元妻で、女優の紗栄子のインスタグラムが炎上してしまった。 紗栄子は今年8月、ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営する会社社長との破局が女性週刊誌に報じられ、さらには長男と次男がイギリスの名門校に合格したため、ロンドンへ移住することが明らかにされた…

つづきを見る

紗栄子だけじゃない「海外在住芸能人」の増加

タレントの紗栄子が先日、『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)で約2年ぶりにテレビ出演を果たした。その際に、林修にダメ出しされる一幕があり、話題となった。 紗栄子は前夫でロサンゼルス・ドジャースのダルビッシュ有とのあいだにもうけた長男と次男に、「1歳のおわりぐらいから」英語教育をしていると明かした。ふたりの息子は番組収録…

つづきを見る

英国ヘンリー王子とメーガン・マクールの結婚への障害

イギリス王室のヘンリー王子が、交際中の女優のメーガン・マークルと婚約したと、8月中旬に報じられた。しかし、ふたりが結婚へ至るには、障害が立ちはだかっているという。 マクールはアメリカのロサンゼルス出身で、父はオランダ・アイルランド系、母はアフリカ系。2013年に会社社長と離婚を経験している。 ふたりは昨年5月にイベント…

つづきを見る

眞子さま「結婚=皇籍離脱」にイギリス人驚愕

先ごろ開かれた秋篠宮家長女の眞子さまと大学時代の同級生である小室圭さんの婚約内定会見は、エリザベス女王を君主とする王室の伝統が長いイギリスでも注目された。もともとイギリス国民は日本の皇室への関心が高く、英国に留学経験のある眞子さまのファンも少なくない。公共放送局のBBC(英国放送協会)や、大手新聞各紙の電子版は、会見の…

つづきを見る

イギリスBBCが中国をナチスと比較「民主化運動弾圧」を糾弾

2008年、中国の民主化を求める『零八憲章』を起草し、国家転覆扇動罪に問われ逮捕された中国の著作家、劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏が亡くなって1カ月が過ぎた。2010年にノーベル平和賞受賞したあとも獄中に幽閉され、今年の5月末に末期の肝臓がんであると診断されていた。 「劉氏を支持している人は国内外に山ほどいますが、各国家…

つづきを見る