ドラマ

苦肉の策?「先に生まれただけの僕」恋愛ドラマ化か

現在放送中の連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)は、櫻井翔が演じる商社勤務の会社員の鳴海涼介が、偏差値44の高校の校長として出向を命じられ、進学校へと変貌させていく様子を描くものだ。物語は終盤に差し掛かっているが、視聴率の苦戦は続いている。 「初回放送と第3話はふた桁の平均視聴率でしたが、その後は低迷して…

つづきを見る

島崎遥香イメチェン「別人みたい」と叩かれても狙う仕事

元『AKB48』島崎遥香の出演しているCMが「以前と顔のイメージが違う」と物議を醸している。一部のAKBファンからは「化け過ぎだろ」という声も挙がっている。 現在、彼女は役所広司らと『年末ジャンボ宝くじ』のCMに出演中だ。 「CMは『侍と忘年会した』という台詞から始まる『侍・忘年会』編で、浪人姿の役所と島崎、筧美和子、…

つづきを見る

『ブラックリベンジ』佐藤二朗の「復讐劇」に歓喜の声

11月23日深夜に連続ドラマ『ブラックリベンジ』(日本テレビ系)の第8話が放送された。ドラマを見ていた視聴者は、あくどい週刊誌編集長役を演じる佐藤二朗がドラマで炎上したことで、「スカッとした」と話題になっている。 前回に引き続き、主人公の今宮沙織(木村多江)は、夫を陥れて自殺に追い込んだ黒幕の『週刊星流』編集長である福…

つづきを見る

不老不死!? 「科捜研の女」沢口靖子の外見に衝撃走る

11月23日にドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系)の第6話が放送された。番組を見ていた視聴者は、10年以上の長寿ドラマとなるのにもかかわらず、主演の沢口靖子の外見が「何年経っても変わらないのが不思議」と話題にしている。 現在、科捜研の女は前回のシリーズを昼の時間帯に再放送しているため、当時のメンバーやストーリーを懐かし…

つづきを見る

「監獄のお姫さま」小ネタ満載のテコ入れも空回り

視聴率で苦戦をしている連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)は、小泉今日子の演じる馬場カヨが中心となり、江戸川しのぶ(夏帆)の冤罪を囚人仲間とともに晴らしていく物語だ。終盤に向けて何とか視聴率が上向くきっかけをつかみたい第6話が11月21日に放送されたが、視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と前週の8.0…

つづきを見る

異例の早期発表!広瀬すず「1年半先」朝ドラ主演会見

女優の広瀬すずが、NHKの朝の連続テレビ小説100作目となる2019年度前期放送予定の『夏空』(同年4月スタート)の主役である奥原なつを演じることになり、11月20日に東京都内で記者会見へ出席した。 このドラマでは、高度経済成長期に北海道の十勝からアニメーターを目指して上京する少女の成長を描く。日本のアニメ創生期の物語…

つづきを見る

来年1月の月9「海月姫」に早くも不安要素だらけ!?

来年1月から始まるフジテレビの“月9”ドラマ『海月姫』に、ファンのあいだからは早くも不安だという声が広がっている。 主演には、朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK)で主役を務めた芳根京子がキャスティングされることがすでに発表されている。若手女優のなかでも演技派といわれる芳根だけに、ドラマへの期待は高まっているのだ…

つづきを見る

杉良太郎の息子・山田純大「喋り方」が激似だと言われたのは…

11月20日にTBSのテレビドラマ『月曜名作劇場』で、内田康夫サスペンスの第1弾『信濃のコロンボ5~「信濃の国」殺人事件~』が放送された。 このドラマで、杉良太郎の息子の山田純大が演じた、安岡和利役の語り口が「特徴がありすぎて、ストーリーが頭に入らない」と、視聴者のあいだで話題になっている。 『信濃のコロンボ』シリーズ…

つづきを見る

Getting ready for training

『陸王』存在感増す山崎賢人と馬場徹が「キーマン」か

役所広司が15年ぶりに連続ドラマの主演を務める『陸王』(TBS系)の第5話が11月19日に放送され、平均視聴率は16.8%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)を記録した。前回から2.3ポイントの大幅上昇で、これからのストーリー後半はさらに盛り上がりそうだ。 第5話は、ランニングシューズ『陸王』の開発資金がかさみ、老舗の足袋…

つづきを見る

Getting ready for training

『陸王』山崎賢人の「等身大演技」が大好評!

11月19日に連続ドラマ『陸王』(TBS系)の第5話が放送され、山崎賢人の演技が「泣けてくる」と視聴者が大きな反響を寄せている。 第5話では、ランニングシューズ『陸王』の開発資金がかさみ、老舗足袋屋『こはぜ屋』社長の宮沢紘一(役所広司)は資金繰りに頭を悩ませていた。しかしある日、陸王に使用しているシルクレイのソール技術…

つづきを見る