ツイッター

とろサーモン・久保田「樹木希林に便乗」で1万の『いいね!』を獲得

お笑いコンビ『とろサーモン』の久保田かずのぶが、先ごろ亡くなった女優、樹木希林さんを巡るマスコミの過熱取材を「不謹慎過ぎる」と批判した。 久保田は9月16日にツイッターを更新。希林さんの死去を受け、夫でミュージシャンの内田裕也のコメントを求めて自宅マンションに押し寄せるマスコミに対して、 《不謹慎過ぎる。公に出れる状態…

つづきを見る

「炎上狙い」の『整形美女』モデル入澤優の寒~いスベリ投稿の数々

SNSは身近な分、芸能人や有名人の投稿はちょっとしたことで炎上する。だからこそ気を付けるのが普通だが、あえて炎上を狙う輩もいる。 ネット上で有名な“炎上狙い”の代表格と言えば、モデルの入澤優が挙げられる。入澤は日本一の大学サークル看板娘を決めるミスコンテスト『MISS CIRCLE CONTEST 2017』で、モデル…

つづきを見る

「カマキリ先生」こと香川照之のツイッターが大人気の理由とは?

俳優・香川照之のツイッターが話題になっている。 香川は8月27日に、息子の市川團子と一緒にカマキリをモチーフにした暖簾の間から顔を出している写真をアップした。 八月納涼歌舞伎、本日千穐楽でございました。皆さまに御礼申し上げます。カマキリ暖簾の前で。 pic.twitter.com/HPAzB4rOr2 — 香川照之 (…

つづきを見る

金足農・吉田輝星投手のツイッター削除に「やめて正解」の声多数

先ごろ行われた夏の甲子園で準優勝を果たした金足農のエース、吉田輝星投手のツイッターアカウントがあっという間に削除されたと話題になった。 吉田投手は8月22日にツイッターを開設。最初の投稿は「甲子園最高の応援でした! 高校野球ありがとう! 東北に優勝旗持ってこれなくてすいませんでした! ずっとこの9人で戦えて幸せだった!…

つづきを見る

ホリエモンが一刀両断!「サマータイムは個人の心構え」と主張の自民党議員が炎上

2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として夏の時間を2時間繰り上げる「サマータイム(夏時間)」の導入が議論される中、自民党の船田元衆院議員の意見が波紋を呼んでいる。 船田議員は自身の公式サイトでサマータイム導入に「賛成」の立場で意見を載せた。 《日本でも戦後すぐGHQの指令により、3年間実施していた。しかしサン…

つづきを見る

ZOZO前澤社長が『食のアシスタント』募集にネットは「ランチパックを食え」

ファッション通販サイト『ZOZO TOWN』を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長が8月16日、ツイッターを更新。自身の「食のプライベートアシスタント」募集の告知をツイートした。   《【前澤アシスタント募集】全国の美味しいレストランを一緒に回りましょう。日本の食文化の素晴らしさを一緒に広めましょう。 #前澤飯》 【…

つづきを見る

上西小百合がタレント転向「痩せて可愛い」写真を投稿するも炎上のわけ

元衆議院議員の上西小百合が一部スポーツ紙のインタビューで、5月から大手芸能事務所に所属していることを明らかにした。 上西は芸能活動をするに当たってダイエットを敢行。炭水化物を控え、野菜中心の食事に切り替えるなど食生活を大幅に見直し、お酒も控える生活にしたところ、13キログラムのダイエットに成功したという。 また、今後の…

つづきを見る

NMB48・山本彩「突然のリプ返し祭り」飛び交った言葉が意味するモノ

『NMB48』の山本彩が8月9日にツイートした内容が話題を呼んでいる。 山本は9日夜に突然《リプ返(初めて)してみようかな。(唐突)》とツイートした。 リプ返(初めて)してみようかな。(唐突) — 山本彩 (@SayakaNeon) August 9, 2018 これを見た山本の約221万のフォロワーから猛烈な勢いでメ…

つづきを見る

爆笑問題・太田光「裏口入学問題」で妻・光代社長の精神状態がマジに危ない

『週刊新潮』で、日大芸術学部への裏口入学疑惑を報じられたお笑いコンビ『爆笑問題』の太田光。本人は8月7日深夜に放送されたラジオ番組『JUNK爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で、45分にわたって怒りをあらわにしたが、さらにヒートアップしているのが、妻で太田の所属事務所『タイタン』の太田光代社長だ。 光代社長は自身のツ…

つづきを見る

「LGBT大炎上」杉田水脈議員を「猛批判」して上西小百合氏が珍しく人気

LGBTなど性的少数者を「生産性がない」と批判した自民党の杉田水脈衆院議員の炎上問題が、ついに党本部を巻き込む騒動に発展した。 自民党は8月1日にLGBTに関する公式見解を掲載。その内容は、2016年に設置した「性的指向・性自認に関する特命委員会」で党内議論を行い、「性的な多様性を受容する社会の実現」を目指し、「正しい…

つづきを見る