ジェンダー

『アメトーーク!』女性ゲストなしで神回に?「バラエティーに一番いらない存在」

7月28日、バラエティー番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)が放送された。女性ゲストが出演しなかったこの回が、大好評を博しているようだ。 この日のテーマは「女性人気ない芸人」。『霜降り明星』『錦鯉』『ダイアン』『鬼越トマホーク』の4組が登場し、〝女性人気ある側〟として『かまいたち』もゲスト出演した。 そして、いつもの…

つづきを見る

『ザ・ノンフィクション』屈指の神回!? ゴミ屋敷に住む東大卒女装家が話題

7月24日に放送された『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)に出演した、元東大生の男性が話題になっている。 この日に放送されたのは『片付けられない部屋 ~ゴミの中に埋もれた思い出~』。都内の家賃3万円台のワンルームで生活するみずきさんに密着した。 10代で両親が離婚したという長男のみずきさんは、親の夢でもあった研究者…

つづきを見る

セクハラ“被害”のグラドルに誹謗中傷!「お互い様」「炎上で有名になりたい?」

Jリーガーから「セクハラDM」が届いたと告発した、グラビアアイドルの福岡みなみが7月14日、自身のインスタグラムを更新。嫌がらせや誹謗中傷被害に遭っていると訴え、ネット上で物議を醸している。 コトの発端は、福岡によるインスタグラムでの告発だった。 福岡は写真週刊誌『FLASH』に掲載されたショットを投稿していたが、この…

つづきを見る

『めざまし8』“ジェンダーギャップ”批判も女子サウナ特集…「学習能力ゼロ」

7月14日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)は〝ジェンダーギャップ〟について取り上げた。しかしその後、矛盾するような特集が放送され、視聴者から大ブーイングが巻き起こっている。 番組は、世界各国の男女間の平等について、「政治参加」「経済」「教育」「健康」の4つの分野をもとに評価した「ジェンダーギャップ指数」を取り上げた…

つづきを見る

セカオワ・Saoriも自民党から出馬!? ファンから期待の声「支持します」

男女4人組バンド『SEKAI NO OWARI』のメンバー・Saoriが、7月5日にインスタグラムのストーリーズを更新。「もっと女性議員が増えて欲しい」など、政治に関する持論を展開した。前々から政治的な発言が多かったこともあり、ネット上では、いよいよ政界進出するのではないか、とウワサされているようだ。 Saoriは《い…

つづきを見る

『水ダウ』人気企画にフェミニスト激怒「女はエンタメ扱い」「晒し者にして…」

7月6日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)は、過去に大反響を呼んだ企画「4世代対抗リレー」を放送。しかし同企画の内容を巡り、一部の視聴者から大クレームが続出しているようだ。 今回で3回目の開催となる「4世代対抗リレー」は、〝子ども・母・祖母・曾祖母〟の4世代がバトンを繋いでいくリレー企画。世代間の年齢差が少ない〝小…

つづきを見る

セカオワ・Saoriの政治的発言に賛否「勇気が出た」「35歳にもなって…」

男女4人組バンド『SEKAI NO OWARI』のメンバーSaoriが6月26日、自身のツイッターを更新。選挙システムに対して持論を述べ、ネット上で賛否を呼んでいる。 Saoriは《何で女性の大変さを分かってくれないの?と泣きたくなることが起きる。でも、私だって障害者の方の大変さを知らなかった。私たちは皆、知らず知らず…

つづきを見る

キャディー“ブチ切れ騒動”にフェミニスト激怒「男同士や逆ではありえない」

国内女子ゴルフツアー『アース・モンダミンカップ』が6月23日にスタート。プロゴルファー・大西葵選手に帯同する大江順一キャディーがラウンド中、大西選手にブチ切れし、職務を途中放棄するトラブルが発生。ゴルフファンをザワつかせている。 前代未聞の〝内輪揉め〟が発生したのは17番ホール・パー4の第2打地点だった。大西選手の打球…

つづきを見る

80歳手前・おすぎとピーコの“終活”…地方に移住し「老老介護」の日々

双子のオネエタレント・おすぎとピーコとして活躍したピーコが、おすぎの介護を告白したのは昨年末のこと。2000年代に一世を風靡した人気タレントも、今や〝終活〟に入っているようだ。 昨年12月、『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演したピーコは、悲しげな様子で「あの人がちょっと具合が悪くなって、面倒見てやらないとダメな…

つづきを見る

広瀬アリス『恋マジ』が女性蔑視だと炎上「女バカにし過ぎ」「気持ち悪い」

4月25日、広瀬アリス主演のドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)第2話が放送された。ストーリーが女性蔑視だと炎上している。 主人公の桜沢純(広瀬)は、食器ブランド『相良製陶』の洋食器デザイナー。 大事な展示会の仕事を任されるなど若きチーフとして上司からの信頼も厚いが、一方で、アラサーでありながら…

つづきを見る