オリンピック

五輪公式メディアが伝えた羽生結弦のヨイショ記事がキモ過ぎる!

羽生結弦の19-20シーズンが始まった。初戦のオータムクラシックを優勝で飾り、幸先の良いスタートを切ったが、ヘンなプレッシャーもかかっていたようだ。 「今オフは恒例の公開練習がありませんでした。プログラム曲、ジャンプ構成などが全く分からなかったので、初戦に臨む羽生への注目度は高いものでした」(スポーツ紙記者) 羽生が感…

つづきを見る

「ビーチバレーのユサユサ姫」坂口佳穂“Fカップ”を武器にプロポーズ!?

推定Fカップでギャラリーを引きつけるヒーチバレー選手〝ユサユサ姫〟こと坂口佳穂が、東京五輪での必勝法を語った。 「坂口は、パートナーである鈴木悠佳子のことを称賛していましたね」(スポーツ協会詰め記者) 去る7月のワールドツアー東京大会では初戦で敗れたが、昨季の国内ツアー1位チーム。もちろん2人で五輪出場を目指している。…

つづきを見る

『不倫スキャンダル』岩崎恭子はどうなる? 不倫アスリートのその後…

週刊誌報道を受けて11月5日、五輪金メダリストの元水泳選手でスポーツコメンテーターの岩崎恭子が離婚したことを報告。自身の不倫が離婚の原因となったことを認め、謝罪した。 ネットユーザーからは、報道間もない時期に不倫・離婚を認めて謝罪した岩崎を擁護する声が相次いだが、スキャンダルが発覚したスポーツ選手の「その後」に関しては…

つづきを見る

ダルビッシュ闘魂注入!? レスリング一家の「秘密兵器・山本アーセン」の実力

ダルビッシュ有(29)は右肘の故障でシーズンを棒に振ったが、テキサスレンジャーズが3年ぶりのプレーオフ出場を決めたとき、ベンチを飛び出し、チームメートと肩を組み、本拠地のファンと喜びを分かち合っていた。 しかし、“甥っ子”とはそう簡単にはいかないようだ。 「山本アーセン(19)はレスリング男子グレコローマンのホープと期…

つづきを見る