オカルト

古代戦争の痕跡?「巨大な頭蓋骨」に秘められた火星の真実

UFOや宇宙人の研究で著名なYouTubeチャンネル『Paranormal Crucible』から久々にビッグニュースが飛び込んできた! 今回はなんと人類によく似た“巨大な頭蓋骨“を火星で発見したとして、マニアを中心に大きな注目を集めているのだ。 これはアメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ローバー『キュリオシティ』…

つづきを見る

全長5.6キロ!火星で発見された「巨大構造物」の謎を解く

以前、当サイトでは火星で目撃された15センチの小人ついて報じたが、今度は『Google Mars』を通じて火星表面で全長が5600メートルもある正体不明の“巨大構造物”が発見され、その余りの大きさにUFOマニアの間では「火星には巨人が住んでいるのではないか?」など、様々な憶測が囁かれている。 これがGoogle Mar…

つづきを見る

カリブの海底ピラミッドに隠された「恐るべき役割」とは

以前、海底に空いた大穴と、地球外に飛び去ったアトランティス大陸の空中要塞説について報じてきた。今回は、なんとその大穴から直線距離で666キロメートル北西のカリブ海で、正体不明の”海底ピラミッド”が2つも発見されたのだ! この海域は“魔の三角地帯”といわれる『バミューダ・トライアングル』と関連が深く、マニアの間では様々な…

つづきを見る

月面で発見された「奇妙な穴と丸い突起物」の正体

またも『Google Moon』からビッグニュースが飛び込んできた。今回はなんと月面で“奇妙な発光体“に照らされた穴に加え、その周囲からは“丸い突起物“のような物が多数発見されたのだ!UFOマニアのあいだでは、知的生命体の存在を裏付ける証拠として、いま注目を集めている。 これが問題の地点(22°42’39.17N 14…

つづきを見る

超古代文明の遺物か?南極の氷から「謎のUFO」が出現

衛星写真を公開する『Google Earth』でまた新たな発見があった。なんと、南極の氷原に突如としてアダムスキー型と思われる謎のUFOが出現したというのだ! 当サイトでは南極で栄えた超古代文明の痕跡を繰り返し報じているが、このUFOも貴重な遺物である可能性が高いと思われる。 こちらが問題の地点(61°57’51.6″…

つづきを見る

地上に刻印された「謎の卍」ロズウェル事件に新展開か?

またもや『Google Earth』から興味深いニュースが飛び込んできた。何とあの有名なUFO墜落事件『ロズウェル事件』の現場からほど近い場所で、謎の“鍵十字”が発見されたというのだ! この事件では、宇宙人の解剖が行われたという証言もあり、マニアの間では早くも様々な憶測が飛び交っているようだ。 これが問題の地点(33°…

つづきを見る

火星で「不可解な墜落物」発見!NASAの極秘作戦か

またも火星表面の衛星写真を公開している『Google Mars』からビックニュースが飛び込んできた! なんと、火星表面で飛行物体がクラッシュし、地中深くめり込んだと思われる“墜落跡”が発見されたというのだ。このニュースはイギリスのタブロイド紙『Daily Mail』でも取り上げられ、マニアを中心に大きな話題となっている…

つづきを見る

超古代文明の痕跡?南極で発見された「巨大階段」の謎に迫る

また『Google Earth』から大きなスクープが飛び込んできた! 今回はなんとフェイクと思われていた南極の“巨大な階段”が実際に発見され、マニアの間では陰謀論も含め、いま様々な憶測が飛び交っているのだ。 こちらが問題の地点(68°54’57.4″S 88°01’49.9″E)を拡大した画像だ。計測してみると長さ2….

つづきを見る

月面で発見された「高さ5600メートル」巨大塔の目的は…

またしても『Google Moon』からビックニュースが飛び込んできた。今回はなんと月面に高さが5600メートルにも及ぶ巨大な塔がそびえ立っていたというのだ! 月では、過去にも様々な形をした塔が発見されているが、全長5キロを超える物は前代未聞であり、いま天文マニアを中心に大きな注目を集めている。 こちらが問題の地点(2…

つづきを見る

月面衛星写真に写る「巨大ゲート」が示す月の驚くべき正体とは

以前、NASAが主導したルナリアンとの全面戦争についてお伝えしたが、今度は『バンクロフト』という月面クレーターの中にある謎の四角い巨大ゲートの存在が『Google Moon』で発見され、いまマニアを中心に大きな話題となっているのだ。 こちらが問題の地点(27°54’52.71″N  6°23’23.82″W)をアップし…

つづきを見る