パワハラ

“セクハラ”が怖い!?『ハラミ会』に象徴される男性の「飲み会」事情

今、男性会社員の間で『ハラミ会』が大盛況だと、ネット上で話題になっている。 男性同士で焼き肉でもする会なのか? と不思議がる人も多いだろうが、実は肉のハラミではなく『ハラスメントを未然に防ぐ会』、略してハラミ会なのだという。 「もともとは、瀧波ユカリ氏による漫画作品『モトカレマニア』の中で登場した言葉です。それがツイッ…

つづきを見る

芸能プロ社長の「虐待と暴力」!何故『実名報道』をしないのか?

芸能プロ社長によるパワハラ疑惑問題で、同事務所の元社員・Aさんが会見を開いた。11月21日発売の『週刊新潮』でもAさんの告発内容が記されており、ネット上では怒りの声が続出している。 『デイリー新潮』がYouTubeで公開している動画には、パワハラの様子がしっかりと映し出されていた。Aさんは何者かに頭をつかまれ、ぐつぐつ…

つづきを見る

古市憲寿に『とくダネ!』で納豆パワハラ?珍しく同情の声が集まる

9月11日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)に社会学者の古市憲寿氏が出演した。視聴者は「番組側が古市氏にパワハラしたのでは」と指摘。珍しく古市氏が視聴者から擁護される展開になっている。 番組では「究極の納豆を作るマシンが話題になっている」と納豆を自動的にかき混ぜることができる製造機の存在を伝えた。東京で開かれた…

つづきを見る

坂上忍が「体操・塚原副会長を擁護」はパワハラ仲間だからという指摘

9月6日に『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)が放送され、MCの坂上忍が日本体操協会の塚原光男副会長への独占インタビューを敢行。体操界では同協会コーチが選手に手を出したとして騒動になっており、番組では暴力行為をめぐるコーチの謝罪会見を受け、当初の番組予定を変更して独占インタビューを放送した。 朝日生命体操クラブを訪れ…

つづきを見る

体操パワハラ批判のメダリスト池谷幸雄「セクハラ過去」の特大ブーメランか

体操男子バルセロナ五輪銀メダリストの池谷幸雄氏が9月4日放送のTBS系『ひるおび!』に出演。日本体操協会の組織運営について「僕の知らないところで(理事会)で物事が決まっていて、(自分たちは)通達を受けるだけ」と、その不透明さについて舌鋒鋭く切り込んだ。 池谷氏は2016年リオ五輪代表の宮川紗江選手のパワハラ問題が発覚し…

つづきを見る

体操パワハラ問題をめぐって「朝日生命解約祭り」が勃発!

リオオリンピック体操女子日本代表で、団体4位入賞メンバーの宮川紗江選手が、日本体操協会の塚原千恵子強化本部長からパワハラを受けたと告発した問題で、ネット上では“朝日生命解約祭り”が勃発している。 「朝日生命体操クラブは、もともと朝日生命保険相互会社が運営していましたが、企業スポーツの縮小により、一時は存続が危ぶまれまし…

つづきを見る

体操『パワハラ問題』宮川紗江に現役&OB選手から続々と支持と応援届く

女子体操の宮川紗江選手に対する協会幹部のパワハラ問題。世間もメディアも、やはり協会側の塚原光男副会長および塚原千恵子女子強化本部長の夫婦2人を“悪”とみなしているようだ。 「先に会見を開いた宮川選手の決意のこもった態度と言葉に、多くの人は“覚悟”を感じ取ったでしょう。同じ日の数時間後に協会側も会見を開きましたが、これが…

つづきを見る

電通の過労自殺事件がマスコミに大きく取り上げられる理由

広告代理店の電通で新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が、過労自殺に追い込まれたのは昨年末のことだ。 労災認定された9月以降は電通への強制捜査にまで発展するなど、騒動は日を追うごとに大きくなっている。これに伴い報道も加熱。いまだにその熱は冷める様子がない。 「国内最大の広告代理店企業で起こり、東大出身という輝かしい…

つづきを見る

安倍総理夫人の顔に泥を塗った吉松育美さんの「ストーカー裁判」顛末

3年前に芸能界を震撼させた元『ミス・インターナショナル』の吉松育美さん(28)に対するストーカー騒動が急遽和解した。 「一審では吉松さん側が敗訴したにも関わらず、勝訴した被告側が積極的に和解を働きかけていました。しかも、あれほど強気だった吉松さんがこれまでの発言を全面撤回したうえで謝罪している。これには裏がありそうです…

つづきを見る