オカルト

もしものとき…悪霊と善霊の違いは「色」で判断せよ!

心霊スポットやパワースポットを訪れると、霊感の強い人は実際に“霊”を見ることがある。また、目視することはできなくても、その場で撮影した写真に写り込んでいたという人も多い。 霊はわれわれにさまざまな影響を与えるといわれているが、実際に目の当たりにしたときに、悪霊と善霊の違いは“色”で判断するといい。 「悪霊はネガティブな…

つづきを見る

謎の人型「未確認生物」がヘラジカを狙う瞬間をカメラが捉えた!

カナダのケベック州で人型生物がムース(ヘラジカ)を付け狙っているところが動画撮影され、UMA(未確認動物)マニアが盛り上がっている。 動画をチェックすると、道路に1頭のヘラジカがいる。地面に落ちているエサをあさっているようだ。その背後の森の中に体長5フィート(180センチ)ほどの細身の人型生物がウロウロしている。全身真…

つづきを見る

驚く的中率!?究極の選択に迷ったら「ダウジング」を試してみよう

昭和のオカルトブームで流行った“ダウジング”をご存じだろうか? ダウジングは、L字型の棒や振り子などを使い、地下水脈や鉱脈などが高確率で発見できるとして、世界中で大流行した。日本でも1970年代に東京都武蔵村山市の水道局員が、地中の水道管を見つけるために使用していたことが新聞で報道され、話題になった。現在では金属探知機…

つづきを見る

信じる者は救われる?先走る「人間と機械の融合」に隠された裏の顔

高度に進化したAIが社会に大きな変革をもたらす『シンギュラリティ』という近未来の科学概念が、いま注目を集めている。これを世に広めた第一人者がアメリカ人発明家『レイ・カーツワイル』だ。彼は「AIの急速な進歩で2045年までに人間は機械と融合し、神のような存在となり、不老不死になる」との予測を、自身の著書に書いているが、果…

つづきを見る

Asteroids flying close to the planet Earth. Elements of this image furnished by NASA

NASAが探査機を派遣?小惑星ベンヌに秘められた驚愕の正体

先日、太陽系外から地球に接近した謎の小惑星『オウムアムア』についての異説をお伝えしたが、実はもう1つの気になる小惑星『ベンヌ』が、いま地球に接近中なのである。しかもベンヌの軌道は地球と月の間を通過するといわれ、下手をすると地球と月の重力バランスの影響で「地球に衝突する可能性がある」というのだ! ベンヌの主な組成は岩石と…

つづきを見る

Artificial insemination. Needle puncture the cell membrane

行き着く先は闇か?いま静かに進行する「地球のメス化」問題

いま「メス化」が進んでいるらしい。といっても男性がスカートを履いて女装するという意味ではない。今回ぶった斬るのはあらゆる生物のオスが「知らぬ間にメス化していく」という、かなりシビアなお話なのである。   劣化するY染色体の恐怖! 人間を含めた大部分の哺乳類の性別は『性染色体』で性別を決定する。例えばメスはXX、オスはX…

つづきを見る

5億年前の「奇跡」なのか?意図的に仕組まれた古代生物「カンブリア爆発」の謎に迫る

先日、25億年前の地球で起きた『大酸化イベント』と嫌気性宇宙人の関係についてお伝えしたが、のちのち地球に与えた影響を考えると、それ以上の歴史的大事件といえる『カンブリア爆発』による新生物種の大発生が約5億4000万年前に起きている。今回はこのカンブリア爆発の謎を、独自の視点で解明したいと思う。   なぜか停滞する地球の…

つづきを見る

なぜ地球には酸素があるのか?25億年前の「大酸化イベント」の謎を斬る!

我々は植物が大気中の『二酸化炭素』を取り込み『光合成』で生み出す『酸素』を吸って生きている。地球ではごく当たり前のことだが、全宇宙規模で考えれば、地球のように豊富な酸素がある惑星は非常に珍しいのだ。 ではなぜ地球にだけ豊富な酸素が生まれたのか?これは未だにはっきりとは解明されておらず、地球物理学上、最大の謎の1つとされ…

つづきを見る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

むやみに「パワースポット」を訪れるべきではない理由

ここ数年、全国各地のパワースポットを巡る旅が流行している。特に、三重県の伊勢神宮や島根県の出雲大社などは“聖域”の最上位に位置することから、多くの観光客が足を運んでいる。 しかし、これらの聖域は神仏のパワーが強いだけに、安易な気持ちで訪れると、逆にとてつもない弊害に見舞われることがあるという。 そもそも神社とは、宗教で…

つづきを見る

奇妙な円盤に記された「古代文明の不可解な崩壊」全貌とは

『ファイストスの円盤』という有名な歴史的遺物がある。少なくとも3000年以上前に作られたと思われ、地中海に浮かぶクレタ島で1908年に発見された。以後数多くの考古学者が円盤全体に掘り込まれた”奇妙な絵文字”の解読を試みたが、全く意味不明で、現在も解明に向けた糸口すら掴めていないという。 そしてここからが本題だが、当時繁…

つづきを見る