フィギュアスケート

胸パツパツ!水卜麻美アナの“コスプレ”に「セクハラだろ!」の非難

日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、2月11日に放送された『今だから告白します! 平成最後のアスリート初告白SP』内の再現ドラマで、フィギュア五輪金メダリストの荒川静香役を演じた。 同番組は、平成スポーツ名場面の舞台裏をマル秘エピソードで振り返る特別番組。これまで水卜アナのスケート経験は遊ぶ程度だったが、荒川役を演じる…

つづきを見る

羽生結弦『バレンタインCM』に男たちの悲鳴「かんべんしてよ!」

結婚式場の紹介サイトがまとめたアンケート調査によれば、「チョコレートをあげたい男性スポーツ選手1位」は羽生結弦だそうな。 「羽生を起用した大手菓子メーカーのバレンタインデーCMは今年も好評です。彼がCMに起用されて久しいですが、今年は世の男性たちから反感を買うもしれませんね」(女性誌記者) その内容は、これまでとは異な…

つづきを見る

「紀平梨花に勝つ!」“浅田真央”を女王・ザギトワが研究中

平昌冬季五輪の金メダリストで、2017年グランプリファイナル覇者のアリーナ・ザギトワが、何と浅田真央を意識しているという。日本の誇る“シンデレラガール”紀平梨花を打ち負かすためだ。 紀平は五輪の18-19年シリーズからシニア入り。グランプリファイナルで2人の一騎討ちが実現したが、ザギトワは破れた。新入りに負けるのは女王…

つづきを見る

フィギュアのチケット45万円!? 羽生結弦“最後”の演技に大高騰中

フィギュアスケートの世界選手権チケットが高騰している。3月18日に埼玉アリーナで開幕する同大会の目玉は、羽生結弦。羽生は右足故障からの復活優勝を目指す。そんな悲壮感たっぷりのプリンス見たさに、世界中がチケットを奪い合っているようだ。 「全日程の通し券があるんですが、正規価格の4倍を超えた45万円台で取引されています。こ…

つづきを見る

浅田真央の『未来』はどこ!? セルフプロデュース公演で燃え尽き

浅田真央よ、どこへ行く? 浅田がプロデュースしたアイスショー「サンクスツアー」が“とりあえず”ファイナルを迎えた。昨年5月から始まり、12月の島根公演で姉・浅田舞の出演が終了。これをもって、ひと段落が付いたわけだ。 「浅田は達成感いっぱいという感じでした。『やり尽くした』とも語っていました」(体協詰め記者) 「第二次燃…

つづきを見る

高橋大輔が『辞退』を躊躇した「日本男子フィギュア」のふがいない内情

昨年末に行われたフィギュア全日本選手権で2位の好成績を収めた32歳の高橋大輔だが、世界選手権出場は辞退すると発表した。 高橋の「若い選手が舞台を経験することの必要性…」なる言葉は重い。とはいえ、それは即決ではなかった。 「高橋は『迷った』と話していました。そもそも、高橋の復帰は今シーズンに限ってであり、世界選手権の大舞…

つづきを見る

羽生結弦を『中国メディア』が極端に絶賛する“なるほど”の理由

フィギュアスケート全日本選手権・男子は宇野昌磨選手の優勝で幕を閉じた。 高橋大輔の復帰など見どころも多かったが、絶対的エースである羽生結弦の欠場は、観客動員数、テレビ視聴率などにも影響があったという。 「スケート連盟は羽生を来年3月の世界選手権に出場させることを決めました。本来なら、全日本選手権で好成績を収める必要があ…

つづきを見る

紀平梨花「浅田真央のようにさせない!」の『失敗ボディー』徹底回避策

フィギュアスケートのグランプリファイナル女子を制した16歳の紀平梨花。12月11日に凱旋帰国し、成田空港で会見に応じた際には、テレビカメラ約20台、記者はおよそ80人と、GPフランス大会を制した11月末の2倍の取材陣が駆け付けた。 その注目度の高さに、紀平は「シニア1年目の大会制覇」「2005年の浅田真央以来13年ぶり…

つづきを見る

ネット上で猛威を振るうフィギュアスケート小塚崇彦の『ゲス下半身』

元フィギュアスケート日本代表・小塚崇彦の下半身スキャンダルが止まらない。 12月13日発売の『週刊文春』では、妻で元フジテレビアナウンサーの大島由香里に対するモラハラまでもが暴露され、周囲の小塚に対する評価は地に落ちている。小塚が手にしたメダルの輝きは、スキャンダルと共に急激に色あせていると言っていいだろう。 「18日…

つづきを見る

ゲス過ぎ!『小塚崇彦』不倫疑惑、羽生批判、衝撃のタレコミも…

12月3日に『東京スポーツ』で報じられた、フィギュアスケーター・小塚崇彦とフリーアナウンサー・大島由香里の別居報道。後追い取材をするメディアも出てきているが、そこからは小塚の本性が浮かび上がってくる。 同紙によると、別居の原因は多忙によるすれ違いで、既に離婚へ向けた協議も行われているとのこと。報道を受けた小塚も、自身の…

つづきを見る