ケンカ

『有吉の壁』女芸人がガチ喧嘩!? 取っ組み合いに発展「ギスギス感がリアル」

6月22日放送の『有吉の壁』(日本テレビ系)で、芸人同士が取っ組み合いのけんかをする一幕があった。「ガチ喧嘩すぎる」と視聴者が沸いている。 芸人たちは結婚式場でネタを見せた。『蛙亭』の中野周平とイワクラは新郎新婦役を演じ、ピン芸人の吉住が新婦友人を代表してお祝いのメッセージを読み上げた。 吉住とイワクラは小学校以来の親…

つづきを見る

吉本興業の“ケンカ最強芸人”が決定!? 数々の武勇伝に『鬼越』も驚愕

100年以上の歴史を誇る『吉本興業』で、歴代最強の人物―。そんな男を、ケンカ芸で知られる同社所属の『鬼越トマホーク』が考察している。 「鬼越」は3月17日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、『【隠れ武闘派】吉本110年の歴史で最も強いが誰もその事実を知らない裏喧嘩最強芸人○○登場!!【鬼越トマホーク】』と題した動…

つづきを見る

広瀬すず&アリスの“姉妹喧嘩”にドン引き「気性激しすぎでしょ」

2月5日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)に、俳優の広瀬すずが登場。番組内で姉・広瀬アリスとの〝壮絶な喧嘩〟の全貌を明かし、ネット上で「想像できない…」と大きな反響を呼んでいる。 同日の番組では「広瀬すずの人生チャート」と題し、すずの幼少期からブレークまでの軌跡をフリップと映像で振り返ること…

つづきを見る

もう中学生“引き返せない信者”たちが暴走…「誰も傷つけない笑い」とは一体

再ブレークによる高い好感度を誇る裏で、ネタの要であったダンボール小道具を後輩芸人のツクロークンに〝ゴースト制作〟させていたことが明らかになったピン芸人・もう中学生。その風当たりはなかなかに強く、非難はもう中本人のみならず盲目なファンにまで及んでいる。 もう中は〝文春砲〟により、ツクロークンが小道具を制作していたことが発…

つづきを見る

もう中学生『有吉の壁』で“段ボール愛”を爆発させるも…「もう笑えない」

段ボールなどを加工した〝自作小道具〟ネタでブレークした、お笑い芸人・もう中学生が、小道具制作者とトラブルを起こしていたことが発覚。ネット上で物議を醸している。 トラブルを報じた1月12日配信の『文春オンライン』によると、もう中は、ネタで使用する段ボールなどを加工した小道具の制作を、同じ『吉本興業』に所属する芸人のツクロ…

つづきを見る

NiziUは国民的人気だった…『紅白』動画で“本当の人気”が明らかに!?

大晦日に放送され、歴代最低視聴率を叩き出した『第72回NHK紅白歌合戦』。NHKの公式YouTubeチャンネルが、出場歌手によるパフォーマンスのダイジェスト版をアップしている。 アップされているのは、歌唱シーンを30秒~1分ほどにまとめた動画。全アーティストの動画が上がっているわけではなく、三山ひろし、細川たかし、さだ…

つづきを見る

バカリズム“無能な共演者”にガチギレの過去…「てめえいい加減にしろ!」

ピン芸人の『バカリズム』が、同業者にガチギレ・ガチ注意をした経験を明かした。 1月3日に放送された『内村&さまぁ~ずの初出しトークバラエティ笑いダネ』(日本テレビ系)に、バカリズムは『バイきんぐ』小峠英二とともにゲスト出演。実はバカリズムと小峠は、福岡県・田川の出身という共通点があり、地元のローカル局にて2人でMCを務…

つづきを見る

小栗旬&藤原竜也“演技論”で大喧嘩も冷めた声…「いつも同じ演技に見える」

12月22日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、俳優の吉田鋼太郎がゲスト出演。役者の後輩である小栗旬と藤原竜也の〝ケンカエピソード〟をぶっちゃけた。 吉田は、小栗と藤原について「お酒を飲むと必ず諍いになる」「お前の芝居でのやり方が気に入らない(などといった理由で)」など、2人が頻繁にケンカしていることを暴露。…

つづきを見る

マツコ・デラックスが“ガチ喧嘩”を美談に!?「ダメだよ」「危ない」

11月29日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスがケンカを肯定するともとれる発言をしたところ「全然いい話じゃない」などと異論が噴出している。 スタッフが、街ゆく人の未解決案件を解決しようと街頭インタビューした。スタッフが男性の眼鏡がゆがんでいるのを見て「メガネ、どうしちゃったんですか?」と問…

つづきを見る

格闘家ユーチューバーが喧嘩企画で炎上!「品性を疑う」「許されてはいけない」

11月20日、『ABEMA』で『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』が放送された。格闘家でユーチューバーの朝倉未来に勝利すれば賞金を獲得できる企画だったが、挑戦者が必要以上にボコボコにされたとして、批判が飛び交っている。 今回の1000万円企画には、総勢656人が参加を表明。その中から「ABEMA」側が…

つづきを見る