スッキリ

『スッキリ』女性叩きを扇動?“ダブスタ”被害者意識を刺激されるオタクたち…

〝千葉県警のVtuber起用騒動〟がついにネットを飛び出す話題となり、各ワイドショーでも取り上げられるようになってきた。 千葉県警は7月にVtuberを起用した啓発動画を作成・公式YouTubeにアップしたのだが、このキャラクターが制服風ビキニのような格好をしていたため、地元・松戸の増田薫市議が共同代表を務める「全国フ…

つづきを見る

『スッキリ』出演のパンクバンドに視聴者ドン引き「学園祭かと思った」

9月22日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、3人組パンクバンド『LONGMAN(ロングマン)』が登場。話題の楽曲『Will』をテレビ初披露したのだが、そのお粗末な演奏ぶりに視聴者からバッシングが噴出している。 「LONGMAN」が登場したのは、マンスリーMC・もう中学生が紹介するエンタメコーナー。そこでもう中学生は…

つづきを見る

『スッキリ』“オシャレ芸人”に批判「解説酷すぎ」「ファッション語るな」

9月21日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、アメリカ・ニューヨークで開催されたファッションの祭典『METガラ2021』について特集。しかしズサンすぎる解説を展開してしまい、視聴者の怒りを買ってしまったようだ。 日本時間の9月14日に開催され、プロテニスプレイヤー・大坂なおみも参加したことで注目を集めた「METガラ…

つづきを見る

『スッキリ』特大ブーメラン?“野球拳”風評被害の原因は…「日テレじゃん」

9月9日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、歌い踊りながらジャンケンをする伝統芸〝野球拳〟について特集。野球拳の現状や風評被害を紹介したが、視聴者から番組サイドへツッコミが続出している。 同日の番組は「アウト、セーフ、ヨヨイノヨイ」の掛け声で知られる野球拳が9月6日、特許庁により〝商標登録〟されたニュースを取り上げ…

つづきを見る

『スッキリ』加藤浩次が“新型iPhone”にクレーム「よく言った!」

所属事務所に公然と楯突いたことで冷や飯を食らっている芸人・加藤浩次が、今度は世界的大企業・Appleに噛みつき、話題を呼んでいる。 9月9日、Appleは毎年この時期に行っている新製品発表会を今年も15日に行うことを告知。これに伴い、加藤司会の『スッキリ』(日本テレビ系)は9日の放送で、15日に発表予定と予想されている…

つづきを見る

『スッキリ』“ジェンダーレス”ファッション特集が物議「性別にとらわれてる」

9月7日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)は、ジェンダーレスファッションを特集。ツイッター上でトレンド入りするなど、大きな話題になっている。 この日、番組では近年、急増している性別を問わないファッションを特集。ファッションブランド『GU』が、ジェンダーレス、エイジレスな商品を展開することを紹介した。 MCの加藤浩次は「…

つづきを見る

ウエンツ瑛士“パラ選手追い出し”で炎上!「感じ悪すぎ」「本当に失礼」

タレントのウエンツ瑛士が9月7日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。東京パラリンピックの車いすバスケット代表・鳥海連志選手を追い払うような態度をとり、炎上している。 この日、番組では日本史上初の銀メダルを獲得した、車いすバスケットボール男子・鳥海連志選手がスタジオ生出演。世界の高さに対応するために速いバスケットボ…

つづきを見る

『スッキリ』近藤春菜の“復帰”は0%!? 絶対ありえない芸能界の裏事情とは…

日本テレビの編成部長が、まことしやかに囁かれている『ハリセンボン』近藤春菜の『スッキリ』復帰説に直接言及した。 今年3月、春菜は5年間MCを務めてきた同番組を卒業。ラスト出演のエンディングでは、「最初は戸惑うことがあって逃げ出したいこともあったけど、なぜここまでやらせていただけたかというと、加藤さんをはじめとするチーム…

つづきを見る

『スッキリ』差別表現“謝罪”が番組ファンに不評!?「ガッカリな朝…」

8月26日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、過去に同番組内で発生した〝アイヌ民族差別表現〟の謝罪と検証をするプログラムが設けられた。そこで長時間かけた謝罪の姿勢や検証内容に、視聴者から絶賛の声が続出している。 謝罪が行われたのは、この日の番組中盤。まずは森圭介アナウンサーの「アイヌ民族のみなさま、関係するみなさま、…

つづきを見る

卓球・水谷隼『スッキリ』で“照明問題”に言及「わざととしか思えん」

東京オリンピックの卓球男女混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼選手が、8月11日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演。物議を醸した〝照明トラブル〟に言及し、視聴者をザワつかせた。 水谷選手はさまざまなインタビューに答える中で、2018年から目の異常を感じていたと告白。治療は受けているものの、「そこから一度も回復…

つづきを見る