ドクターX ~外科医・大門未知子~

残念!米倉涼子『リーガルV』は肝心の見せ場が「単調で飽きる」

10月期の新ドラマ『リーガルV 元弁護士・小島遊翔子』(テレビ朝日系)が第2話を終えた。主演の米倉涼子と相棒・林遣都の絡みや、米倉・菜々緒のモデル出身者の美貌が人気を博している一方で、視聴者からは不満も漏れている。 10月18日放送分の第2話は斉藤由貴がゲスト。斉藤演じる永島は会社の取締役だったが、部下から無実のパワハ…

つづきを見る

米倉涼子あまりに華麗な『ドクターX』から『リーガルV』への転身!

女優の米倉涼子が、10月スタートのテレビ朝日新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』で主演を務めることが発表された。 米倉といえば同局の大人気シリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』だが、放送時間は同じ木曜日の21時、よく似たタイトルの感じからも、あえて「ドクターX」を引き継ぎつつ、大胆にイメージチェンジを図…

つづきを見る

ドクターX終了でテレビ朝日が「相棒」視聴率テコ入れを厳命

テレビ朝日のシリーズドラマ『相棒』のキャストを巡って、新しい相棒役の選定が急がれているという。 3月末で終了したseason16では、主人公の杉下右京(水谷豊)の相棒には冠城亘として反町隆史が起用されていた。次回のseason17も、引き続き反町が継続して出演する予定だ。 「水谷が反町のことを気に入っていてseason…

つづきを見る

米倉涼子が「ドクターX」続編に気乗りしない理由

2017年度の『第21回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ』の秋ドラマ選考が行われ、テレビ朝日系列で放送された『ドクターX ~外科医・大門未知子~』が“三冠”を達成した。作品賞のほか、主演女優賞で米倉涼子、助演女優賞で内田有紀が1位だった。主演男優賞は『陸王』(TBS系)の役所広司、助演男優賞は『先に生まれただけの僕』(…

つづきを見る

木村拓哉の新ドラマより「ドクターX続編」に高まる期待

米倉涼子主演の連続ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第5シリーズ最終回が12月14日に放送され、平均視聴率が25.3%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)だったことが分かった。 前回の予告から大門(米倉)の生死が注目されていたが、ラストシーンは留学先のキューバの医科大学で教壇に立ち、手術室に入る…

つづきを見る

ドクターXスピンオフ「ドクターZ ~城之内博美~」企画決定へ

米倉涼子主演のドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の新しいスピンオフ企画が、ほぼ決定したようだ。勝村政信が主演した『ドクターY~外科医・加地秀樹~』に続くこの作品は、内田有紀演じる麻酔科医の城之内博美にスポットを当てたものだという。 「麻酔科医は地味な役割に感じられがちですが、大きな手術では麻酔科医の全身麻酔の…

つづきを見る

テレビ朝日が特番「ドクターX ~麻酔科医・城之内博美」企画中

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』のスペシャル番組が企画されているという。 ドラマの視聴率は好調で、第8話までの全話を通じた平均視聴率は20.1%で、今期のほかの連続ドラマと比較しても群を抜いている。米倉涼子が演じる大門の、そのクールながら命に対する責任感や手術の技術は説明無用だろう。大門は神原名医紹介所から…

つづきを見る

大門倒れる!「ドクターX」は今期が最後か

11月30日に『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第8話が放送され、番組終盤に9話目の予告が流れた際、大門未知子(米倉涼子)が倒れる場面があった。そのため、視聴者は騒然としている。 第7話では、元大臣秘書官の八雲拓哉(林家正蔵)が根治不可能な『肝外発育型肝細胞がん』と診断され、手術することに。大門に…

つづきを見る

ドクターX癒やし枠?遠藤憲一の「割り勘演技」話題に

11月16日放送の連続ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第6話で、海老名敬(遠藤憲一)に癒やされたと、視聴者のあいだで話題が持ちきりになっている。 この日の放送は病院長の蛭間重勝(西田敏行)が不在のため、東帝大学病院の外科副部長である猪又孝(陣内孝則)が、やりたい放題に行動する。猪又による手…

つづきを見る

『ドクターX』米倉涼子×内田有紀の「コンビ愛」に視聴者大興奮

11月16日に『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の第6話が放送され、大門未知子(米倉涼子) とフリーランスの麻酔医の城之内博美(内田有紀)がけんかするシーンがあった。その際、城之内が大門に発したひと言に視聴者から大きな反響があった。 今回は大門と城之内がよく通う中華料理の店主である六浦良夫(平泉成)に、複数の腫瘍が…

つづきを見る