バレーボール

バレーボール男子日本代表「監督代行作戦」の不安要素

バレーボール男子日本代表チームに“異変”が起きた。当面の目標は、8月にジャカルタで開催されるアジア大会と、9月の世界選手権(イタリア)で好成績をおさめることだ。しかし、アジア大会では中垣内祐一監督以外の誰かに指揮を執らせるという。 世界選手権は中垣内監督が指揮を執ることになっている。腑に落ちないのは、精力的に視察を続け…

つづきを見る

木村沙織が久々にメディア登場も「違和感」が…

女子バレーボールの人気選手だった木村沙織が、久々に雑誌のインタビューに登場した。彼女が登場したのは意外にも経済誌で、専門外での発言にファンも注目していた。 「引退したスポーツ選手は、テレビのトーク番組やバラエティー番組に出演することが多く、いずれ彼女もテレビを活動のメインにするだろうと思われていました。ところが突然、経…

つづきを見る

man volleyball  jumping silhouette

バレーボール男子代表に囁かれる「指揮のちぐはぐさ」

9月に東京で行われたワールドグランドチャンピオンズカップ2017で男子バレーボール日本代表は5戦全敗を喫した。 対戦した相手が、ブラジル、フランス、イタリア、アメリカなど“強豪中の強豪”だったせいもあるが、5試合で奪ったセット数はわずか2。3年後には東京五輪が控えるなかで“希望の光”さえ見えない内容に、関係者は憤ってい…

つづきを見る

男子バレー日本代表「あまりに弱い」協会激怒

バレーボールの国際大会、ワールドグランドチャンピオンズカップで男子日本代表は5戦全敗の屈辱に見舞われた。 日本は世界ランキング12位。すべて格上との試合になったとはいえ、奪ったセットはイタリア戦、イラン戦の1回ずつのみで、勝ち点ゼロという憂き目にあった。そのため、交通事故を起こすなどトラブルの多かった中垣内祐一代表監督…

つづきを見る

男子バレーボール日本代表を牽引する3人の「イケメンアタッカー」

男子バレーボール日本代表チームの中垣内祐一監督は、人身事故を起こしたため、チームへの合流が遅れていた。合流したのは、ワールドリーグ第1週を終えたあとだった。 「いまさらですが、中垣内監督の指揮官就任には異を唱える者も多かった。その上で、就任直後に人身事故を起こしてしまった。肝心の試合で無様な負け方をすれば、その時点で解…

つづきを見る

女子バレー中田久美監督の「怒鳴り声」がチームを躍進に導く?

バレーボール女子日本代表が『ワールドグランプリ仙台大会』で強豪のブラジルを破るなど、善戦を繰り広げている。中田久美新監督の選手起用が見事に的中しているのだ。 「初戦でタイに敗れると、中田監督はブラジル戦へはセッターを代えて臨みました。ブラジルはタイ戦で日本を研究しているので、『だったら、別のセッターを入れて攻撃のリズム…

つづきを見る

ブラジルに快勝!「女子バレーの鬼」中田久美監督の緻密な理論

7月16日、バレーボール女子の国際大会『ワールドグランプリ』仙台大会で、世界ランキング6位の日本が同4位のブラジルをフルセットの末、セット数3対2で破り、2011年11月以来6年ぶりの勝利をもぎ取った。 「総合得点ではブラジルが111点で日本が107点。もつれる展開で実際は日本が押されていました。だが、ここぞという場面…

つづきを見る

木村沙織が見せた「ランドセル姿」に後輩と関係者がドン引き

元バレーボール選手の木村沙織が自身のインスタグラムで“ランドセル姿”を披露した。画像を見たファンは《カワイイ》、《似合ってる》と好意的な声を寄せていたが、バレーボール関係者は「やり過ぎ」だと、不快感を出していたという。 ・ え? 🙄🤛🏼 w kimura saoriさん(@saoriiiii819)がシェアした投稿 –…

つづきを見る

バレーボール女子日本代表にイケメン男性コーチが加入

バレーボール女子日本代表に対する当面の関心事と言えば、木村沙織の抜けたあとに中田久美監督がどんなチームを作り上げるのかだろう。 「中田監督は今年5月まで久光製薬を指揮していました。プレーに対する理想が高いせいか、試合中、ずっとブツブツと独り言のように文句を言っているシーンも見られました」(体協詰め記者) 解説者時代の2…

つづきを見る

powerful volleyball attack.

いまだに燻っていた男子バレーボール全日本代表監督問題

日本バレーボール協会が中垣内祐一代表監督の代行を起用することを検討している。中垣内監督といえば、日本代表監督に就任した直後の昨年11月に、中国自動車道で男性をはねる人身事故を起こしてしまった。協会は譴責(けんせき)処分を科し、いったんは代表監督を続けさせる方針も示したが、まだ完全に決着していなかったのだ。 「今年1月、…

つづきを見る