シン・ゴジラ

『ゴジラ−1.0』は『シン・ゴジラ』を超えた? “ゴジ泣き”の前評判を覆して絶賛の声「100倍以上面白い」

11月3日公開の映画『ゴジラ−1.0』に、絶賛の声が相次いでいる。 週末3日間で観客動員数64万人、興行収入10.4億円を突破。2016年に公開され、最終興収82.5億円を記録した『シン・ゴジラ』と比較すると、観客動員対比114.7%、興行収入対比で122.8%の好スタートとなった。 映画は『ALWAYS続・三丁目の夕…

つづきを見る

『シン・仮面ライダー』は失敗だった? 公開からわずか4カ月でネット配信

映画『シン・仮面ライダー』が『Amazon プライム・ビデオ』で7月21日に配信されることが決定した。 劇場版の公開は2023年3月で、封切りからわずか4カ月でのネット公開となる。あまりにも早いようにも見えるが、同映画は果たして成功だったのか、失敗だったのか。 過去の『シン』シリーズと比べてみると、『シン・ウルトラマン…

つづきを見る

『シン・仮面ライダー』必死のPRが逆効果…冒頭30分公開でさらなる爆死危機

その期待値に反し、興行収入での不調が浮き彫りとなっている映画『シン・仮面ライダー』。まさかの結果に焦ったのか、配給会社がなりふり構わぬテコ入れ策を連発している。 同作は庵野秀明脚本・監督『シン』シリーズの最新作として3月18日に公開。サプライズ性を保つためか、事前プロモーションや情報解禁は行われず、ベールに包まれたまま…

つづきを見る

『シン・仮面ライダー』予算削減でショボすぎ?「ポケモン」ノリのストーリー

『新世紀エヴァンゲリオン』で知られる庵野秀明氏が脚本・監督を務めた映画『シン・仮面ライダー』が、大苦戦している。その理由として、制作費削減もウワサされているようだ。 『シン・ゴジラ』や『シン・ウルトラマン』などを手がけてきた庵野氏の最新作が『シン・仮面ライダー』。満を持して3月17日に公開されたのだが、公開3日で興収5…

つづきを見る

映画『ゴジラ』新作は山崎貴監督…“ゴジ泣き”トレンド入りの悲劇

来年の〝ゴジラの日〟にあたる2023年11月3日に、『ゴジラ』シリーズ新作映画の公開が決定。しかし、特撮ファンからは冷ややかな声が相次いでいる。 新作映画が制作されるのは、2016年公開の『シン・ゴジラ』以来のこと。生誕70周年に先駆け、日本の「ゴジラ」シリーズ通算30作目となる映画の制作が発表された。 ファンにとって…

つづきを見る

『日本沈没』が名作映画に酷似?「残念なシン・ゴジラ」「チープすぎる」

10月24日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の第3話が放送された。ダラダラとした会議シーンが続き、ネット上では「しょぼいシン・ゴジラ」などと揶揄する声が多くあがっている。 原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台…

つづきを見る

人気が衰えない「シン・ゴジラ」はバスツアー企画や聖地巡礼も盛ん

7月の公開以降、口コミを中心にして爆発的なヒット映画に登り詰めた『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督)。 10月には行政もタイアップするツアーが3回も予定されている。 そのうちの一つは《ロケに同行したスタッフがご案内!》という神奈川県川崎市のバスツアー(10月11日・定員40名・4980円)で、募集開始と同時にすでに満員御…

つづきを見る

時代と共に進化した「ゴジラ」を体感できる映画祭

7月29日に映画『シン・ゴジラ』の公開が決定し、怪獣王ゴジラが12年ぶりに甦る。 これを記念して、歴代作品を日替わりで上映する映画大会『シン・ゴジラ映画総進撃』が、東京・神田神保町の『神保町シアター』で、5月7日~6月17日の日程で開催されている。 ゴジラシリーズは、新作の『シン・ゴジラ』含む日本版の29作品と、ハリウ…

つづきを見る