フィギュアスケート

浅田真央出演のアイスショーが大人気で思わぬ落とし穴

東京都の日本橋にある高島屋で、9月13~25日に『浅田真央展』が開かれている。浅田真央自身が選んだ映像を中心に、衣装やスケート靴、メダルなど約100点が展示されている。開催初日には本人が入口に立ってファンを出迎えた。 「来年4月には横浜、大阪、京都、名古屋でも開催される予定です。浅田人気を再認識させられました」(体協詰…

つづきを見る

平昌五輪を意識して造られたキム・ヨナの銅像が酷過ぎると話題に

現役引退を発表した元フィギュアスケート選手の浅田真央が監修するオフィシャル写真集『浅田真央 希望の軌跡~ホープのきせき~』が、8月12日に発売された。ここ一番の大舞台で得意技を決めた決定的瞬間など、これまでの活躍を150点以上の写真で振り返ることのできる写真集だ。 「この夏は、引退表明後に初のアイスショーへ出演もしてい…

つづきを見る

平昌五輪で羽生結弦のライバルになりそうな「18歳の新鋭」

フィギュアスケートの2017-18年シーズンがまもなく開幕する。来年2月には平昌五輪も控えているだけに、羽生結弦への期待と注目度は高まるばかりだ。 「羽生が金メダルを意識していることを再確認させられました。拠点であるカナダのトロントで練習を一部公開したのですが、そのときに今シーズンは2季前に世界最高得点を2度更新した『…

つづきを見る

調整にPRに…羽生結弦が送る「多忙な夏」

フィギュアスケートの羽生結弦は、2017-18年シーズン開幕前にもかかわらず、多忙な夏を送っている。 『イル・ヴォーロ』という男性オペラグループが日本でコンサートを開く。イタリア人男性3人によるオペラのユニットで、羽生が2016-17年シーズンのエキシビションに使用した『ノッテ・ステラータ(星降る夜)』は、彼らの曲だ。…

つづきを見る

中国企業が羽生結弦に多額のスポンサー料で「爆買い」を画策

フィギュアスケートの2017-18年シーズンは平昌冬季五輪に直結する。金メダルの最有力候補である羽生結弦は「好スタートを切りたい」と思っているはずだが、中国による“爆買い”の標的にされていた。「フィギュアの会場では羽生に対して『加油!』という声援も寄せられており、羽生の人気は日本のみならず、アジアへ、そして、世界全体に…

つづきを見る

羽生結弦が新シーズン前にコーチを解任

フィギュアスケートの羽生結弦の来年度版カレンダーが9月下旬に発売される。アイドルなどのカレンダーは長く市場に置かれるのを狙って早めに販売される傾向にあるが、羽生のカレンダーは中途半端な時期の発売だ。しかも、日本スケート連盟が主要選手の2017―18年シーズンの大会出場予定を発表する前に、大会スケジュールも記載されるとい…

つづきを見る

フィギュア村上佳菜子の「胸キュン」やりとりに視聴者悶絶

7月19日に放送されたバラエティー番組『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、現役を引退して初めて出演となった元フィギュアスケート選手の村上佳菜子と、こちらも元フィギュアスケート選手のアルトゥール・ガチンスキーとのやりとりが「胸キュンする」と話題になっている。 番組内で、…

つづきを見る

羽生結弦の指示にスタッフ困惑「ピアニストになったつもりで」

羽生結弦がアイスショーの打ち合わせで厳しい表情を見せた。自ら演目として選んだのはショパンのピアノ曲『バラード第一番ト短調』。2015年シーズンから2季続けて使用しており、同年12月のグランプリファイナルのショートプログラムで世界最高となる110.95点を獲得したものだ。 「羽生は『いまできる最高の演技を披露して、お客さ…

つづきを見る

浅田真央の周囲が悩む平昌五輪でのキム・ヨナとの関係

女性週刊誌が浅田真央の“熱愛”を報じた。相手はフランス人モデルだという。 その親密ぶりも気になるところだが、浅田は“もうひとつの難題”を抱えていた。来年2月の平昌冬季五輪をどうサポートしていくかだ。 「本人もその気はあります。でも、日本スケート連盟も本人も“あの問題”にはいまのところ触れていません」(体協詰め記者) あ…

つづきを見る

「におい」苦手な羽生結弦に迫り来る試練

フィギュアスケート選手の羽生結弦が、千葉県にある幕張メッセで5月26~28日に行われるアイスショー『ファンタジー・オン・アイス』に出演する。来年2月の平昌冬季五輪まであと半年と迫っており“実戦感覚”を失わないための貴重な調整期間ではあるが、“試練の場”にもなりそうだ。 「羽生にも“苦手”があります。体質的に合わないこと…

つづきを見る