イチロー

イチローと羽生結弦という二人の天才に共通すること

フィギュアスケートの羽生結弦(22)が、MLBのマイアミ・マーリンズに所属するイチロー(43)のようになっていると評判だ。 イチローはMLB1年目(当時シアトル・マリナーズ)で首位打者、盗塁王などになり、新人王と年間MVPを同時獲得した。すでにMLBだけで3000安打を達成し、日米通算では4300安打を超えている。 「…

つづきを見る

所属チームは前向き…イチローがWBC侍ジャパンに招集される可能性

2017年3月に開催される『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』を戦う野球日本代表『侍ジャパン』に、イチロー(43=マイアミ・マーリンズ)が合流する可能性が出てきた。 オフシーズンの恒例行事であるウインターミーティングに参加したマーリンズのマイケル・ヒル編成本部長は、「彼がWBCへ行きたいならサポートする」と…

つづきを見る

イチローがWBC侍ジャパン代表になる可能性

野球日本代表『侍ジャパン』の小久保裕紀代表監督(44)は『第4回ワールド・ベースボール・クラシック』(WBC)で王座を奪還するための切り札として、日本人MLB選手の招集を示唆している。 8月中に自ら渡米し、イチローを始め、ダルビッシュ有、田中将大らに直談判すると話していた。だが、過去の大会において、MLB球団のオーナー…

つづきを見る

MLB通算3000安打秒読みでも氷解しないイチローの「親子断絶」

吉見健明の「ダッグアウト取材メモ」 MLB通算3000安打へいよいよカウントダウンに入ったフロリダ・マーリンズのイチロー(42)。 ピート・ローズを超える日米通算4257安打を達成したときと同様に祝福ムードが漂うが、プライベートに目を向けると、イチローの悩みは解決していない。 週刊文春(6月30日号)でイチローの父親で…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】イチローが日本球界に復帰しない「3つの理由」

今季、MLB通算3000安打の達成を目指すフロリダ・マリーンズのイチロー(42)が苦しんでいる。 4月23日時点で11試合に出場し19打数7安打。打席数からも分かるように、主に控え選手で代打要因だ。 現地を視察した野球評論家の稲葉篤紀氏は、「腐らずに自己管理して目的に邁進している姿が素晴らしいです」とイチローを称賛して…

つづきを見る