テニス

『炎の体育会TV』出演“20歳の美女テニス選手”に大反響「アイドルみたい♡」

5月25日放送の『炎の体育会TV』(TBS系)に出演した女子テニスプレイヤー・小堀桃子が、視聴者から「かわい過ぎる」と称賛を浴びた。 3時間SPとなったこの日の放送には、プロテニスプレーヤーの錦織圭がシーズン中にもかかわらずスペシャルゲストとして出演。100秒間に21枚のパネルを打ち抜く「テニスショット21」に参戦し、…

つづきを見る

“期待の星”を卒業できない錦織圭…海外人気も急降下?

テニスの大坂なおみが全豪オープンを制覇した。全米に続いての快挙、劣勢に陥っても自分を見失わなかった「オトナの戦い方」はさすが。精神面でも大きな成長を遂げたようだ。 それに対し、“子どものまま”なのが、全豪オープン・準々決勝を途中棄権した29歳の錦織圭だ。 「四大タイトルの1つである全豪オープンの準々決勝まで上り詰めたの…

つづきを見る

テニス・ウィンブルドン選手権で明暗を分けた「ユニクロ」皮肉な結果

テニスのウィンブルドン選手権最終日が7月15日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス決勝で第12シードのノバク・ジョコビッチが第8シードのケビン・アンダーソンを破り、3年ぶり4度目の優勝を飾った。4大大会の優勝は2016年全仏オープンテニス以来だ。 「ジョコビッチは2012年からユニクロのウ…

つづきを見る

錦織圭「CM剥奪の危機」全仏オープンに望みをかける

テニスの全仏オープン初戦を突破した錦織圭が、5月30日の2回戦で世界ランキング51位の地元選手であるブノワ・ペール(フランス)と対戦する。その錦織は、何度か「眠い」という言葉を口にしていた。 大会初日、第2試合という巡り合わせとなったため、試合開始は午前11時だった。しかし、「眠い」という発言が繰り返された理由は、時間…

つづきを見る

大坂なおみ快挙も「盛り上がりに欠ける」狭量な理由

女子テニス世界ランク44位の大坂なおみが『BNPパリバ・オープン』でツアー初優勝を飾った。これは日本の女子選手で初めて4大大会に次ぐ大会を制する快挙だ。 大坂は決勝戦で同ランキング19位のダリア・カサキナ(ロシア)をゲームカウント6-3、6-2と、圧倒的な強さで破った。彼女はハイチ出身の父と日本人の母を持つハーフ。慣れ…

つづきを見る

錦織圭が全豪オープンで復帰できなかった理由

1月23日にプロテニス選手の錦織圭がATPワールドツアーの下部大会で約5カ月ぶりに実戦復帰し、1回戦で敗れた。 試合後には痛めていた右手首について「ほぼ痛みがなくできた。いいサイン」と笑顔を見せていたが、敗れた相手は世界ランキング238位の無名選手だった。右手首への負担軽減のため、一般の女性テニス愛好家が使用するくらい…

つづきを見る

錦織圭の怪我からの復帰プランに「横槍」が入る!?

プロテニスプレーヤーの錦織圭が復活に向けて動き始めたようだ。 8月に右手首の腱を断裂して長期欠場していた錦織だが、このたびベルギーのテニスアカデミーでリハビリに励む姿がアメリカのスポーツサイトで公開された。同サイトによれば、錦織が目指す復帰戦は来年1月の全豪オープンの前哨戦『ブリスベン国際(12月31日開幕/オーストラ…

つづきを見る

テニス・大坂なおみに「記者会見」の才能アリ!?

女子テニスWTAツアーの香港テニスオープンのシングルス2回戦で、大坂なおみが元世界ランク1位のビーナス・ウィリアムズに勝利した。同大会で4強入りは果たせなかったが、海外メディアは「初タイトルはそう遠くない」と報じている。 そして、この大会で大坂は、この快挙以外に取材記者たちを沸かせるシーンがあった。 「テニス選手は基本…

つづきを見る

伊達公子が2度目の現役引退を決めた諸事情

女子テニスの元世界ランキング4位で、46歳の伊達公子が、8月28日に自身のブログで現役引退を発表した。9月11日に開幕する『ジャパン女子オープン』(東京有明テニスの森公園)が最後の大会出場になる。 ブログには、《伊達公子、再チャレンジにピリオドを打つ決断をいたしました。》記した。マネジメント事務所によると、9月7日に記…

つづきを見る