オカルト

タイムトラベラー『2045年の未来』を動画で撮ってきた男

小型のタブレット端末に、未来の動画を収めてきたというタイムトラベラーが出現した。この男は2045年の世界で撮影した映像を持ち、現代に警告を発している。 オカルト専門ユーチューブチャンネルのアペックスTVで、男は「これが動画だ!」と自らのタブレットに収められている動画を公開した。 「2045年までに人間とロボットは統合さ…

つづきを見る

まさか『アイアンマン』?イタリア上空で「未確認飛行生物」が飛び回わる

信じられるだろうか? この未確認飛行生物(スペイン語でイバー二)はイタリアの大都市『ミラノ』上空で撮影されたという。 この動画がネットにアップされるやネットユーザーの間では「何かの精霊ではないか?」「いや、小型のUFOだろう」などと大きな議論を呼び、再生回数が77万回を超える大ヒットを記録した。 まばゆい光を発しながら…

つづきを見る

月を横切る『巨大UFO』!カメラがとらえた最新の「驚愕映像」とは

巨大なUFOが月面を高速移動で横切る場面が撮影され、YouTubeにアップされた。 UFOマニアは、UFOをこの目で見たいという願望を抱いて毎晩、月を眺める。そんな1人、イギリスのバークシャー州在住のジェイソン・カラム氏が9月25日、月に奇妙なものを発見し、急いでズーム撮影した。 映像を見ると、卵型の飛行物体が月の南部…

つづきを見る

恐怖!「霊と交信」「霊を探知」できる危険なアプリが続々誕生

海外では、霊と交信したり霊を探知するスマホのアプリが続々と誕生している。果たしてそんなことが可能なのか? 米アラバマ州在住の超常現象研究家、キム・ジョンソン氏は「アプリで霊とつながることは十分可能だと思います。実際、アメリカのゴーストハンターたちは、アプリを利用して霊の出現位置をピンポイントで特定しています」と指摘して…

つづきを見る

衝撃!?自殺の森『青木ヶ原樹海』のYouTube動画に海外も注目

富士の裾野に広がる青木ヶ原樹海。自殺志願者が集まる場所として有名だが、海外のオカルトマニアの間では“一度は訪れてみたい心霊スポット”として、常に上位にランキングされている場所でもある。 実際に現地を訪れてみると、一部は観光スポットのようになっており、整備された遊歩道を歩く分には何の問題もなく森林浴を味わえる。 しかし、…

つづきを見る

『衝撃の映像』ウソ発見器が証明する「タイムトラベラー」の存在

新たなタイムトラベラーが出現した。 “未来から戻ってきたイギリスのスパイ”を自称する男性が「もうタイムトラベルは開発されています。あと10年で誰もがタイムトラベルできるようになりますよ。私が証明です」と明かした。 未来人が現代にやってきたというケースが多いが、今回は現代人が未来にタイムトラベルし、戻ってきたというものだ…

つづきを見る

河童や半魚人の祖先か?異端の「アクア説(水生類人猿)」を独自に推理する

なぜ我々は他の霊長類と比べて、体毛が極端に薄く、2本足で常時歩けるのか? なぜ指の付け根に“水かき“を持つ人がいるのか? 「それは人類が進化の途中で、水中に居たからだ」とする奇抜な人類進化論『アクア説』が、いま大きな注目を集めている。 この説は1942年ドイツの解剖学者が『水生類人猿説』として最初に提唱したが、当時の学…

つづきを見る

大発見か?奇妙な明滅を繰り返す謎の『タビーの星』の秘密

地球から1,480光年先にある『タビーの星』という恒星(光を発する天体)が、いま天文学ファンの間で大きな議論を呼んでいる。なぜかといえば、この星が通常ではあり得ない“極めて不自然な明滅“を繰り返しているからだ。普通の恒星は地球から見て前方に多数の障害物があったとしても、精々1%ぐらいしか暗くならないのに対し、この星はな…

つづきを見る

殲滅兵器の名残か?『2つの偶然』に隠された超古代文明の戦争

アフリカ大陸の突端にある『南アフリカ共和国』では何故か猿人の化石が集中して大量に発見され、別名『人類のゆりかご』とも呼ばれる人類進化上、重要な遺跡群が数多く存在する。そしてもう1つ、この場所では、とても現実とは思えないことが2度も起こっている。 なんと人類のゆりかごの近くには20億年前と1億4500万年前に「2つの巨大…

つづきを見る

ついに人類は滅亡?謎の『Wow! シグナル』に秘められた恐怖

  1977年8月15日、アメリカ・オハイオ州で地球外の知的生命体探査を行っていた『ジェリー・R・エーマン』は突然、正体不明の電気信号をキャッチした。 その信号は遠い未来で使われるはずの“恒星間通信の波形“によく似ており、興奮した彼女はプリントアウトした波形表に思わず丸印で「Wow!」と書き込んだことから、その後『Wo…

つづきを見る