トレンド

松本人志“親ガチャ”をめぐる意見に大正論「一番腑に落ちました」

『ワイドナショー』(フジテレビ系)を始めてから、その意見に対して否定的な声も多く寄せられるようになってしまった『ダウンタウン』松本人志。しかし9月19日放送回では、視聴者の共感を集める言葉を言い放ったと話題になっている。 それは、世間を騒がせている「親ガチャ」という言葉について特集した時のことだった。どんな親の元に生ま…

つづきを見る

『CDTV』出演ラインナップに視聴者の不満爆発!「知らない人ばっかり」

6月28日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)に、人気アーティストが続々と登場。しかし若年層をターゲットとしたキャスティングとなっており、高齢層の視聴者は時代の流れについていけず、苦言を漏らしていた。 この日の番組は『THE ORAL CIGARETTES』、『SHISHAMO』、『SUPER BEAVER…

つづきを見る

マツコ・有吉の“高級食パン”批判に賛否「私も苦手」「どこが美味しいのか…」

『乃が美』を皮切りとして、数年前からグルメ界に吹き荒れている〝高級食パン〟ブーム。これに対し、マツコ・デラックスと有吉弘行が、5月28日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で異議を唱えた。 視聴者からの「とにかく硬いパンが大好きです」というメールが読まれると、有吉は「俺、硬いパン好きなのよ。すっごい好き…

つづきを見る

テレビで“危険行為”推奨!? JK社長・椎木里佳が炎上「ガチで危ない」

かつて〝JK社長〟として名を馳せた実業家兼インフルエンサーの椎木里佳氏が、5月10日放送の『ニノさん』(日本テレビ系)にVTR出演。有識者として最新の女子高生トレンドを紹介したところ、炎上してしまった。 この日放送された企画は「知らないとやばいJK流行りものダービー」。女子高生の間で流行している食、メーク、ワードなどが…

つづきを見る

『Mステ』“ティッシュ”がトレンド入り! 鼻をかむ秋山黄色にファン大興奮

3月26日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、シンガーソングライターの秋山黄色が初登場。ステージで鼻をかみ、ファンが大興奮している。 この日、秋山は人気アニメ『約束のネバーランド』(フジテレビ系)のオープニングテーマに起用された楽曲『アイデンティティ』を披露。疾走感のある力強い声で歌いきった。 続いて…

つづきを見る

『チョコプラ』“悪い顔選手権”が大好評! 予想外のオチに「ゴールデン番組作れる」

お笑いコンビ『チョコレートプラネット』が3月20日、自身の公式YouTubeチャンネルを更新。『悪い顔選手権【純烈さん編】』を投稿したところ、たった3日あまりで120万回を超す視聴回数を記録し、大きな話題になっている。 『悪い顔選手権』はニュースなどで流れる容疑者逮捕時の映像を『チョコプラ』の2人が模倣し、大ヒットした…

つづきを見る

『ヒルナンデス』女子アナの“咀嚼音”に悲鳴「不快すぎ」「チャンネル変えた」

笑いには乏しいが、人を不快にさせない芸風で愛されている『ウッチャンナンチャン』の南原清隆。しかし、そんな芸風に反する「人々の不快感を招く」シーンが、3月18日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で繰り広げられてしまった。 問題のシーンは、巷の流行をランク付けする「本音ランキング」で起こる。番組によると、現在「カレー…

つづきを見る

アニメ『進撃の巨人』が海外で大ブーム! ツイッタートレンドを埋め尽くす事態に

今から10年ほど前に、社会現象を巻き起こすほど人気を博した『進撃の巨人』。現在はNHKにて、アニメ第4期『進撃の巨人 The Final Season』が放送されている。国内では、『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』といった作品のブームに押されてしまい、『進撃』シリーズの人気は若干収縮傾向にある。しかし、同作の海外人気は加速して…

つづきを見る

小池徹平“34歳”の近影に衝撃「嘘だろ…?」「恐ろしい」

4月6日放送の特番『有吉ゼミ 新学期開講SP』(日本テレビ系)出演した俳優・小池徹平が、変わらぬ童顔で視聴者を驚かせ、ツイッターのトレンド入りするほどの反響を巻き起こした。 小池は出演中の深夜ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』の番宣に、人気コーナー「チャレンジグルメ」へ出演。「激辛大好き俳優」との自己紹介で登場し…

つづきを見る

Exif_JPEG_PICTURE

河野大臣の“エゴサーチ力”が国防レベル!? SNSで流行の遊びとは…

河野太郎防衛大臣のツイッターの使い方が、ヘビーユーザーから親近感を持って迎えられているようだ。 2017年8月に外務大臣に就任し、先般の内閣改造では防衛大臣に横滑りするなど、国の外交・防衛政策へ直に携わっている河野大臣。急速に冷え込む日韓関係に関しては当事者的立場であり、一貫して毅然とした対応を取る姿勢を評価する声も見…

つづきを見る