フィギュアスケート

ゲス過ぎ!『小塚崇彦』不倫疑惑、羽生批判、衝撃のタレコミも…

12月3日に『東京スポーツ』で報じられた、フィギュアスケーター・小塚崇彦とフリーアナウンサー・大島由香里の別居報道。後追い取材をするメディアも出てきているが、そこからは小塚の本性が浮かび上がってくる。 同紙によると、別居の原因は多忙によるすれ違いで、既に離婚へ向けた協議も行われているとのこと。報道を受けた小塚も、自身の…

つづきを見る

紀平梨花『GPファイナル』優勝で「本田真凜はこのまま終わるのか」

GPファイナル女子フリーに初出場し、見事、金メダルに輝いた紀平梨花に注目が集まっている。 12月9日に放送された『フィギュアスケートグランプリファイナル2018』(テレビ朝日系)は、すでに結果が分かっている録画番組だったにもかかわらず、平均視聴率17.4%、平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワを破り、初出場優勝が決まっ…

つづきを見る

羽生結弦「やる気」ナシ?目標を見失って『メンタル崩壊』の危機

12月6日開幕のフィギュアスケートGPファイナル出場を目指していた羽生結弦だが、優勝したシリーズ第5戦ロシア杯の公開練習中に転倒した際の右足首の故障が響き、欠場することになった。 しかし、羽生が痛めたのは右足首だけではなく、メンタル面はもっとボロボロのようだ。 「専属コーチのブライアン・オーサー氏の質問に答えられないん…

つづきを見る

浅田真央『完全終了』!? “16歳の新星”誕生でフィギュア関係者のため息

先ごろ行われたフィギュアスケート・NHK杯で「初出場・初優勝」を飾った16歳の新星、紀平梨花。今や押しも押されもせぬ“時の人”だ。 「初出場で初優勝と簡単に言いますが、これは男女合わせての快挙です。しかもフリーでトリプルアクセルを二度組み込む難易度の高い演技に挑戦して成功。今後、十分に世界と戦っていける逸材です」(テレ…

つづきを見る

浅田真央『アイスホッケー』転向は本気!? フィギュア解説をやらない理由

浅田真央からまたまたギョーテン発言が出た。“ジブン探し”の旅の終着点は、やはり「氷上」らしい。 「アイスホッケーの大会に出たいですね」この予想外の発言が出たのは、保温ティッシュ「鼻セレブ」のPRイベントだった。「鼻セレブ」は現役時代からのご愛用品でもあり、浅田もいつも以上に饒舌になり、商品をアピールしていた。そして、司…

つづきを見る

羽生結弦が不調?「小指」を心配するメドベージェワ

フィギュアスケート『オータムクラシックインターナショナル2018』優勝。18-19年シーズンもVスタートを飾ったが、羽生結弦の表情は冴えない。 「公開練習のときは不安めいた発言もしていました。不安といっても、羽生は新しい技に挑戦しており、それがまだ完璧ではないからでしょう。向上心ゆえの不安と思えば、頼もしい限りなのです…

つづきを見る

「羽生結弦をつぶせ!」中国が『メダル請負人』名コーチを略奪!

どうやら「引き抜き騒動」は塚原夫妻だけではなかった。われらが英雄、フィギュアスケートの羽生結弦もダメージを受けているらしい。 「羽生のコーチであるブライアン・オーサー氏が、中国のフィギュアスケート協会と『チームコーチ』の契約を交わしたんです。これによって、オーサー氏は羽生と中国チームの指導を兼任することになりました」(…

つづきを見る

「フィギュアの星」本田真凜が大ピンチ!妹の台頭で不仲姉妹へ一直線!?

末っ子がいちばんスゴイ。というわけで、本田姉妹の姉・本田真凜が窮地に立たされている。 「真凜の妹で、5人兄弟の末っ子である紗来が、8月に国際大会デビューしました。優勝には届きませんでしたが、いきなり3回転ジャンプですよ。とても11歳とは思えない完成度に、日本のフィギュア関係者も大きな期待を寄せています」(スポーツ紙記者…

つづきを見る

浅田真央がまたまた珍発言「フィギュアの氷はカキ氷」

浅田真央がカキ氷のウンチクとこだわりを語り始めた。浅田は全国のファンにお礼を伝えるため、格安料金で設定したサンクスツアーの真っただ中だが、“浅田流カキ氷へのこだわり”は、今後の客足にも影響するくらい衝撃的だった。 「羽生結弦などトップ選手が出演するアイスショーは、特等席なら3万円近い金額が設定されます。一方、浅田のサン…

つづきを見る

浅田真央セクシーショット披露も「キム・ヨナは越えられない」理由とは

今年の春ごろ、元フィギュアスケート女王の浅田真央が姉の舞と2人で“セクシーショット”を披露したファッション誌が話題になった。 真央は胸の谷間だけでなく、服の上からでも分かる豊満なバストをアピール。一部から「引退後にバストが成長したらしい」などの声も聞かれたが、話はセクシーショットだけでは終わらない。 浅田は同じころ、自…

つづきを見る