ファン困惑

セクゾ佐藤勝利“熱愛報道”の火消し? 不人気ジャニーズの結婚発表に戸惑い

1月26日、ジャニーズグループ『Kis-My-Ft2』の横尾渉が結婚を発表した。 あまりにも突然で予想外の結婚発表に驚くとともに、同時期に報じられたジャニーズグループ『Sexy Zone』の佐藤勝利と、シティポップバンド『Awesome City Club』のボーカル・PORINの熱愛報道を関連付ける声があがっている。…

つづきを見る

AKB48・岡田奈々ソロツアー爆死…? ファン離れでチケットだだ余り状態

昨年、2.5次元俳優との熱愛が発覚し、『AKB48』からの卒業を発表した岡田奈々。 〝アイドルと恋愛〟についてさまざまな議論を呼んだが、1月27日から始まる彼女の全国ツアーチケットはいまだに売れ残っており、悲惨な状況となっている。 岡田は、昨年11月に猪野広樹との交際が発覚。それまでグループの〝風紀委員〟に名乗り出るな…

つづきを見る

セクゾ中島健人“結婚”間近か…? キムタクへの質問が波紋

『Sexy Zone』の中島健人が、1月22日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)に出演。 独身貴族として女性ファンから常に黄色い歓声を浴びているが、この日は結婚をニオわせるような発言を繰り出し、女性ファンをドン引きさせてしまった。 木村拓哉に予備校講師・林修がインタビューしていたが、途中から中島が合流してインタビュア…

つづきを見る

『ニューヨーク』冠番組たった2年で終了…テレビ朝日の編成に疑問の声

人気お笑いコンビ『ニューヨーク』がMCを務める人気バラエティー『NEWニューヨーク』(テレビ朝日系)が、3月末をもって終了する。 ファンから悲しみの声が上がる一方で、番組編成を疑問視する声も多いようだ。 「NEWニューヨーク」は、テレビ朝日の深夜バラエティー枠『スーパーバラバラ大作戦』で放送されている番組の一つ。 毎週…

つづきを見る

『櫻坂46』3期生に1名の辞退者…お披露目前に辞めた理由は?

『櫻坂46』の3期生メンバーが、1月5日から順次お披露目されている。新メンバーは11人なのだが、お披露目の前に辞退したメンバーの存在が明らかとなり、ファンがザワついている。 辞退者の存在が公になったのは、公式YouTubeで配信されている3期生のドキュメンタリー『私たち、櫻坂46三期生です』。 16日に公開された「Ep…

つづきを見る

櫻坂46にまたも逆風!『GYAO!』サービス終了でファンから悲鳴

人気メンバーの相次ぐ卒業や坂道グループで唯一、昨年末の『第73回NHK紅白歌合戦』に呼ばれないなど、『櫻坂46』に何かとネガティブな話題が続いている。 そんな彼女らに追い打ちをかけるかの如く、新たな逆風が吹いているようだ。 ことの発端は、無料動画配信サービス『GYAO!』終了のお知らせ。1月16日、サービスを運営するZ…

つづきを見る

ジョーカーが妊娠! 過剰なポリコレにファンも「アメコミの死」とドン引き

多様性を尊重した結果、世界各国のさまざまな業界でポリティカル・コレクトネス(政治的妥当性)へ配慮した表現が求められている現代。 アメリカでは映画や広告のみならず、アニメや漫画の文化にまで多大なる影響を及ぼしている。 今回注目を集めたのは、アメリカの出版社『DCコミックス』が発行している大人気漫画『THE JOKER:T…

つづきを見る

YOASOBIも困惑!『水星の魔女』最終話に視聴者絶句「人の心ないんか?」

最新話が放送されるたびに、SNSのトレンドを賑わせてきた話題作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』(TBS系)。 1月8日放送回で、ついに第1クール最終話を迎えたものの、衝撃の結末にファンすらもドン引きしてしまったようだ。 同作は、モビルスーツ産業最大手・ベネリットグループが運営するアスティカシア高等専門学園を舞台に、辺境…

つづきを見る

浅倉唯“2度目の改名”の裏事情…事務所トラブル連発で再起は絶望的?

特撮ファンの間で高い人気を誇る『仮面ライダーリバイス』(テレビ朝日系)で、悪の女王・アギレラ役を演じた女優の浅倉唯が、芸名を椛島光(かばしま・ひかり)に改名。2023年の決意を表明したが、やる気とは裏腹に、仕事面は前途多難のようだ。 彼女が改名を発表したのは昨年12月30日。《この度、俳優としてアクロスエンタテインメン…

つづきを見る

めるるはワキNG!? “全然見えない”チアリーダーコスプレに落胆の声

1月5日放送の『THE突破ファイル』(日本テレビ系)新春SPで、めるること生見愛瑠が〝NG〟をにじませたとして、視聴者の話題を独占した。 問題のシーンは、番組オープニングに訪れる。レギュラー陣は新年の景気づけに、昨年の『24時間テレビ』で挑んだ応援団を披露したのだ。 司会の『ウッチャンナンチャン』内村光良をはじめ、『E…

つづきを見る