ザワつく!金曜日

高橋一生主演作が海外ドラマを丸パクリ!? 物議を醸したドラマ&バラエティー

若者のテレビ離れが進む昨今。1年を通して壮絶な視聴率争奪戦が繰り広げられているバラエティー番組やドラマだが、2022年、戦略が裏目に出てしまった番組をいくつか取り上げていこう。 まずは、9月に打ち切りとなってしまった『ウラ撮れちゃいました』(テレビ朝日系)。 同番組はかねてから『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』…

つづきを見る

長嶋一茂“フリーアナ”にヤバい発言連発「ほんまもんのセクハラ」

12月21日放送の『ザワつく!路線バスで寄り道の旅』(テレビ朝日系)で、長嶋一茂が女性フリーアナウンサー相手にセクハラめいた発言を繰り返した。 視聴者はこれにドン引きした様子で「ほんまもんのセクハラ」と嘆いている。 一茂は『サバンナ』高橋茂雄とともにバスに乗り込み、横浜から横須加、逗子、葉山を旅した。 横浜赤レンガ倉庫…

つづきを見る

長嶋一茂にドン引き…菜々緒にセクハラ発言連発「誰か注意しなきゃダメ」

9月30日放送の『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)3時間SPに、俳優でモデルの菜々緒が登場。番組MCの長嶋一茂が彼女に対してセクハラ発言を連発し、視聴者から批判の声が続出している。 この日は、路線バスを使って寄り道旅を楽しむ人気企画「ザワつく!路線バスで寄り道の旅」が放送された。 ゲストとして、菜々緒のほか、ホラン千…

つづきを見る

『月曜から夜ふかし』を丸パクリ? テレ朝の人気番組に疑惑 今週の“テレビ事件簿”ランキング

今週もさまざまなバラエティ番組やCMが話題となったテレビ業界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも注目された、バラエティ番組やCMのランキングと記事をご紹介します(7/21配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 ザワつく!金曜日 : 『月曜から夜ふかし』を丸パクリ? テレ朝の人気番組に疑惑「手抜きすぎ…

つづきを見る

『月曜から夜ふかし』を丸パクリ? テレ朝の人気番組に疑惑「手抜きすぎ」

長嶋一茂、高嶋ちさ子、石原良純が出演する『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)に、パクリ疑惑が指摘されている。 「番組は昨年12月の放送で、東京・錦糸町駅構内にあるクレープ店の名物店員・木村かよさんを特集しました。彼女は声・喋り方・テンポの全てが、おじさんおばさん世代にとっての『ドラえもん』の声である大山のぶ代にそっく…

つづきを見る

長嶋一茂“妻も知らない”不倫未遂をテレビ初告白「なんで言うの…」

戦後日本最大の国民的スター・長嶋茂雄の息子というだけで、ここまでやってきたタレント・長嶋一茂に、国民がドン引きしている。 一茂は4月8日放送の『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)にレギュラー出演。自身が大好きなハワイのトークになると、コロナ以前はハワイと日本を往来していたと思いを巡らせ、「ハワイで飲食店をやりたい」と思…

つづきを見る

長嶋一茂『ザワつく!』で失敗談を告白も…「相手に失礼」「残念な人」

炎上・失言マシーンのタレント・長嶋一茂が、またも世間の賛否を招く発言をしている。 一茂は1月14日放送の『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)にレギュラー出演し、学生時代のクリスマスイブの失敗談を回顧。いわく、当時の恋人とフランス料理を食べてからホテルに行く計画で、フレンチレストランの後にホテルを予約しておいたという。…

つづきを見る

『ガキ使』中止で“紅白裏”の視聴率に異変?『ザワつく』シリーズ大躍進の可能性

誰もが羨む華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にする長嶋一茂、石原良純、高嶋ちさ子が出演するトークバラエティー番組『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)。今年の大晦日はそんなトリオが集結する『ザワつく! 大晦日』が放送される。 大晦日放送のゲストは大御所・黒柳徹子。長嶋、石原、高嶋の3人は、2021年6月に放送…

つづきを見る

テレ朝『大みそか特番』に呆れ声噴出! やる気ゼロで「お金ないのね…」

石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子らがレギュラー出演するバラエティー『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)。3年連続の大みそか特番が決定したものの、ネット上では呆れ声が噴出している。 一部の層に大人気の同番組。番組内でMCの『サバンナ』高橋茂雄が大みそか特番決定を発表すると、3人は微妙な反応をみせる。高橋が「大晦日スペシャ…

つづきを見る

『オモウマい店』嫌われ番組に!? 信者とアンチが白熱「文句あるなら見るな!」

秋篠宮家の長女・眞子さまを複雑性PTSDに追い込んだ誹謗中傷の温床であり、先日はサイトから直々にユーザーへの注意も行なわれた、とあるニュースサイトのコメント欄。ここのユーザーたちが、『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本テレビ系)を批判した記事にブチ切れているようだ。 問題となったのは、あるメディアが読者アン…

つづきを見る