オワコン

『AKB48』の終焉は近い?“聖地”に異変「秋葉原行ってビックリ…」

人気アイドルグループ『AKB48』のオワコン化を懸念する声が、ここ最近になってさらに増加している。例えばツイッター上では、変わり果てた姿になった〝聖地〟に一部のファンが嘆いていた。 「AKB48」ファンにとっての聖地といえば、『驚安の殿堂 ドン・キホーテ』秋葉原店にある『AKB48劇場』。会いに行けるアイドルとしてデビ…

つづきを見る

長澤まさみ『オールスター感謝祭』不参加のワケとは? 視聴率低下でジリ貧か…

3月27日、5時間半にわたって生放送された『オールスター感謝祭’21春』(TBS系)の平均視聴率が10.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことがわかった。 同番組は、1991年の番組スタート当初は20%以上の高視聴率をたたき出していたが、ここ数年は10~13%で推移している。また、毎年春と秋の2回放送さ…

つづきを見る

石橋貴明“地上波レギュラー”消滅!「残念」「時代遅れだから」と意見真っ二つ

『とんねるず』の石橋貴明とゲストが焚火を囲みながらトークと繰り広げる人気番組『石橋、薪を焚べる』(フジテレビ系)。緩い雰囲気とゲストとの絡みで話題を呼んでいた同番組だが、3月23日深夜の放送で惜しまれつつ最終回を迎えた。それに伴い、石橋の〝レギュラー番組〟が再び消滅し、ネット上でさまざまな意見が飛び交っている。 同日の…

つづきを見る

『R-1』過去“最低”視聴率! 壊滅的な番組構成でオワコン化が加速

ひとり芸No.1を決めるお笑いコンテスト『R-1グランプリ2021』(フジテレビ系)の決勝戦が3月7日に、大阪で開催された。ゆりやんレトリィバァがチャンピオンに輝いたが、ネット上では番組全体に大ブーイングが起きている。 同番組は2002年に『R-1ぐらんぷり』としてスタート。19回目となる今回からは、『R-1グランプリ…

つづきを見る

いきものがかり“4年半ぶり”最新シングルが爆死! ワニの呪いなのか…

男女3ピースバンドの『いきものがかり』が2月24日、33枚目のシングル『BAKU』をリリースした。しかし売り上げが芳しくないとして、ネット上では心配の声が多くあがっている。 前回のシングル「ラストシーン/ぼくらのゆめ」から実に4年半ぶりとなったファン待望のシングル。同曲は人気アニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO…

つづきを見る

ユーチューバー“オワコン化”が加速!『水溜まりボンド』ラジオ終了に納得の声

幅広い世代から人気を集めているユーチューバー『水溜りボンド』。彼らが木曜深夜にパーソナリティーを担当しているラジオ番組『水溜りボンドのオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)のレギュラー放送が終了すると発表され、ネット上で話題を呼んでいる。 「『水溜りボンド』は〝発想豊かな2人組動画クリエイター〟をキャッチコピーに掲げ…

つづきを見る

『Official髭男dism』オワコン化でグッバイ!? 新曲の売上に驚き…

2月22日付のオリコンデイリーシングルランキングで、『Official髭男dism』のニューシングル『Universe』が3位にランクイン。推定売上枚数は約1万9000枚で、そこそこの結果だが、ネット上では〝オワコン化〟を懸念する声が増え始めている。 まず、これまでにリリースされたシングルの売上を見てみると、名前を広め…

つづきを見る

LiSA人気は『鬼滅』のおかげ? 新曲MVの“便乗タグ”設定が発覚

1月13日、大人気アーティスト・LiSAが今年初のシングル『dawn』をリリース。発売に先駆けて1月10日には、YouTubeにMVが投稿された。しかし再生数が思わしくないようで、ネット上には〝LiSAはオワコン〟などの声もあがっている。 「dawn」は、1月8日から放送されているアニメ『バック・アロウ』(TOKYO …

つづきを見る

LiSA人気は去年まで!?『紅白』公式動画でYOASOBIに圧倒的完敗…

大人気アニメ『鬼滅の刃』のテーマソングを手掛け、ヒット曲を連発しているLiSA。昨年12月31日放送の『第71回NHK紅白歌合戦』へ出場したが、話題の音楽ユニットを引き合いに出し、オワコン化を指摘する声もあがっているようだ。 今回の『紅白』にも、その年に話題になった人気アーティストたちが集結。出演者の中でとくに注目を集…

つづきを見る

ブーム終了『乃木坂46』気がつかないのは固定ファンと運営だけ…

『AKB48』の人気を押しのけ、一時代を築いた『乃木坂46』。しかし、ここ最近はオワコン化がささやかれるようになってしまったようだ。 デビュー当時の「乃木坂」は、生駒里奈が1stシングルから5回連続でセンターを担当。この流れは平手友梨奈が在籍していた頃の『欅坂46』も同様で、『AKB』からの流れをくむプロモーション戦略…

つづきを見る