イベント

Print

解散後30年「おニャン子クラブ」ファン最後のイベント

1987年9月20日、人気絶頂のときに東京の代々木第一体育館で解散コンサートを行った『おニャン子クラブ』。わずか2年半という短い活動期間だったにもかかわらず社会現象にもなった。 そして、解散した1年後の1988年9月20日には、誰が呼びかけたわけでもなく、代々木第一体育館の周辺に多くのファンが集まった。当時を懐かしみた…

つづきを見る

あの大阪万博は「フリーメーソン」に牛耳られていた!?

1970年、ベトナム戦争のさなかに“人類の進歩と調和”をテーマに開催された大阪万博は、延べ6421万人が訪れた日本最大のイベントとなった。しかし、そのときすでに日本は“ある勢力”『フリーメーソン』という怪物に支配されており、大阪万博はその象徴だったのではないだろうか。 フリーメーソンは、ヨーロッパのロスチャイルド家とア…

つづきを見る

ふなっしー、くまモンの次は…?「ゆるキャラグランプリ」開催中

くまモン、ふなっしー、ひこにゃん、さのまる、ねば~る君など、一世を風靡した『ゆるキャラ』たち。くまモンやふなっしーなど認知度も高く、ほかに定着したゆるキャラもいるが、それ以外のゆるキャラたちは一体どこへ行ったのか? 実は、いまでも『ゆるキャラグランプリ』は毎年開催されており、「ゆるキャラで地域を元気に!」「ゆるキャラで…

つづきを見る

ももクロライブ動員10万人超!「家族参加型イベント」に成長

8月5日と6日に、東京都にある味の素スタジアムで、『ももいろクローバーZ』のライブイベント『ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会』が開催された。2日間で、延べ10万902人の観客を動員し、2008年の結成から9年が経った現在も、ももクロ人気がいま…

つづきを見る

これぞクールジャパン!世界最大級の造形イベント「ワンフェス」

7月30日に幕張メッセで『ワンダーフェスティバル2017夏』(以下=ワンフェス)が開催された。 会場では着ぐるみ大のモスラが飛び、等身大の美少女フィギュアが笑顔で微笑み、半裸に近いコスプレイヤーたちとすれ違うという、まるで妄想世界に入り込んでしまったような気分になるイベントだ。 「ワンフェスは、市販されていないマイナー…

つづきを見る

Exif_JPEG_PICTURE

女性入場者6割超!渋谷で「ラブドール」の歴史に触れるアート展

『ラブドール』メーカーのオリエント工業が、創業40周年を記念した『今と昔の愛人形』という展示会を開催中だ。 1977年に特殊ボディーメーカーとして東京・上野に創業以来、本来が性処理目的のダッチワイフを、愛せるパートナーとしての“ラブドール”に進化させ続けてきたオリエント工業。近年では、5年ごとにアート系ラブドールの展示…

つづきを見る

GWは舞台にライブ…井の頭公園「百周年記念行事」多数開催!

東京の人気スポットである『井の頭公園』が、5月1日に開園100周年を迎えることを受けて、さまざまなイベントの開催が予定されている。 井の頭公園は多摩地区の武蔵野と三鷹市にまたがる日本初の郊外公園として1917年(大正6年)にオープン。神田川の水源地でもある井の頭池を中心に、動物園やテニスコート、野外ステージなどがあり、…

つづきを見る

鉄道ファンにとって出会いと別れの「春のダイヤ改正」

鉄道ファンの悲喜こもごもがクローズアップされる春のダイヤ改正。今年は2015年の北陸新幹線、2016年の北海道新幹線のような劇的なニュース性はないものの、全国的には“車両の世代交代”が目玉のひとつとなっているようだ。 JR東日本は3月18日、上野駅17番線ホームで烏山線用の『ACCUM(アキュム)』こと、EV-E301…

つづきを見る

コナンスタンプラリーに他のイベントも…春はJR中央線が熱い

この春には、東京都心を横断するJR中央線(快速線・東京―高尾)に注目したい。 まずは昨年デビュー50周年を迎えた特急あずさ号のイベントが、3月25日に新宿―松本間(新宿発8時32分)に国鉄型車両で運転される。 続いては、3月26日まで実施中の『名探偵コナンスタンプラリー』だ。映画『名探偵コナン から紅の恋歌』(4月15…

つづきを見る

大阪の「道頓堀」で芸能イベントが多く行われるようになった理由 

俳優の綾野剛が、1月15日に大阪府の道頓堀で主演映画『新宿スワン2』のヒットを祈願するイベントに出席し、約6000名のファンが集まった。 船に乗って登場した綾野は「大阪は本当にあったかい。もう感謝しかないです」とあいさつしていた。 道頓堀の名物であるグリコの看板の川を挟んだ向かい側には、綾野が演じる主人公の白鳥龍彦の巨…

つづきを見る