ジェンダー

氷川きよしの“美脚写真”に反響「きーちゃん全開︎」「露骨すぎる…」

歌手の氷川きよしが7月9日、自身のインスタグラムを更新。最新のコーデ写真に加え、圧巻の美脚を披露し、さまざまな声があがっている。 氷川は《川口コンサート皆様熱い熱い拍手最高でした! 埼玉パワーが半端なかったです! 感謝!》とコメント。続けて、《ヤクルトスワローズ始球式以来のミニパンよっw 10年くらい前から使ってるバレ…

つづきを見る

はるな愛が演歌・歌謡曲歌手に転身! 空回りしたビジョンに「限界なのかな」

タレントのはるな愛が演歌・歌謡曲歌手に転身することを明かし、話題になっている。 今回リリースするのは、氷川きよしや八代亜紀への楽曲提供で知られる大谷明裕氏が作曲した歌謡曲『タピオカの夏』。これまでのポップス路線の楽曲とは一転、昭和歌謡的な楽曲になっているのが特徴で、落ちる涙をタピオカに例えた女性目線の失恋ソングとなって…

つづきを見る

宇多田ヒカルの“カミングアウト”に賛否!「多様性の時代」「おかしな世の中」

歌手の宇多田ヒカルが6月26日、インスタライブを配信。〝ノンバイナリー〟であることをカミングアウトし、ファンをザワつかせている。 宇多田は部屋の背景に映るクマのぬいぐるみを指し、流ちょうな英語で「私の親友を紹介します。名前はクマちゃん、彼は男の子でゲイなんです」と紹介。続けて「私はノンバイナリー。ハッピープライドマンス…

つづきを見る

雨宮塔子の“エッセイ”が大炎上!「ジェンダー論のこじつけ」と苦言殺到

元TBSでフリーアナウンサー・雨宮塔子の〝連載エッセイ〟がネット上で大炎上している。 問題になっているのは雨宮が『文藝春秋』6月号に寄せたエッセイ。『息子はフランスの高校1年生、生活指導の面談で感じたこと』と題して、息子の〝遅刻問題〟についてつづっている。 雨宮の息子は高校1年生で、遅刻が多く点呼に間に合わないため、欠…

つづきを見る

元AKB・秋元才加の肩書は“俳優”!? ジェンダー論が物議を醸すニッポン

元『AKB48』の秋元才加が4月6日、自身のツイッターを更新。自身の肩書を〝女優〟ではなく〝俳優〟にしてほしいと述べ、物議を醸している。 秋元はオンラインメディアが自身を取材した記事への感謝ツイートと共に、《取り上げて下さりありがとうございます。申し訳ありませんが、私の肩書き表記を俳優表記にして頂けますと幸いです。ここ…

つづきを見る

『報道ステーション』CMが炎上! ジェンダー平等に噛みつく自称フェミニスト

報道番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)のウェブCMが3月22日に公開され、ネット上で物議を醸している。 番組の公式ツイッターでは、《【報ステ WEB用CM作りました】『より深く、よりカラフルに』今後とも #報ステ を何卒よろしくお願いします》と告知。15秒と30秒の2バージョンのCMが公開されている(現在は削除済…

つづきを見る

『日経新聞』女性蔑視コラム掲載で炎上!“サイレント修正”で火に油を注ぐ…

ジェンダーへの問題意識が高まっている昨今。東京オリンピック組織委員会の森喜朗氏が女性蔑視とも取れる発言で、辞任したことは記憶に新しい。そんな中、ウェブ版『日本経済新聞』に公開された記事が物議を醸している。 問題になっているのは、3月2日に公開されたネット・スマホ通信事業大手『IIJ』会長・鈴木幸一氏の『重要な仕事、「家…

つづきを見る

鳥居みゆき“容姿関係ない”論がプチ炎上「いい思いしてきたクセに…」

2月23日、ネットニュースメディア『文春オンライン』にて、お笑い芸人・鳥居みゆきのインタビュー記事が公開された。昨今なにかと話題になっているジェンダー論について語った鳥居の言葉が、ネット上で非難を浴びている。 このインタビュー記事の中で鳥居は、「女芸人」というくくりや、「紅白歌合戦」の男女対決の形式に疑問を投じるなど、…

つづきを見る

『サンモニ』関口宏が“女性軽視”発言!? 視聴者怒り爆発「まるで森喜朗」

2月21日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)では、司会・関口宏の〝ある一言〟が炎上騒動に発展。しかし一部視聴者からは擁護の声もあがっており、ネット上で議論が白熱しているようだ。 この日、番組では東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の新会長に選ばれた橋本聖子氏を特集。このニュースに対して関口から意見を求め…

つづきを見る

女性への配慮でまた改変!? アニメ『ダイの大冒険』に再び落胆の声

1月23日に放送されたアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(テレビ東京系)第16話で、コンプライアンスを意識した原作改変が行われ、ファンからは落胆の声が広がっている。 昨年10月より放送がスタートした同作。国民的RPG『ドラゴンクエスト』をもとにした作品で、1989年から1996年にかけて『週刊少年ジャンプ』にて連…

つづきを見る