テニス

錦織圭の怪我からの復帰プランに「横槍」が入る!?

プロテニスプレーヤーの錦織圭が復活に向けて動き始めたようだ。 8月に右手首の腱を断裂して長期欠場していた錦織だが、このたびベルギーのテニスアカデミーでリハビリに励む姿がアメリカのスポーツサイトで公開された。同サイトによれば、錦織が目指す復帰戦は来年1月の全豪オープンの前哨戦『ブリスベン国際(12月31日開幕/オーストラ…

つづきを見る

テニス・大坂なおみに「記者会見」の才能アリ!?

女子テニスWTAツアーの香港テニスオープンのシングルス2回戦で、大坂なおみが元世界ランク1位のビーナス・ウィリアムズに勝利した。同大会で4強入りは果たせなかったが、海外メディアは「初タイトルはそう遠くない」と報じている。 そして、この大会で大坂は、この快挙以外に取材記者たちを沸かせるシーンがあった。 「テニス選手は基本…

つづきを見る

伊達公子が2度目の現役引退を決めた諸事情

女子テニスの元世界ランキング4位で、46歳の伊達公子が、8月28日に自身のブログで現役引退を発表した。9月11日に開幕する『ジャパン女子オープン』(東京有明テニスの森公園)が最後の大会出場になる。 ブログには、《伊達公子、再チャレンジにピリオドを打つ決断をいたしました。》記した。マネジメント事務所によると、9月7日に記…

つづきを見る

錦織圭が今季絶望?原因は「さげまん」モデルの交際相手か

男子テニス世界ランキング9位の錦織圭が、右手首の腱損傷により、今季残りの全日程を休養することが決定した。 アメリカのスポーツ専門チャンネルESPNの電子版は《ケイ・ニシコリが最新の故障の犠牲者に。手首の問題で今季終了》と特集している。錦織はアメリカのオハイオ州シンシナティで開催中の『ウェスタン&サザン・オープン』の大会…

つづきを見る

錦織圭に全米オープンで上位進出のチャンス

錦織圭が7月31日開幕のATPツアー『シティ・オープン』で白星スタートを切った。開催地のアメリカ・ワシントンが特にそうだが、海外メディアは同大会優勝の最有力候補として錦織の名前を挙げている。 錦織は同大会で今季初優勝して、その勢いのまま8月末から始まる全米オープンへ臨みたいところ。しかし、なぜか錦織の表情は冴えない。 …

つづきを見る

驚異の35歳!R・フェデラーが「まさかのウインブルドン制覇」

“芝の帝王”ロジャー・フェデラーが、また新たな伝説をつくった。 テニスの4大メジャー大会であるグランドスラムの第3戦、ウインブルドンの決勝で、第3シードのフェデラー(スイス)は、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を6-3、6-1、6-4で破り、5年ぶり8回目の優勝を飾った。驚くべきことにフェデラーは、優勝まで1…

つづきを見る

ベテランに差し掛かった錦織圭が四大大会制覇のために必要なもの

プロテニスプレーヤーの錦織圭は、全仏オープンから休む間もなく『ゲーリー・ウェバー・オープン』(ドイツ)に出場した。そのシングルス1回戦で見せたプレーに対して、“精神的な弱さ”が指摘されている。 「シングルス1回戦で対戦したのは、同大会でダブルスを組んだベルダスコでした。テニスではダブルスのパートナーと試合をすることは珍…

つづきを見る

錦織圭に八百長事件「参考人聴取」の可能性

錦織圭が5月30日に行われた全仏オープンの初戦を突破した。試合後の会見では、相手選手の強烈なサーブとフォアに苦しめられたシーンを振り返り、「最後まで(自分が)やりたいようないいテニスができなかった」と反省しきりだった。だが、表情を曇らせた理由は“コート外”にもあった。 「10代のころに日本代表にも選ばれた三橋淳が、八百…

つづきを見る

世界ランク7位に後退した錦織圭の抱える「不安」

テニスの世界ランキングが4月3日に発表され、錦織は4位から7位に後退した。トップ5を外れたのは昨年8月29日以来だ。 ランクダウンを喫した錦織圭にとって、自身のテニススタイルを見直す時期が来たようだ。 ランクダウンは避けられなかった。3月末のマイアミオープンでは、準決勝で同ランク40位の選手に敗れ、同じく3月のBNPパ…

つづきを見る

大坂なおみの「国籍」を奪い合う日米両テニス協会

テニスの国別対抗戦『フェド杯』の女子アジア・オセアニアゾーン1部決勝が2月11日に行われ、日本はカザフスタンに敗れたため、4月のワールドグループ2部への入れ替え戦には進めなかった。しかし、今回の日本代表メンバー4名のうち、大坂なおみだけは唯一の勝利を収め、実力をしっかりと見せつけた。 この結果を受けて、以前から大坂の才…

つづきを見る